大阪の岸和田・和泉市・泉大津市で腰痛専門の整体院

〒595-0802 大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21

 

学生時代サッカーで大きなケガをし、病院に行ったにも関わらず改善することがなかった。 この経験から、患者様と真剣に向き合い自分で最高の技術を生み出そうと考え、色々なセミナーに参加した結果、体のバランスを根本から整える腰痛改善率91.7%(※2014年9月末現在)を誇る独自の施術法「M&M骨盤療法」を生み出した。
この手法が患者様からとても好評で、H26年10月現在191件以上のお喜びの声を頂き、各種メディアが取り上げ話題になっている。

久米田駅×医療その他部門
久米田駅×整形外科部門
2014年05月時点


ランキング掲載店

〒595-0802 
大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21

・忠岡町のさつき通り沿い高月南3丁目交差点すぐ
・忠岡駅より車で9分 / 和泉府中駅より車で10分 / 久米田駅より車で10分(駐車場あり)

Archive for 8月, 2015

腰から足へかけて痛い原因は坐骨神経痛?

腰から足にかけて痛い原因をご存知ですか?

 

スクリーンショット 2017-04-14 17.12.17

 

腰から足にかけて痛む、しびれる。   歩く、寝転がるなどの日常の動作を行うと痛みが生じ、 無理をしているとだんだんとしびれてくる、という症状にお悩みの方がとても多いようです。

 

これが右か左かどちらかに強く起こり、何をするにしても辛くて困っている。   原因を考えても、そんなにハードな運動をした覚えもないし・・・ ということで、特定できず、何をしなければいいのかも分からず、防ぎようがない、 という状態の方もいらっしゃるかもしれませんね。   なぜ腰から足にかけての痛みやしびれが起こってくるのでしょうか。

 

そして、それに対する対策はないのでしょうか。

今日は腰から足にかけて痛む原因やその対処法について述べていきたいと思います。

 

  1. なぜ腰から足にかけての痛みが起こるのか

 

  腰から足にかけて痛むという症状には、いくつかのパターンがあります。 もともと腰に痛みがあったのだけれど、 そのままにしておいたら足のつま先までしびれたようになり始めた。

 

あおむけになったり、歩いたりするとどちらかだけが 腰から足までしびれるように痛んできてどうにもならない、などです。   この広範囲にわたって痛む原因として考えられるものは、 広範囲に伸びている坐骨神経の痛み、 そして、その坐骨神経が痛む原因となることがあるのが、 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症です。

 

お尻が痛い

1-1.坐骨神経とは

坐骨神経(ざこつしんけい)とは、私たちの腰からお尻、 太ももの後ろ側を通って膝裏へと進んでいる、 末梢神経の中で一番太くて長い神経です。   詳しく言うと、第4、5腰神経と第1、2、3仙骨神経からなっていて、 お尻の奥の方を横切るようについている梨状筋という筋肉の中を通っています。 それが膝裏でさらに総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。   そしてその先が足底神経へとつながっているため、 痛みを生じると腰からつま先までの広範囲に起こってしまうのです。

 

1-2. 腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板の一部が突き出る、 または飛び出して神経を圧迫することで起こる病気です。   私たちの背骨には、骨と骨とが直接こすれ合ったりぶつかったりしないように、 間にクッションの役割をする椎間板というものがあります。   その椎間板の中身の髄核が、何らかの原因によって押し出されてしまうのです。 それが神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こします。 椎間板は一カ所ではないので、たとえ手術をしても、 また別の所が同じ状態に陥ってしまうという危険があります。

 

1-3. 腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症とは、骨の老化などの原因によって、 神経を通す脊柱管が狭まり、痛みやしびれを生じる病気です。   脊柱管にある髄帯が厚くなったり、 骨が変形によりまるで棘のようにとがったりすることによっても脊柱管が狭まります。 部位によって圧迫する神経が少し変わってくるのですが、 どちらにしても、動くと痛みやしびれが生じやすく、 じっとしていると痛みが治まってしまう、という特徴的な症状が表れます。

 

  1. なぜ腰から足にかけての広範囲が痛むのか

 

