岸和田で生理前の腰痛で毎月悩んでいるあなたへ

普段は腰痛の「よ」の字も感じないにもかかわらず生理前になると決まって腰痛を感じていませんか?最近では様々な種類の薬が販売されているけれど生理痛で悩む女性は減るどころか増えています。今回は生理前に腰痛の原因と、予防についてお伝えします。

生理前の腰痛について

1、生理前の腰痛の原因は?

生理は女性は毎月必ずあるもので、生理前になると急激にホルモンバランスの変化が起こります。このホルモンバランスの変化によって身体の調子に変化が起こり、腰痛が引き起こされてしまいます。このホルモンの中にはリラキシンとプロスタグランジンというホルモンがあり、このホルモンが腰痛と関連が深いと考えらえれています。

 

リラキシン:このホルモンの働きは骨盤の関節を柔らかくして骨盤の動きを起こしやすくします。その結果として経血を促進させる役割を持ちます。

骨盤の動きを起こすということは、周りに付いている靭帯を緩める役割もあります。この結果として関節を支えるバランスが崩れてしまい、関節を安定させるために筋肉に負担がかかり筋肉が固くなってしまいます。その結果として腰痛に繋がって行きます。

経血とは
成分のほとんどは、受精できずに使われなかった子宮内膜(子宮の中の粘膜)、粘液、膣や子宮からの分泌物、酵素などになる。

 

プロスタグランジン:こちらのホルモンの役割としては子宮の収縮に働きます。でもその結果として痛みを強めて、痛みを感じやすくしてしまうという結果をもたらしてしまいます。

 

生理不順や骨盤の不調をきたしていると、経血が滞ってしまい、その滞りをなんとかしようとプロスタグランジンが過剰に分泌されてしまい、痛みが強くなり腰痛が引き起こされてしまいます。

 

2、病院の受診が必要な腰痛

生理に関係する腰痛の中には、病院への受診が必要なケースがあります。このケースを見逃してしまうと後に問題になりますので注意が必要となります。

 

1、子宮内膜症

子宮の内側にしかないはずの子宮内膜。この子宮内膜が子宮とは違う場所(卵巣や腹膜など)で増殖と剥離(はくり)を繰り返すことによりさまざまな痛みを引き起こしてしまう病気。

 

2、子宮筋腫

月経のある女性の約4分の1の方にできると言われる子宮筋腫は子宮壁にできる良性の腫瘍のこと。悪性腫瘍変わることはほとんどなく、症状の進行具合や治療の時期も人それぞれ異な流。

 

3、卵巣嚢腫

卵巣は子宮の左右に一つずつあり、通常では2~3cmぐらいの大きさ。ここに発生した腫瘍が卵巣腫瘍と言われ、大きくなると30センチになるものもある。

 

また子宮や卵巣に問題がある場合はこのように3つの病気の可能性もある、そして腰痛にくわて

・月経過多

・排便時の痛み、排尿時の痛み

・不正出血

・下腹部の痛み

このような腰痛とは違った症状を持っている場合は病院で検査を受けることをおすすめします。

 

腰痛の原因がイマイチはっきりしないケース、どのようにすれば痛みが出るのか、安静にしているにも関わらず痛みが収まらずに疼くようであれば病院への受診をぜひお願いしたい。

 

3、生理痛で悩む人にオススメの処置とは?

1、生理痛の腰痛の原因は?でもお伝えしたように、骨盤の動きが悪くなることにより経血の排出が滞るという話をした。なので普段から骨盤の動きを整えておく処置を受けておくことをおすすめしている。問題が起きてからするのではなく何事も事前に対応しておくことが大切。

 

最近では産後の骨盤矯正を受ける女性が増えてはきているが、普段から整えておくという考えを持つ女性はまだまだ少ない。でも一番大事なのは事前に準備していくことだと私は考える。

 

生理痛がひどいのであれば生理痛が出ない体にしていく、それが結果的に赤ちゃんが過ごしやすい体になっていくわけだし、安産になる可能性を作り出していることになる。

 

まだまだ数の少ない女性の生理痛のケアですがあなたにはぜひ意識してもらいと思います。

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)