目・首・肩・・・体が固まるということと、 その解消のために気を付けることとは

目・首・肩・・・体が固まるということと、

その解消のために気を付けることとは

 

年度末です。最後の大仕事、ということで、毎日ハードにデスクワークをされている方が増える時期、

当然体の不調を訴える人が増える時期でもあります。

 

まだまだ冷えたり暖かくなったり落ち着かない気候も手伝って、まさに「体が固まった」状態になってはいませんか。

その状態になるとあちこち疲れはピークに達しているはずです。この固まった状態をスッキリさせるには、どうしたらいいのでしょうか。

 

体の疲れというのは、よくCMでも聞く言葉の通り「目・肩・腰」に現れてきます。

デスクワーク、特にパソコンを駆使する方に多いのが、目の疲れです。

最近はタブレットやスマホの見すぎで眼精疲労を訴える人もいます。

 

この目の疲れは、他の部分に原因があることもあります。その原因となりがちなのが、肩です。

肩コリをしていると、周辺の血流が悪くなります。この血流の滞りが、目の疲れをも引き起こします。

目と肩が辛い、と思ったら、早めに血行促進を心がけるとひどくならずに済みます。

忙しいのも分かりますが、根を詰め過ぎず、時間を区切って休憩を取りましょう。

その際には、腕を回したり、首を回したりして固まった筋肉をほぐしてあげるようにしてください。

 

さて、体が固まる状態で次に来るのは腰ですね。一番固まりやすいのがこの部分とも言えるでしょう。

目や肩は多少なりと動いていますが、腰は本当に固定されたままになるからです。

デスクワークをしていると、やや前かがみの状態が増えると思います。

腰が痛くならない座り方としては、骨盤の上にしっかりと背骨から上が乗っている状態が理想です。

しかし、この座り方をキープするためには筋肉が必要なのです。

 

そのため、長時間になるとだんだん、反らせた状態、猫背の状態、最後は左右にゆがんだ状態・・・となります。

立ち上がった時に思いのほか腰が痛いということもざらですから、こちらも肩や目の疲れと同じように、

時間を決めて休憩を取り、腰回りのストレッチを行いましょう。

 

最近仕事がハードで体中が固まっていると感じ、ストレッチでは厳しいな、と感じているのならば、すでに体のゆがみが大きくなっているかもしれません。整体で体のメンテナンスをして、最後のひと頑張りに備えてはいかがでしょうか。岸和田のゆずクリニカルルームは1日12人限定の完全予約制となります。あなたの体の辛さをオリジナルの整体法で、痛みもなく的確に解消していきます。ご予約のお電話はお早めにお願いいたします。

 

 

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)