先ほどご説明したように、坐骨神経は腰から足の先まで伸びている神経です。 これがどこかで圧迫されることにより痛みやしびれが起こりますが、 これは人によって痛みの度合いや痛む場所が異なるので、実は発見が遅れがちなのです。 坐骨神経は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症によって引き起こされることもありますが、 その他にも実は筋肉自体が固まってしまい、 柔軟性を失っているために痛む、という場合もあるのです

 

腰痛の種類

2-1.加齢による骨の変形

腰部脊柱管狭窄症のように、加齢によって骨の変形が見られ、 それが直接神経を圧迫して痛みを引き起こすことがあります。これは生まれつき、 という場合もありますが、腰に負担がかかるスポーツをしていたり、 常に腰回りを曲げたりひねったりするような動きをしていた、 という場合にも起こりやすくなります。ストレッチによって緩和されますが、 根本的な解決にはなりにくいのがネックです。

 

2-2.筋肉が固まっている

腰から足にかけて痛む場合、両側が痛いという人よりも、 左右どちらか半身に痛みを感じる人が多いです。   これは、もともとどちらかに体重をかける癖などがあり、 負荷がかかっていた側の筋肉が固くなってしまったことが引き金になります。 固まっている筋肉はちょっとした刺激で痛みやすく、一度痛めてしまうと、 ぎっくり腰と同じで、ちょっと動いただけで鋭い痛みを感じるようになってしまいます。

 

  1. なぜ筋肉が固まってしまうのか

 

スクリーンショット 2017-04-27 9.56.45

 

筋肉の柔軟性が失われる原因の主なものとしては、慢性疲労が挙げられます。 いつも負荷がかかり、筋肉がきちんと伸ばされることが少なかったり、 本来あるべき場所になかったりすると、常に筋肉が引っ張られ、 そのせいで固くなり、周囲の神経を圧迫するようになるのです。

 

3-1.骨盤や骨のゆがみがあり、常に負荷がかかっている

私たちの体の中心には骨盤があり、その上下に主な骨が伸びています。 基本的に左右対称になっているのですが、右利き、左利きという言葉があるように、 私たちは知らず知らずのうちにどちらかに負担を多くかけがちなのです。   そうすることで、徐々に正しい位置にあったはずの骨盤や骨がゆがんでしまいます。   どれかがゆがむと、そのバランスをとるために別の部分にも支障が出ます。 そして、ゆがんだ骨格に筋肉が引っ張られるので、常にねじれたり伸ばされたりした状態になります。 ずっと伸ばされたゴムが固くなってしまうのと同じで、筋肉も固まってしまうのです。 もしマッサージなどでほぐしたとしても、それはその場しのぎにしかなりません。

 

3-2.ストレッチを行っていなかった

スポーツをする時、最後にしっかり使った筋肉の伸ばすためのストレッチを行うと思います。 これをやらないと、筋肉がどんどん固まってしまうのです。 このストレッチはスポーツ後だけで良い、というわけではありません。   というのも、私たちの体の筋肉には常に負荷がかかっているからです。 知らないうちに筋肉が疲労しているのをそのまま放置することで、 筋肉はその部分だけが鍛えられ、どんどん固くなっていきます。   この症状は、強いマッサージでも起こることがあります。 本来、一日の終わりにはしっかり凝り固まった筋肉をのばしてやることが必要で、 それを行わないことにより、日々筋肉に疲労がたまり、固くなっていくのです。

 

  1. なぜ坐骨神経痛が起こるのか

 

坐骨神経痛の症状

 

 

腰から足にかけての広範囲の痛み、しびれを診察してもらうと、 坐骨神経が絡んでいることが多々あります。   この坐骨神経痛は、ヘルニアなど骨のトラブルに関係することもありますが、 固まりやすくなった筋肉が原因でもあります。

 

体のゆがみによっておかしな方向に引っ張られたままになった筋肉がどんどん柔軟性を失う、 というお話をしましたが、その際に神経も巻き込まれます。   特に坐骨神経は大きくて広範囲にわたったものなので、 体にゆがみが生じると引っ張られやすくなります。

 

そのために痛みやしびれが起こるのです。   そのため、ヘルニアを解消しても坐骨神経痛が残ったり、 他には悪いところがないのに坐骨神経痛で悩む、という人が出てくるのです。

 

坐骨神経痛になったらどうすればいいの?

