大阪の岸和田・和泉市・泉大津市で腰痛専門の整体院

〒595-0802 大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21

 

学生時代サッカーで大きなケガをし、病院に行ったにも関わらず改善することがなかった。 この経験から、患者様と真剣に向き合い自分で最高の技術を生み出そうと考え、色々なセミナーに参加した結果、体のバランスを根本から整える腰痛改善率91.7%(※2014年9月末現在)を誇る独自の施術法「M&M骨盤療法」を生み出した。
この手法が患者様からとても好評で、H26年10月現在191件以上のお喜びの声を頂き、各種メディアが取り上げ話題になっている。

久米田駅×医療その他部門
久米田駅×整形外科部門
2014年05月時点


ランキング掲載店

〒595-0802 
大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21

・忠岡町のさつき通り沿い高月南3丁目交差点すぐ
・忠岡駅より車で9分 / 和泉府中駅より車で10分 / 久米田駅より車で10分(駐車場あり)

椎間板ヘルニアなら岸和田で断トツ人気整体【ゆずクリニカルルーム】

2017/11/21(火)   |    健康情報, 腰の痛み

 

 

椎間板ヘルニア

 

 

椎間板ヘルニアでお悩みのあなたへ

 

岸和田市の腰痛専門整体【ゆずクリニカルルーム】の前川です。

腰痛の代表的な診断名として「椎間板ヘルニア」があります。
若い年代に多い腰痛の1つです。

 

以下のような症状でお悩みではないですか?

 

・椎間板ヘルニアと診断されて手術を進まられている

・勇気を出して手術をしたのに痛みが残っている

・腰から太もも裏にかけてしびれや痛みがある

・椎間板ヘルニアになってから好きなことを我慢している

・仕事に支障が出てきて同僚に迷惑をかけている

 

もし1つでも当てはまるのであれば、
必ずお役に立ちます!!是非このまま読み進めてください。

 

椎間板ヘルニアってなに?

 

腰の背骨は5つの腰椎と1つの仙骨、

そして椎間板と言われるクッションから出来ています。

 

この椎間板は丸いボールのような構造をしており、

外側の部分を繊維輪。その中に髄核という粘性の液体が入っています。

この後方には脊柱管という管が背骨の中にあって、ここを神経が通っています。

このボールの部分が裂けて中の液体がはみ出してしまい、それが後ろにある神経に悪影響をだして痛みやしびれ、麻痺などを起こすのが椎間板ヘルニアと言われています。

 

椎間板の構造

椎間板ヘルニアの原因

 

椎間板は線維輪と髄核からできています。

背骨をつないでクッションの役目を担っています。

線維輪と髄核はちょうどボールのようなもので、外側のボールの部分が線維輪、

中の空気の部分が髄核になっています。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、このボールの部分である線維輪が破けて、中に入っていた空気の部分である髄核が敗れて飛び出した状態。その後ろにある神経に当たることで、痛みやしびれなどの症状を引き起こすと言われています。

 

なぜ椎間板が破けてしまうかというと、主に身体の老化と言われます。

 

20歳を過ぎると椎間板は徐々に弾力性を失っていき、日常生活で重いものを持ち上げたり腰をひねった時など、ちょっとした動作の衝撃や圧迫で線維輪が避けて中の髄核が飛び出してしまいます。

 

椎間板ヘルニアの根本的な原因は、背骨に正常ではない負担がかかっていることです。日常生活の動作が引き金になる場合もありますが、背骨に過剰な負担がかかっている状態だからこそ問題となります。普段の生活で発生している原因を取り除いていくことが大切です。

 

ゆずクリニカルルームの考え

独自の考え方

 

一般的には老化と言われますが、老化という言葉は便利な言葉です。

本当に老化なのであれば年配の方の方が明らかに増えていくはずです。

 

そもそも椎間板ヘルニアという画像上の問題とあなたの症状の関連性があるのかどうか?そこをしっかりと考えていく必要があります。

 

