岸和田で脊柱管狭窄症に悩む50代の方へ

衝撃の腰痛治療!

 

 

脊柱管狭窄症と言われましたか?

 

もしあなたが脊柱管狭窄症と診断されたので

あればこのような流れでそうなったと思います。

 

1、腰や足へかけて痛み、つっぱり感、しびれを感じてきた

2、歩くとだんだん症状が強くなってくる。でも休むとまた歩ける。

3、歩ける距離や時間が日に日に短くなってきた

4、病院へ行き症状を説明して、レントゲン検査orMRI検査を受ける

5、画像を見て脊柱管狭窄症ですね。と言われた

 

このような流れで診断された方がほとんどではないでしょうか。

 

脊柱管狭窄症の症状を感じ始めたのはいつ?

 

時期について一度考えてもらいたいです。

そもそもハッキリとした時期を覚えていますか?

 

徐々に症状が出てきた人がほとんどだと思います。

 

冷静になって考えてもらいたいです。

 

昨日ーーーー今ーーーー明日

 

この三日間の間に骨が変形したりすることがあると思いますか?

 

まずありえないですね。

今の骨の状態が明日体に問題を起こすぐらい変形するなんてないです。

 

何を言いたいのか?

 

脊柱管狭窄症の症状を感じている時に画像検査を受けて問題がでた。

でも問題のなかった昨日、もしくは1ヶ月前に画像検査を受けてたとしても

画像は同じだった可能性が高い!!ということです。

 

これは画像の問題と症状が一致していない可能性がある!てことです。

 

だから世の中には

脊柱管狭窄症と言われていても改善している人はたくさんいます。

もちろん改善せずに悩まれている方もいます。

 

大きな違いは考え方にあると思います。

 

【骨が変形していたら治ることはない。】

そう信じ込んでいては何をしても治ることはないです。

 

そんな状況であっても改善するんだ!

と考え方を変えることがとても大事です。

 

今日はそんな方の症例をお伝えします。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

脊柱管狭窄症と言われて腰痛はこのままだと諦めていました…

鎌苅様 50歳 岸和田市

来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

腰痛や足のこわばりのせいで、 朝起きるのが辛くて、靴下を履くのが辛かったです。 病院では脊柱管狭窄症と診断され治るのは手術しかないと言われました。

また、その手術も治るが50%、 車いすになるのが50%と言われました。

当院へ来院されて現在その症状はどうですか?

痛みやしびれは少し残っていますが、朝起きる時のツラさ、 靴下がはけないという問題は解消しました。 現在は40分以上歩けるようになったので歩いています!

当院は他の整体院と何が違いますか?

詳しくわかりやすい言葉で説明してくれます。 こちら側の質問に対してもわかりやすく答えてくれますし、 他と違い納得のいく説明をしてくれます!

最後に何かひとことお願いします。

同じような症状で悩んでいて、 手術と言われて悩まれている方にお勧めしたいと思います。

 

病院では手術の選択!?

 

今回の方は手術が嫌でなんとかしたいという思いでゆずクリニカルルームへ来られました。

最初は今まで聞いてきたことと、全く真逆の話をされて戸惑いもあったはずです。

 

病院では手術をして治る可能性50%、車椅子の可能性50%と言われました。

 

でも可能性があるのであればやる!

その思いで脊柱管狭窄症に立ち向かいました。

 

現在は朝の散歩が楽しい!

そう思えるまで元気になられてゆずクリニカルルームを卒業されています。

 

病院は意味がない!?

 

決してそんなことはありません。

病院は必要不可欠です。今回の方にとっては関係なかったかもしれません。

 

でも中には検査をすることにより、重篤な疾患が見つかる可能性もあります。

 

ただの腰痛と思っていたら内臓の病気だった。

そんなケースもあるわけです。

 

そのような病気でないのかどうかを見分ける上で病院にいくことは絶対に必要です。

 

そこで病気でないのであれば

当院のような体のバランスを整える場所へ行かれてもいいですし

ご自身で運動されたりするのも方法の一つです。

 

痛みの原因は脊柱管狭窄症ではない

常識とはかけ離れた事を話ししているかもしれませんが

脊柱管狭窄症でも症状の出ない人はごまんといます。

 

画像診断の結果と痛みの関連性を繋いでいる間は

痛みの改善は難しい。だからあなたに伝えたいことは一般常識を信じるな。

とうこと。

実際に脊柱管狭窄症と言われながら痛みを改善していく人は

かず多くおられる。

画像診断による痛みの治療は限界を迎えている

 

この記事でお伝えしているように

脊柱管狭窄症と言われたのにもかかわらず痛みを克服している方がいる。

 

画像診断で不安になって

痛みを強く感じるのではなく改善する術があるという方向に

意識を傾けて取り組んでもらいたいと思う。

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)