大阪の岸和田・和泉市・泉大津市で腰痛専門の整体院

〒595-0802 大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21

 

学生時代サッカーで大きなケガをし、病院に行ったにも関わらず改善することがなかった。 この経験から、患者様と真剣に向き合い自分で最高の技術を生み出そうと考え、色々なセミナーに参加した結果、体のバランスを根本から整える腰痛改善率91.7%(※2014年9月末現在)を誇る独自の施術法「M&M骨盤療法」を生み出した。
この手法が患者様からとても好評で、H26年10月現在191件以上のお喜びの声を頂き、各種メディアが取り上げ話題になっている。

久米田駅×医療その他部門
久米田駅×整形外科部門
2014年05月時点


ランキング掲載店

〒595-0802 
大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21

・忠岡町のさつき通り沿い高月南3丁目交差点すぐ
・忠岡駅より車で9分 / 和泉府中駅より車で10分 / 久米田駅より車で10分(駐車場あり)

脊柱管狭窄症と痛みの真実〜本当に脊柱管狭窄症が問題?〜

2017/11/27(月)   |    健康情報, 腰の痛み

 

 

脊柱管狭窄症の真実

脊柱管狭窄症

 

脊柱管狭窄所は60代前後に多い疾患になります。

一般的には脊柱管という背骨と背骨で構成される神経の通る道が変形して狭くなることによって痛みや痺れなどが発生すると言われています。

 

 

狭くなることにより、その脊柱管という管を走る神経が圧迫を受けて症状が出るという風に考えられているのですがはたしてそうなのでしょうか?

 

 

今回は脊柱管狭窄症で悩む方達の悩みについて取り上げていきたいと思います。

 

 

脊柱管狭窄症の症状とは?

 

 

脊柱管狭窄症といえば!という症状があります。

それは間欠性跛行と言われる症状です。

 

間欠性跛行

 

間欠性跛行とは歩いていると腰から足へかけて痛みを感じたり痺れを感じて歩けなくなります。

休憩すると症状は和らぎまた歩けるようになるのですが

最初よりも症状のでる感覚が短くなりまた休息が必要になります。

 

 

このような状況を間欠性跛行と言いいます。

 

 

実際このような症状で悩んでいる方が多いのですが

ハッキリ言いまして、60代前後で画像検査をすれば変形はあるものですし脊柱管が狭くなっているケースも多々あります。

 

画像による問題と捉えてしまうと、もう手術をするしか解決策はなくなってしまいます。でも実際は脊柱管狭窄症と言われていても手術をすることなく改善される方が数多くおられます。

 

 

画像の問題である脊柱管狭窄症と症状は関連性はあるのか?

 

脊柱管狭窄症

 

論文などによると画像の問題と症状は一致しないというデータが報告されています。だって症状のない人でも60代以上で画像診断したらなんらかの問題が見つかるんですから。

 

 

だから症状があって画像診断したら何か見つかって当然じゃないですか?

 

 

そう考えるのが普通です。では一体何がどうなって腰痛や足の痺れ痛みを感じているのでしょうか?

 

 

痛みの原因は筋肉にあります。

脊柱管狭窄症と言われている方に共通する問題が筋肉の過度の緊張です。

筋肉が緩めば症状は改善します。

 

 

これが手術をしなくても症状が改善する秘密です。

 

 

でも手術して症状が改善する人もいるやないか!という人もいますよね?

それにも理由はあります。

 

 

理由1 プラセボ効果

 

これをしたら回復するという思い込みから体が回復する。

手術というのは人体にとって最大のインパクトのある処置です。

 

 

薬でも、プラセボを鼻から目的として作られたものがあるくらいです。

プラセボ効果をあなどってはいけません。

 

6割前後の改善率だとプラセボの可能性が高いです。

 

 

理由2 麻酔で筋肉緩みます

 

 

麻酔って筋肉が一気に緩むらしいです。痛みでずーっと緊張しっぱなしの筋肉麻酔により一気に緩むことにより症状の改善がみられます。

 

理由1と似ている部分もあるかと思います。

 

 

 

脊柱管狭窄症に関係の深い筋肉とは?

 

 

ここでは脊柱管狭窄症と言われる方が問題を抱えることの多い筋肉をお伝えします。

 

 

  • 中臀筋

中臀筋の場所

骨盤についているお尻の筋肉をさします。

片足立ちをした時にしっかり体を安定させてくれる働きをするのもこの筋肉になります。

 

  • 大腿筋膜張筋〜外側広筋

 

大腿筋膜張筋

 

歩く時などに足がまっすぐ運ばれるように修正をかけてくれる筋肉になります。

外股で歩く傾向が強いとここの筋肉が硬くなりやすいです。

 

  • 下腿三頭筋

 

ふくらはぎ

 

ふくらはぎの筋肉になります。

骨盤や骨格でバランスをとれないが為に負担がかかり硬くなってしまいます。

 

 

これらの筋肉を緩めることが大切です。

方法としてはマッサージもいいでしょうし、ストレッチでもいいです。

でも多くの方がそのようんな処置ではもう緩まない状況になっていることが多いです。

 

 

次に考えないといけないのは、なぜその筋肉が硬くなってしまったのか?

そして脊柱管の変形がなぜ起こってしまったのか?