 

腰から足へかけて痛む。
坐骨神経痛かも?そうなった時にどう対処したらいいのか
悩みますよね。

 

もちろん、痛みが強ければすぐに医療機関に行くことをお勧めしますが
そこまでの痛みではないし、自分でなんとかできるのであればしたい!

 

日々忙しくされているとそんな風に考えますよね。

 

ここでは自宅でできる基本的なセルフケアをお伝えします。

 

体勢によって腰痛が和らぐ場所があることが多いです。
和らぐ姿勢で多い体制は以下の2つになります。ぜひ試してくださいね!

 

・上むき

 

通常腰の痛みがある人は上むきが辛いです。
でもこの体制だと楽に過ごせる場合があります。

 

横から見た時に
股関節が90度・膝が90度に曲がってる状態。
この状態で安静にしていると痛みが和らいで行くケースがあります。

上むき

 

・横向き

 

左と右楽な体制を見つけてその状況で楽にしておく。
自分の痛みが和らぐポジションをぜひ見つけてください。

 

横向き

 

この体勢を取ることで骨格や筋肉のバランスを整えていきます。

 

  1. 腰から足に欠けて痛いという症状を軽減するには

 

 

お尻が痛い

 

腰から足にかけて痛いということは、脊椎部分にトラブルが起こっているか、 筋肉が固まってしまっているかです。対処法としては、ストレッチを行う、 病院で手術をしてもらう、痛みどめを処方してもらう、整体院に通うなどがあります。

 

5-1.ストレッチをする

脊柱管狭窄症でもヘルニアでも、筋肉が固まってしまった状態でも、 どれでも効果を発揮してくれるのがストレッチです。   腰から足にかけて痛む場合には、あおむけに寝転がって膝を両手で抱え、 ゆっくり両膝を胸に引き寄せる、というものが一番多く知られています。   あくまでもゆっくり行うことが大切です。   もちろん、他にも効果のあるストレッチはたくさんありますので、 病院の先生や整体師さんに聞いてみましょう。やり方についても丁寧に指導をしてくれるはずです。

 

5-2.手術

腰椎椎間板ヘルニアが痛みの原因になっていると手術を勧められることがありますが、 椎間板は1つではないので、 その部分の手術をしてもまた別の部分が同じようになる可能性もあります。 手術をしたからと言って100%治るわけではないというのが悩ましいところです。

 

5-3.痛みどめをもらう

痛みどめを飲めば、確かに一時的に軽減し、 治ったような気分になりますが、逆に無理をしてさらに神経を傷めてしまうこともあります。 痛みどめを飲みながら、原因を取り除く方法を併用したり、 ストレッチを丁寧にしたりすることで初めて効果を発揮する、と言っても良いでしょう。

 

5-4.整体や治療院に行く

手術しかありません、と言われるような状態でも、 筋肉のこわばりをとっていくことによって驚くほど改善していくことがあります。 坐骨神経を圧迫している筋肉を正しい位置に戻すには、 ゆがんだ骨盤を正しい位置に戻す必要があります。それができるのはやはり整体です。 しかし、整体によってはマッサージのみ、というようなところもあるので、 矯正を行ってくれるところを事前に確認していくと安心です。

 

  1. まとめ

 

腰から足にかけて痛いのは坐骨神経の問題。 そしてその坐骨神経を圧迫する根本的な原因は、筋肉疲労や柔軟性の欠如です。 それを引き起こしてしまう体のゆがみを解消していけば、 手術に頼らなくても痛みを解消することができるようになります。     これらの問題をしっかり解決する場所はこちらになります。 腰から足へかけての痛みが改善するとしたら→http://yuzukuri.com

 

 

 

 

腰を前に曲げると痛い原因を知っていますか?

腰を前に曲げると痛い原因を知っていますか?