腰痛の原因は「神経」にあると思われています。
神経を圧迫することにより痛みやしびれを起こしてしまうと考えられています。

 

これが現在の腰痛の主な原因として考えられている神経圧迫説と言います。

あなたも聞いた事があると思います。
神経を圧迫しているから腰が痛いんですよ。という説明。
この考え方が常識なため、
その神経圧迫がどこで起こっているのかを発見するために
上記の画像診断を使用してきました。

 

そして椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった異常を発見してきました。

でもそれでは腰痛が改善しないどころか新たな問題が出てきました。

 

「画像上問題があっても腰痛がない」

「画像上問題がないのに腰痛がある」

 

この矛盾に対して見て見ぬ振りをしてきたために
腰痛が改善する事なく増加の一途をたどっています。

 

腰痛の85%原因不明

 

事実、これだけ医療が進んでいるにも関わらず
腰痛の85%が原因不明と言われています!!

 

画像診断は意味がない!とわかっていても止める事ができないのです。

 

画像診断のために、導入した機械はとても高額で億単位の費用が発生しています。
その回収が済んでいないのに画像診断は意味がないからと中止してしまうと
経営的に負担となります。

 

ですが海外では、画像診断をしない方向で話は進んでいます。

 

画像診断が必要な場合は

  • 神経症状(気づかない間に失禁をしてしまう症状)
  • 安静時にも痛みが続き、体重が一気に減少している

など、緊急を要する時や内臓的病変が疑われる時のみです。

 

椎間板ヘルニアの治療法

 

基本的には薬物治療や運動療法などの保存療法で様子を見ます。

治療を数ヶ月おこなっても効果がない場合や足の力が入らないなどの運動麻痺が進む場合、(臀部会陰部から両下肢への違和感が先行していることが多いですが)排尿排便に関係する筋肉kの機能低下が認められる場合などは手術療法が適応になります。

 

下肢の運動麻痺や排尿排便に関する筋肉の機能低下は、重症になってからの手術では改善が乏しい傾向にあるため、腰椎椎間板ヘルニアで見られる症状の中では早急(24時間以内)な手術が望ましい、注意すべき所見です。

 

最近では内視鏡下でのヘルニア摘出手術例も多くなってきており、低侵襲化(身体への負担を減らすこと)が進んでいます。

医療の進歩により入院期間の短縮、就労再開までの期間短縮といったメリットも大きいです。ですが、すべての腰椎椎間板ヘルニアに適応できるわけではないため、事前に手術医との相談が必要です。

 

また、どのの手術でも神経を圧迫しているヘルニア塊を切ったり・とったりするのみで、すでにヘルニアを起こしてしまった傷ついている椎間板を新しくするものではありません。なので、手術後早期に急激な負荷をかけてしまったり、正しい方法での体幹強化をある程度継続して行っていかなかったりすると、一定の 割合で再発してしまうこと(Mindsによれば5年後の再発率は4~15%)も知られています。

 

椎間板ヘルニアに絶対に手術は必要なのか?

 

座骨神経痛 注射

 

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板から髄核が突出したヘルニア塊が神経を圧迫することで症状が起こると言われています。

ヘルニア塊はタイプにもよりますが数ヶ月で小さくなることが多く、それにつれて症状が改善するケースも少なくありません。どれくらいの割合のヘルニアが自然改善するのかはまだ明らかではありませんが、日本脊髄外科学会によれば80~85%は自然に軽快するとの報告もあります。

 

なので腰椎椎間板ヘルニアと診断されたとしてもほとんどは自然に消失するため、手術をしなければならないのは一部の患者さんです。

 

保存療法を数ヶ月以上行っても顕著な改善が見られない場合。

痛み、しびれや麻痺で歩行困難となるなど生活に支障が出る場合が続いてしまっているケースで手術となります。

 

マッサージは不要?

