岸和田で膝の痛みに強い治療院といえば?

泉州の岸和田で膝の痛みを得意とした整体院がある。さつき通りに面しており最寄り駅は南海本線忠岡駅、JR阪和線の和泉府中駅になる。柔道整復師・鍼灸師の国家資格を持つ院長であるゆずクリニカルルームはどこにいっても治らなかった、膝の痛み、変形性膝関節症、軟骨がすり減っている、などが原因と言われる膝の痛みに対して数多くの結果を出してきている。

岸和田で人気の膝痛治療

1、膝の痛みの原因は?

膝の痛みの原因は諸説ある。膝の軟骨がすり減っているから、半月板が傷ついているから、変形しているから、様々なことを原因として上がられているけれど実際のところどうなのか?現場で起こっていることと照らし合わせてお伝えしてきたいと思う。

膝の変形による痛み

 

最も膝の痛みの原因として知られているのが膝の軟骨がすり減っているという説明。そしてそれが悪化すると変形して、より強い痛みがでる。この説明が常識となっている。

 

この図のように骨と骨が当たって痛みがでると説明され患者さん自身は「そうなんだ…」もう軟骨すり減っていたらどうしようもないよね。そう感じて諦めている人がほとんどですね。

 

膝の痛みの原因は年齢でも軟骨がすり減っていることでもありません。筋肉の状態が悪くなっていることにより痛みが出ています。だから筋肉の状態を治療していくことで膝の痛みは改善していきます。

 

膝の原因筋

 

膝の痛みに関わる問題は筋肉

膝の内側の痛み:内側広筋

膝の外側の痛み:外側広筋

膝の真ん中の痛み:中間広筋

 

と言うようにその部位に関係する筋肉の調子により痛みが引き起こされています。ひざの痛みが強いからといって安静にしていてはひざの痛みは改善して行きませんし、余計に筋肉がこわばってしまい悪化に進んで行きます。

 

その証拠に、今の医療で膝の痛みが回復しているのか?と調べてみてはわかります。膝の痛みで悩む人は減るどころは増えています。しっかりと動かすことが大切です。

 

2、膝の痛みを克服するために?

上記の筋肉を緩めていくために必要な方法をお伝えして行きます。まずはご自身で取り組んで頂き、それで改善するのであればそれで良いと思う。まずは始めれることからやって行きましょう。

 

1、スクワット(椅子からの立ち座り)

膝痛の運動

まずは体重をかけることから始めて行きましょう。膝の痛みが続くと体重を乗せることが怖くなってきます。痛みを伴うし余計に痛くなるのではないか、と言う不安な気持ちになります。でもそれをすることによりどんどん膝の痛みは悪化して行きます。本当に屈伸運動でもいいので、動かせる範囲でしっかりと動かしていく!これを意識して過ごしてあげて下さい。

 

2、歩行運動

膝の運動

人は動く生き物。だから安静にすると言うことは体にとって害でしかありません。痛いから歩かない?ではいつになったら痛みがなくなって歩けるのでしょうか?そんな日はいつまでたっても来こない。今動ける範囲内で日々動く、自分の足でしっかりと歩くと言うのが重要です。

 

3、膝の痛みに効果的な治療法は?

一般的には膝が痛いのであれば痛み場所へ注射、マッサージ、そして鎮痛剤といった処置が一般的となる。もちろん症状として現れているので症状を抑えるために必要な処置かもしれないがそれで良くなるわけではない。よく「注射で治ったよ!」と言われている人がいるがそれはない。

 

注射で痛みを抑えている間に体が治してくれた、この言い方が正しい。そこを理解していないと、どんな状況であっても対処療法ばかりになってしまい、物事の本質を見失ってしまい何をしても治らない。そんな状況になってしまいます。

 

大切なのはなぜ膝が痛くなるような体になってしまったのか?そこを考えて、そこに対しての治療をしていくことが重要な鍵取っていきます。

 

腰痛の原因

この図で書いているように、注射・薬は一番右端にある痛み・しびれに対しての処置。ここの処置では痛みを抑えているだけであって治しているわけではない。もちろんそれで痛みがなくなることも少なくない。でもそれは身体が治したのであって注射で治したのではない。

 

それを繰り返していると、注射や薬では効果を感じなくなってくる。その結果、マッサージや鍼灸といった治療を受けるようになってくる。もちろん効果的な方法であるが筋肉を和らげるが、その筋肉が硬くなる原因という部分は残ったままになる。

 

最も重要となるのは図でいう一番左端の部分、重心という部分を治療していくこと。これが全てにおいての引き金になっているのでそこに対してしっかりとアプローチしていく必要がある。

 

実際にそこの治療をすることによって、年齢からくる膝の変形ですね。このまま付き合っていきましょう。と言われた膝の痛みを克服された方がいる。その方の声を聞いていただきたい。

 

4、膝痛を克服した人の声

整形外科で水を抜いたり注射をしている人に知らせたい! 由井様 63歳

ゆずクリニカルルームは駐車場から院までの距離が100メートル程度あります。
両膝に痛みを抱えているので、この駐車場の距離が苦痛。
普段も、坂道は凄く負担を感じるし、平坦な道であっても数メートル歩くとたち止まるという状況が続いていました。膝を曲げる動作が困難で、床に座るにも一苦労でした。

しゃがむこと辛くて、地面の物を拾うにも膝を曲げないようにして拾うという状態。

整形外科では月に3〜4回注射をしてもらうという状況でした。

もうこのまま歩けなくなっていくのを待つしかないと考えていた時にゆずクリニカルルームを知り連絡しました。

現在は膝の問題を感じることなく日常生活を過ごされている。魚釣りが趣味で時間がある時には足場の悪い場所でもぴょんぴょん飛び跳ねて釣りにとっていい場所まで移動される。膝の問題が解決して本当に人生が変わりました。

 

5、まとめ

膝の痛みはどうしても膝の軟骨の問題と言われたり、年齢を問題にされたりと難しい問題に捉えられがち。確かに簡単ではないかもしれない。でも正しく向かい治療を受けていけば改善していくケースが多い。ぜひ諦めずに向き合ってもらいたいと思う。詳しい治療法など気になる方は

【公式】膝痛治療に特化した整体 ゆずクリニカルルーム

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)