 

腰を曲げると痛む。例えば、物を拾おうと体を前に曲げる。

あぐらをかいたまま、前に手を伸ばす。

中腰になる。

靴やパンツ類を履こうとする。

普段の何気ない動作で痛みが走る。

 

 

とにかく腰を前に曲げることが出来ず、生活に支障をきたすというお悩みを持つ方は結構多いです。

 

病院に行ってもマッサージをしても思うように改善されず、

「ヘルニアですね、手術をした方がいいですよ」と言われ、そうなのかと悩んでしまう・・・。

 

 

前に曲げると腰が痛いその原因がしっかりご自分で把握できているでしょうか。

ここにはいろんな原因が絡んでくることが多いのです。

ここでは、なぜ腰を前に曲げると痛むのか、

その改善のための方法についてもお話をしていきたいと思います。

 

  1. なぜ腰を曲げると痛みが起こるのか

 

腰を前に曲げると痛む原因は1つではありません。深くかかわってくるのは、椎間板ももちろんですが、その周囲の筋肉です。骨折やヒビなど、レントゲン撮影をしても特に気になる所がないのに痛みが続くのであれば、筋肉が影響している部分が多いのではないかと予測されます。腰を曲げた時に使われる筋肉は、広背筋、脊柱起立筋などの腰の筋肉、大殿筋、中殿筋のようなお尻の筋肉、そして意外かもしれませんが、ハムストリングのような足の後ろ側の筋肉になります。

 

1-1.広背筋とは

広背筋(こうはいきん)とは、背中の表層にある大きな筋肉で、背中から包み込むような形に広がっています。この筋肉を鍛えるだけで姿勢も良くなるし、背筋が伸びるので疲れにくくなり、肩こりなども緩和すると言われています。とても鍛えやすく、結果が出やすいのでついついハードに鍛えることだけに集中してしまい、ストレッチなどのアフターケアを怠ると、大きな筋肉ゆえに、疲労もとてもたまりやすく、柔軟性を失いやすいという面もあります。背中全体に広がっているので、柔軟性がなくなれば腰を前に曲げにくくなり、無理に曲げると痛みを引き起こすようになります。

 

1-2. 脊柱起立筋とは

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)とは、背骨に沿うように走っている頚腸肋筋など9つある筋肉をまとめて言ったものです。骨盤から首まで通っている背骨の横にあり、姿勢を維持するために欠かせないものとなっています。腰痛がある時にセキをしたりすると痛みがひどくなることがありますが、それはこの脊柱起立筋が急激に収縮を起こすからなのです。

 

1-3. 大殿筋

大殿筋(だいでんきん)とは、お尻の部分を大きくカバーしている筋肉です。足を動かすための原動力になるのはもちろんですが、骨盤を土台とした、上半身の骨格が傾きすぎないように支える働きもあります。脊柱起立筋の中の腸腰筋と深く関わっており、このバランスが崩れると、歩行や日常の姿勢に影響を与えます。ここが弱ると老化現象が起こりやすくもなります。

 

  1. なぜ腰が痛むのか

 

腰を前に曲げると痛みを感じる原因は、大半が椎間板ヘルニアである、と言われます。しかし、それだけではなく、全体的な筋肉の負担が大きくなり、そのせいで柔軟性をなくしているということも原因になるのです。

 

2-1.椎間板ヘルニア

私たちの体の中にある腰椎の間には、骨と骨が直接ぶつからないように、クッション材が入っています。これが椎間板と呼ばれるものです。そしてその中には固めのゼリー状の髄核が入っています。腰を前後左右に曲げると、骨の間にある椎間板は当然クッション材として潰れる側と伸びる側が出ます。その中で、髄核が前後左右に動くわけですが、これが過度に繰り返されることによって、髄核が椎間板から飛び出してしまい、それが神経を圧迫するため、腰が痛くなると言われます。前に曲げると痛いのは、髄核が後ろ側に飛び出し、神経を圧迫しているためと考えられます。

 

2-2.筋肉が柔軟性を失っている

腰を曲げるという動作にはいろいろな筋肉の動きが伴います。普段から腰をかがめることが多かったり、ちょっとした荷物を持つことが多かったりすると、腰や背中、そして足の筋肉に総合的に負担がかかり、筋肉が固まって柔軟性を失ってしまうのです。そのため、曲げる動作に筋肉がついていかず、引っ張られて痛みを感じるのです。

 

  1. 筋肉が柔軟性を失う理由

 

筋肉に柔軟性がなくなる原因はいろいろです。よくあるものとして、上半身が骨盤にきちんと乗っていない、日常的に負担をかける動きをしていて、疲労が抜ける暇がないことなどが挙げられます。

 