 

最新の考え方では、腰痛は改善する問題と捉えられています。
精神的要因が大きく関わっており、
恐怖や不安を煽るような情報を取り入れないようにしていく
というのが進められれています。

 

「椎間板ヘルニアだから手術が必要になるかもしれません」

「もうこの腰痛とは一生付き合うしかない」

 

そういった権威ある人(お医者さん)からの言葉により
腰痛で悩む方は不安を感じ、自分自身はひどい状況なんだ。
この痛みと上手く付き合わないといけない。

 

負担をかけてはいけない。
と認識して腰をかばうような動作をするようになり
腰が常に無理を指定しまう状況になります。

 

最新の見解では
心理的ストレス、そして不安をなくす取り組みをして
体をしっかり動かして筋肉をほぐしていくという過ごし方をしていく。

 

画像上による問題と痛みは別問題なので気にしなくていい。

そういった捉え方がされています。

 

 

あなたの椎間板ヘルニアはなぜ良くならないのか?

 

上記の内容は一般的に言われてる原因や治療法なのですが

実際に椎間板ヘルニアと言われた方々は、今までの治療で痛みが改善したのでしょうか?

 

ほとんどの方は

NO!!

ではないでしょうか?

 

胃に負担のかかる痛み止めを飲み続けている

・腹筋を鍛えれば良くなると言われ、痛みに耐えて頑張ったが効果がない

・座っているだけで痛い中電気をビリビリ当てるだけの治療。一向に痛みが取れない。

 

このパターンはゆずクリニカルルームに来られる患者様の代表的な例です。

ハッキリ言うとこれって全てその場しのぎの対処療法でしかないんです。

 

真の椎間板ヘルニアの原因

 

なぜ椎間板ヘルニアになったのかをしっかり考えないと痛みは改善しません!

椎間板ヘルニアになるってことは、腰椎にストレスが常にかかっているということです。

そのストレスは、「いつ、どの姿勢・動作で、どんな」ストレスがかかっているのかを日頃の動作や姿勢から調べ出していくことが必要になります。

 

これがゆずクリニカルルームの強みです。

 

ここを解決していくことが、本当の根本治療につながっていくと考えています。

 

現在腰痛をお持ちのあなたへ

 

岸和田市ではまだまだ腰痛の患者様が多くおられます。

必要のない手術をすすめられていたり、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来なかったり立ち仕事がつらい。

朝起きるのが苦痛だといった状況で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

「このままで良いわけがない」

もしも、あなたが

「この痛みをなんとかしたい。でも治らず一生このままだったら…」
「このまま痛みや痺れが悪化して歩けなかったらどうしよう・・」

といった不安な気持ちになっているのであれば…
そんな時こそ、ゆずクリニカルルームにお越しください。

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。
私の技術はそんなあなたのために日々磨きをかけています!

 

ゆずクリニカルルームで施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

一緒に痛みのない生活を手に入れましょう!

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

医師からヘルニアで手術宣告!でも先生はする必要なしと言ってくれた。

津阪様 57歳 和泉市

当院へ来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?

とにかく腰痛から始まって左足の付け根からしびれがでて徐々に左の足の親指までしびれがでました。歩くのも辛い状態になりました。 鍼灸院、整骨院、カイロ、最後には整形外科へ通い椎間板ヘルニアと診断され手術を宣告され、悩んでいた時にこちらの整体のHPを拝見しました。

来院前はどのような不安がありましたか?

物を売られるのではないか、高額な施術費なのでそれだけかけて本間に治らなかったらどうしよう…そんな不安がありましたが、先生が満足しなかったら全額返金する!と強気なメッセージがあったので勇気をだして連絡しました。

椎間板ヘルニアで手術を勧められたのになぜしなかったのか?