 

 

その部分をしっかり考えていく必要があります。

 

 

脊柱管は一体なんの役割をしているのでしょうか?

 

脊柱管は背骨と背骨で構成されています。

 

 

背骨の役割というのは支柱です。

体を支えるという役割を果たしてくれています。

 

 

背骨という支柱が変形を起こすということは正常とは違う軸に力がかかっており支えにくくなっているということが考えられます。

 

 

それにより、脊柱管で支えられない負担が先ほどのべた筋肉にかかって筋肉が硬くなってしまっているのです。

 

 

それにより筋肉の血行が悪化し痛みや痺れを発生させます。

 

 

え!?神経が圧迫されて症状がでるんじゃないの?

 

 

一般的には脊柱管が狭くなって神経が圧迫されて症状が出ると言われていますが、もし本当にそうなのであればなんで歩いたら痛くなるんですかね?

 

 

立っているだけでも脊柱管狭窄症は脊柱管狭窄症なので症状がでていてもおかしくありません。そして歩いて症状がでるけれど休んだら症状がおさまるっておかしいと思いませんか?休んでも脊柱管狭窄症は変わりませんよ。

 

 

この矛盾にぜひ気づいていください。

 

 

そして衝撃の真実をお伝えしまうが神経が圧迫されても痛みや痺れはでません。

これはお医者さんなら常識です。

 

 

だって学校で習いますから。

神経が圧迫されて症状が発生するとしたら麻痺が起こります。

 

 

麻痺がおこると痛みや痺れといった感覚がなくなります。

 

 

じゃあ一体何が原因で痛みや痺れを感じているの?

 

 

痛みや痺れは血流の障害によって感じます。

 

例をあげますと、心筋梗塞担った方は「胸が痛い!」とか「腕がしびれる」といった症状を訴えます。

 

これは神経が元気だから血流が悪くなった状況をしっかり認知してくれているんですね。この症状でどこの神経が圧迫されたとか言わないでしょ?

 

 

基本的に痛みや痺れは神経が元気な証拠です。

 

 

だから神経に原因を求めている限り改善することは難しいです。

 

 

脊柱管狭窄症を治すには?

 

 

まずはそもそもの問題である背骨という支柱をしっかりと安定させる必要があります。その支柱は骨盤という土台に突き刺さるように位置しているのでまずはこの土台となる骨盤を整えていく必要があります。

 

 

脊柱管狭窄症と言われた方はそうなる過ごし方をしていたので治療でなんとかするというよりも、ご自身の考え方であったりとか、過ごし方を一から見直していくことで改善していきます。

 

 

今回は脊柱管狭窄症の真実というテーマで記事を書かせていただきましたがいかがだったでしょうか?

 

 

一般的に言われている内容とは少し違った内容なので戸惑われる部分もあるももしれませんがぜひ受け入れていただき現在の症状を改善していただければ幸いです。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

脊柱間狭窄症でしたが、ここへ来て1回目で9割かそれ以上痛みがとれたことが本当に驚きでした

岡 様

当院へ来られる前はどのような腰痛でお悩みでしたか?

最初は家から歩いて100メートルくらいで左の太ももの裏・ふくらはぎが痛くなり足を引きずりながら歩く感じでした。駅の階段を降りる時に手すりを使わないといけないくらいでした。テニスをしているので筋肉痛なのか?とも思いましたが長く続くので、色々な人に相談したら手術しなあかんとか言われて、HPを調べていたら先生を見つけました。病院で腰のMRIもとりましたし、整骨院も行きました。脊柱間狭窄症と言われ血液の流れを良くする薬をもらいました。

当院で整体を受けて頂いた結果どうなりましたか?

初日で9割り方よくなりました。もう帰る時に駅の階段降りるのが痛くなかったです。ただ運動を頑張り過ぎて腰が痛くなって歩くのが大変なときがありまいた(笑)現在はテニスを月曜・火曜と一時間半、プールでジョギングを30分週に2・3回、時には土曜日にもテニスをしています。それでも全く不安なく動けています。

当院の整体と他院とではどのような点が違うと感じられますか?

他の所は過去にいくつか行きましたが、何度も通わないといけない。2ヶ月3ヶ月と毎日行っても良くなっているのかどうかわからない状態でしたが、それしか方法がわからなかったです。ここへ来て1回目で9割かそれ以上痛みがとれたことが本当に驚きでした。

現在腰痛で悩んでいる方へ何かメッセージをお願いします!

そりゃあもう、ゆずクリニカルルームに来てもらうことですね!それ以外は何も言うことがありませんね。

 

 

 

 

 

 

0725-30-6521

初回通常13,000円 → 初回特別価格2,980円

初回特別価格は1日2名限定

 

 

 

ブログにコメントを残す

是非あなたの意見をコメント下さい。あなたのコメントがメルマガを書くモチベーションになっています。

名前の入力は任意です。ニックネームでもOK。

コメントを入力する:

この記事に寄せられたコメント一覧

 

 

 

ゆずクリニカルルーム

住所: 〒595-0802 大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21
交通: 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)
電話番号:0725-30-6521  受付時間:10時〜18時【不定休】

 

Copyright © 2014 ゆずクリニカルルーム. All Rights Reserved.  |  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

?