新型腰痛!原因はお尻だった?長引く腰痛の正体に迫る【岸和田の整体ゆずクリ】

新型腰痛て何?

 

 

新型腰痛とは?

 

最近テレビで言われている新型腰痛。

腰痛の原因は腰ではなくお尻だという考え方が注目を浴びている。

 

今までの常識としては

MRI画像やレントゲン検査によって骨の問題や神経圧迫などを調べて

それが原因という考え方をしています。

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった病名をつけられることが多いですよね。

 

それと変わる新しい考えが今回の新型腰痛になります。

 

腰痛の実情は?

 

日本人の抱える問題の中で男性で1位、女性で2位となっている腰痛。

その中でも85%が原因不明と言われています。

長期的に悩まされている方が多いのが腰痛です。

 

社会的にも支障が出ており損失額は相当なものだと言われています。

 

この原因不明85%の中でも約10人に一人が

新型腰痛の可能性があると言われています。

 

一般的な腰痛では、腰全体に鈍い鈍痛を感じるのに対して、

新型腰痛では特徴的な症状が挙げられます。

 

新型腰痛の症状とは?

 

 

1、腰の中心部にキリで刺されたような強い痛みが出る

 

一般的な腰痛では、運転など長時間座ることにより痛みが出て、

腰全体に鈍い鈍痛を感じますが、新型腰痛では腰の中心部にキリで刺されたような

強い痛みが出ると言われています。

 

2、寝返りなどで、鎌で切りつけられたような衝撃が出ること

 

一般的な腰痛では、横になった状態で痛みが強くなることは稀ですが、新型腰痛の場合、横になることで症状が悪化する場合が考えられています。寝返りなどで激しい痛みが引き起こされると言われています。

 

3、歩くと激しい痛みが出る

 

一般的な腰痛では、歩いていて徐々に痛みが増してくることはあるが

新型腰痛では突然足に違和感を感じ、両足の太ももの裏から足先、足の裏に至るまで全体に痺れを感じ、歩き出しても足全体に痺れがあり転倒しそうになる。

 

4、異常が画像に映らない

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は神経を圧迫している部分が画像に映りますが、

新型腰痛の場合はレントゲンやMRIでも病変が画像に映らない。

 

新型腰痛の原因とは?

 

 

新型腰痛の原因は腰ではなく、お尻の神経が原因だと言います。

病名:殿皮神経障害

お尻の神経が骨盤に当たることで様々な症状を引き起こすと言われています。

 

殿皮神経は直径2〜3センチと細いためレントゲンやMRIの画像に映らないと言われています。

 

新型腰痛で本当に痛みが出るのか?

 

新しい病名が生まれると新しいビジネスが生まれます。

それを広げるためにテレビなどのメディアに紹介されています。

 

殿皮神経障害?

笑わせます。神経によって痛みが出ているという時点で関係ありません。

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で神経に触れて痛みが出るとか圧迫されて痛みが出ると言われ

いますが、実際それで痛みと画像の問題は関係ないと結論出ています。

 

神経に触れてようが圧迫してようが関係ないということがわかっているにも関わらず

骨盤て殿皮神経に触れている?

 

私たちをアホにしているのかと感じます。

 

結局どのように対策していくのかというと

お尻の周りの筋肉を緩めるストレッチを勧めるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)