手術の前に、カイロにいってました。そこの先生に注射もせずに、手術もせずにこのヘルニアからくる腰痛を治したいと言いました。そこに週に2回くらい通院して半年くらいかけて少し歩けるようになりました。でもまたどっと!腰痛がでてきました。この痛みというのは人には言えない。買い物していても痛みで冷や汗がでてきたり、救急車呼んでもらおうかなというくらいです。そんな腰痛でした。でもなんとかしたい!その時前川先生を見つけて先生にかけようと思いました。

当院で施術を受けられて現在の調子はどうでしょうか?

今は、本間に嘘みたいです。多分信じてもらえないと思うんやけど(笑)腰痛がありません。私の症状知っている人からは元気になってるやん!孫ともスキップできてる。それが一番嬉しい!

当院と他院はどんな点が違いますか?

ここは初めに生活態度を聞いてくれて良い事と悪い事をハッキリ言ってくれる。 それで先生が日常気をつける事を教えてくれて、それを行動していく。 今までは薬や注射だけでした。先生はアドバイスをしてくれて私はそれを守る。 ここでは15分くらい軽く身体を触られるだけで何でか知らないけれど良くなりました。

よく私の整体を受けたら良くなると思われていますが実際どうですか?

根本的な所。人それぞれの生活態度、歩き方や姿勢、それを守っていくことが大事。今まではそんなん教えてくれなかった、マッサージして湿布してそんな感じでしたからね。先生の言われる事を守ってきて元の身体に戻ってきました。 椎間板ヘルニアで手術と言われても改善します。

椎間板ヘルニアと診断された腰痛で悩むかたへメッセージ

騙されたと思って先生に一度会って下さい。会えば必ず明るくなります! 腰痛も本間によくなります。鍼灸院とか整骨院に週3回とか通われている方はこっちに来て!楽になるから。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

14件通院して駄目だった腰痛がたった一か月で変化した

田中様 64歳  泉大津市

来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

10年以上前から、腰痛、お尻から太もも・ふくらはぎの側面にかけての痛みとしびれ、筋肉が引きちぎられるような症状で夜も眠れずでした。

 

朝も布団から立ち上がった時に痛みで腰が伸ばせずで、 家事も満足にできませんでした。

 

病院・整形外科・整骨院・整体へ14件通院しました。

 

実は顔も三叉神経痛で悩んでいて顔を洗う事も 口を開けることもできませんでした。

耐え難い激痛で死んだ方がマシかなと思うほどでした。

当院へ来院されて現在その症状はどうですか?

初めて施術してもらった時に、こんな簡単な方法で治るのかな… と正直思いましたが、その時帰り道で曲がっていた腰が伸びて歩けている 自分にビックリしました。

今まではマッサージなどを受けてもその時はマシな気がするんですが すぐにもとに戻っていましたが、現在は腰痛はないし、 5分と歩けない自分が、友達と買い物に行って1時間以上歩いてました。

当院は他の整体院と何が違いますか?

整体自体は痛くもなしい、待ち時間ないし、毎日通わなくていいし、 それが凄い嬉しいです。整骨院へ通院しているときは 2時間かかった時もありましたから…

最後に何かひとことお願いします。

近所の岸和田で私にあう整体があるなんて… 私のように腰痛で苦しんでいる人がたくさんいてると思いますので ぜひ先生にお願いしてもらえればと思います。

 

 

 

 

 

0725-30-6521

初回通常13,000円 → 初回特別価格2,980円

初回特別価格は1日2名限定

 

 

 

ブログにコメントを残す

是非あなたの意見をコメント下さい。あなたのコメントがメルマガを書くモチベーションになっています。

名前の入力は任意です。ニックネームでもOK。

コメントを入力する:

この記事に寄せられたコメント一覧

 

 

 

ゆずクリニカルルーム

住所: 〒595-0802 大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21
交通: 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)
電話番号:0725-30-6521  受付時間:10時〜18時【不定休】

 

Copyright © 2014 ゆずクリニカルルーム. All Rights Reserved.  |  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

?