3-1. 上半身が骨盤にきちんと乗っていない

私たちの体の中心は、骨盤です。家の土台と同じです。ここがしっかりしていれば、その上に立つ家(上半身)はきちんと支えることができ、正しい姿勢を保つこともできます。しかし、土台がゆがめばその上に立つものも当然ゆがみます。背骨がゆがめば、その周囲の筋肉にも負担がかかりますし、そもそも正しい位置に骨がないため、腰を曲げる時に余計な部分に負担がかかってしまうのです。マッサージやシップで痛みのケアをしても、根本的な改善が見られなければ何度でもぶり返します。

 

3-2. 日常的に負担をかける動きをしていて、疲労が抜ける暇がない

仕事や日常生活などで筋肉に常に負担がかかっている。けれど、それをゆっくり改善させる暇がなくてそのまま放置してしまう。スポーツ選手などは、ストレッチに余念がないですが、日常の動きで負担がかかっていてもそれをケアしようとはなかなか思いません。スポーツ並みに負担がかかるのに、そのままにするのでその部分は筋肉が固まり、その結果血行不良などに陥りやすくなります。普段の動きと、それに対する意識を改善していかないと、例えば骨盤を整えたりしてもすぐにまた痛みがやってくるようになります。

 

  1. なぜ骨盤や骨格のゆがみが起こるのか。

 

骨盤や骨格のゆがみと筋肉疲労は切っても切れない関係にあります。骨格がゆがむから、それに周囲の筋肉が引っ張られて日常的に疲労し、痛みを感じる、ということもありますし、逆に大きな筋肉が疲労し、固まってしまうことにより、骨が引っ張られてゆがむ、ということも起こります。ですから、効率的に痛みを取り除こうと思えば、骨盤、骨格矯正と、筋肉疲労を起こす普段の動きの改善を同時に行っていく必要があります。

 

  1. 腰を前に曲げると痛むという症状を軽減するには

腰を前に曲げると痛むのは、その周囲の筋肉が固まっているということです。その対処法としては、ストレッチを念入りに行って柔軟性を取り戻す、病院で痛みどめや湿布薬を処方してもらう、ゆがんだ骨盤や骨格を整える、という方法があげられます。

 

5-1.ストレッチをする

腰を前に曲げるという動作には、腰以外の多くの筋肉が関わります。特に、広背筋などは大きな筋肉ですから、これをストレッチすることでもかなり変わりますし、大殿筋も柔らかくしておくと、腰周辺の筋肉にかかる負担を軽減することができます。体力増進のために鍛えやすい部分ですので、鍛え方がネットにも多くあります。同時にストレッチの方法もたくさん掲載されていますので、それらを参考にするのもいいですし、整形外科などの先生や治療院の先生などに指導をしてもらうのもお勧めです。

 

5-2.痛みどめや湿布

整形外科等に行けば、痛みどめや湿布を処方してくれます。しかし、どれも根本的な改善にはならないのがネックです。これだけに頼るのではなく、他の方法と抱き合わせて使う分には良いと思います。痛みどめも長く飲み続けると効果も薄れますし、痛みがない分油断して動いてしまい、後になってさらに痛む、という危険性もあるので、注意が必要です。

 

5-3.骨格や骨盤のゆがみを整える

病院に行くとヘルニアと診断され、手術を勧めらることも多いですが、手術をしても完治した、という声は意外に多くありません。それよりもまず、体のゆがみを正し、周囲の筋肉を正しい位置に戻してあげることで様子を見ていく方が体への負担も軽くなります。整体等に行くと、ゆがみを整えるだけではなく、生活に置いての改善点の指導なども受けられるので、再発しにくいと言われます。

 

  1. まとめ

腰を前に曲げると痛い原因はいろいろですが、筋肉疲労による柔軟性の喪失が一番可能性として高くなっています。これを改善するためには、普段からストレッチを心がけること、そして、それを引き起こす体のゆがみを改善すること、ゆがみのもとになる生活習慣を改善することが必要になります。

 

 

 

ゆずクリニカルルーム

住所: 〒595-0802 大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21
交通: 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)
電話番号:0725-30-6521  受付時間:10時〜18時【不定休】

 

Copyright © 2014 ゆずクリニカルルーム. All Rights Reserved.  |  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。