【告白】テレビで特集される筋膜リリースで痛みは治らない?

 

今年に入り様々なメディアで特集されている「筋膜リリース」
テレビだけではなく雑誌や書籍にもされており今年は注目を浴びている。

 

一般の方からすると筋膜って?筋肉と何が違うの?
てなると思います。

 

この記事では今流行りの筋膜リリースが本当に肩こりや腰痛に効果的なのか?

 

そもそも筋膜リリースとはなんなのか?

 

基礎的な部分について記載していきたいと思います。

 

そもそも筋膜の働きは?

 

 

筋膜には色々な役割があります。
筋内膜・筋周膜・筋外膜3つに分けれており、筋繊維を包み込んでいます。

筋膜自身はコラーゲンからできており、85%が水分です。
組織同士が擦れて摩擦による熱から守る役割があります。

 

水分の減少やストレス、長時間の姿勢保持(パソコン作業やデスクワーク)により
筋肉の柔軟性の低下などにより、筋膜同士が癒着(くっついてしまう)筋肉の動きを
悪化させてしまいます。

 

筋膜は全身を覆っているので、「首が凝っているな」
と思ってもお尻をほぐすと楽になったりするのはそういった理由があります。

 

逆に、首が凝っているからといって首ばかりほぐしていても全く楽にならないことも多いです。

 

 

 

そして筋膜リリースってなに?

 

先ほど述べた筋膜の不具合を戻す方法になります。
筋肉がスムーズに動くためには、筋膜が滑らかに動いていく必要があります。

 

筋膜がねじれたりしていると思うような動きができないくなります。
この問題を解決する方法が筋膜リリースと言います。

 

簡単に言うと、筋肉をほぐしていけば症状は取れると言うことです。
こんな簡単に言うてしまうと怒られるかもしれませんがそう言うことです。
特に真新しいこともないんですね。

 

一般的な筋膜のほぐし方と筋膜リリースの違い?

症状の訴えがある場所で筋膜が凝り固まっている部分を
マッサージや器具を使用してほぐしていました。

 

腰が凝ってますね〜と言われて腰をほぐされる。
肩が凝ってますね〜と言われて肩をほぐされる。

 

これが今までの考え方でありやり方でした。

 

それをこの筋膜リリースでは、筋膜は体全体を包み込んでいるので
症状のある場所に原因があるのではなく別の部位に原因がある可能性がある。

首が凝っていても、筋膜のつながりを調べて足にコリがあれば足をほぐす。
そのことにより首のコリが改善するといった考え方になります。

筋膜リリースの方法として・・・

 

手を使ってほぐすやり方もありますが
最近注目を浴びているのはセルフケアですね。

 

 

筋膜ローラーです。
ご自身でこの上に乗ったり寝転がったりしてコリを感じる部分をほぐしていきます。

 

筋膜リリースが特集されたのも
最近の流行りでセルフ○○が特集されていたのでその影響だと思われます。

 

治療院で使われている道具としてはグラストンテクニックと言われ
超有名なトップアスリートが受けていて話題になりました。

 

この器具自体高価なものですが、類似品を使用している治療院もあるので
注意が必要かもしれません。

 

 

今まで通りの方法、人間の手を使用して筋膜を整えていきます。
他にもストレッチなどの方法もあります。

 

まとめ

 

テレビで特集されることで新しい治療法かも!!
と期待をしてしまうかもしれませんが、治療結果を出している先生は筋膜リリースと言わずに
ご自身の長年の経験で痛みのある部位以外を治療して治す。ということをしています。

痛い場所しか治療してこない先生の元へ通っているのであれば
それは治療院を変えたほうが良いと思います。

 

大事なのは新しい手法とかではありません。
手法で治るのではなく、それを扱う先生によって治ります。
なので手法で探すのではなく人で探すように気をつけてください。

 

どうやってそんな先生を見つけたら良いの?

 

もし悩まれているのであれば
ラインでご相談ください。

 

治療院の選び方をお伝えさせていたきます。

 

 

 

 

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)