大阪の岸和田・和泉市・泉大津市で腰痛専門の整体院

〒595-0802 大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21

 

学生時代サッカーで大きなケガをし、病院に行ったにも関わらず改善することがなかった。 この経験から、患者様と真剣に向き合い自分で最高の技術を生み出そうと考え、色々なセミナーに参加した結果、体のバランスを根本から整える腰痛改善率91.7%(※2014年9月末現在)を誇る独自の施術法「M&M骨盤療法」を生み出した。
この手法が患者様からとても好評で、H26年10月現在191件以上のお喜びの声を頂き、各種メディアが取り上げ話題になっている。

久米田駅×医療その他部門
久米田駅×整形外科部門
2014年05月時点


ランキング掲載店

〒595-0802 
大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21

・忠岡町のさつき通り沿い高月南3丁目交差点すぐ
・忠岡駅より車で9分 / 和泉府中駅より車で10分 / 久米田駅より車で10分(駐車場あり)

Archive for 9月, 2015

腰痛とふくらはぎのしびれが合わさってませんか?【岸和田の整体】

腰からふくらはぎにかけてしびれや痛みが出る

 

坐骨神経痛の症状

 

腰痛は今や国民病と言われ、全体の80%が一度は経験済みと言われるもの。

 

「ああ、昨日重たい荷物を持ちすぎたな」とか「ちょっと運動しすぎたな、年を取ったな~」というような、
日常少し無理をしたという時に起こることがよくあります。

 

しかし、それがいつの間にか慢性化し、何しても痛い、
ただじっとしていても痛いという状態になるとさすがに笑っていられません。

 

加えて、お尻や足にまで痛みやしびれが出るようになってしまったら。

 

もちろん、病院に通う人も多いでしょうが、なかなか改善されずお悩みの方もとても多いように思います。
果たして、腰からふくらはぎにかけてしびれや痛みが出る、という症状が起こる原因は何なのでしょうか。
それへの対応法はあるのでしょうか。

 

  1. なぜ腰からふくらはぎにかけてしびれや痛みが出るのか

 

  腰が痛いだけではなく、お尻やふくらはぎまで痛む、しびれが出る。
その原因はいくつか考えることができます。腰が痛いのは筋肉の問題から骨格の問題まで幅広く考えられます。

 

そして、それが下半身に広がるということは、筋肉のほか、神経などの影響も考えられるのです。

 

この全体に関わるものとして挙げられるのが、神経ならば坐骨神経、
筋肉ならば大腰筋、 そして骨格ならば、椎間板です。

 

全部が別々だけれど、どれも腰痛、そしてしびれに深く関係しているのです

 

スクリーンショット 2017-10-03 12.26.44

 

1-1.坐骨神経とは

坐骨神経は、人体の中で最も太くて長い末梢神経で、腰からつま先まで広い範囲を覆っています。
この坐骨神経が何らかの原因により圧迫などの刺激を受けると、
腰やお尻、太もも、ふくらはぎからつま先まで、鋭い痛み、
または電気が走ったようなビリビリとした刺激を感じることがあります。

 

範囲が広いため、痛みやしびれによって日常生活に支障をきたすことも多くなります。

1-2. 大腰筋とは

大腰筋とは、腰周辺にある筋肉の中で、腸骨筋や小腰筋などの「腸腰筋」と呼ばれている筋肉のうちの1つで、
坐骨神経同様、最も長く、そして腰周辺において体をまっすぐ保つ働きをするものです。

 

大きな筋肉なので鍛えやすく、ここを来るとおなか周りに劇的な効果が出ると言われるため、
鍛えようとする人がとても多い部分になります。

1-3. 椎間板とは

椎間板とは、背骨を構成する24個の椎骨同士の間にある、クッションのような働きをする軟骨です。
骨同士がすれて痛んだりしないようにしてくれています。
クッションと言っても、ただ柔らかいだけではなく、簡単につぶれないように、
周辺に固い部分(繊維輪)があり、中心部(髄核)を守っています。

 

しかし、あまりに骨同士がぶつかるような刺激が増えると、この椎間板が圧迫され、
まんじゅうのあんこが飛び出してしまうような状態になることがあります。
これが一般的に「椎間板ヘルニア」と呼ばれる状態となります。

 

  1. なぜ腰にしびれ、痛みが出るのか

 

  腰にしびれや痛みが出る原因は、今ご紹介した3つのどれかが関わっていることが多いように思います。
つまり、坐骨神経痛、そして大腰筋のトラブル、椎間板ヘルニアとなります。
病院に行くと、大半の場合、坐骨神経痛と椎間板ヘルニアのコラボが疑われます。

症状について

 

2-1.坐骨神経痛

 

実は、坐骨神経痛の原因としてよくあるのが、椎間板ヘルニアなのです。
若いうちは特に多く、年齢を重ねてくると、腰部脊柱管狭窄も原因として挙げられてきます。

 

腰の部分に起こる何らかの異常によって坐骨神経が圧迫され、
それが原因で腰から下半身にかけてしびれや痛みが起こります。

 

この異常が、椎間板ヘルニアであることも多いですが、筋肉が固くなってしまい、 神経を圧迫していることもあります。

 

2-2.大腰筋トラブル

大腰筋は、大きな筋肉ですから、鍛えすぎると固くなりやすいです。
腰痛は大腰筋が弱ると起こりやすくなる、とよく言われますが、
実は鍛えるだけでストレッチを怠りやすい部位でもあります。

 

そうすると、固まった筋肉が神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こすのですが、
レントゲンなどを撮っても分からないため、原因不明とされたり、
同時に見つかる事が多い椎間板ヘルニアと診断されたりします。

2-3.椎間板ヘルニア

 

椎間板が骨と骨との間から飛び出し、それが神経を圧迫することで痛みやしびれが起こると言われます。
しかし、実際にはこの椎間板は柔らかいグミのようなもので、神経はもう少し固さがあり、
刺激するというのは困難であることが言われています。

 

実際、高齢の方の大半にはヘルニアが見られますが、皆が皆痛みを感じることがない、ということも言われています。

 

  1. 大腰筋がトラブルを起こす原因は

 

  大腰筋のような大きな筋肉が固くなったりというトラブルを起こす原因は1つではありません。
筋肉が弱っている、筋肉の柔軟性がなくなっている、姿勢が悪いため負担が大きい、などが挙げられます。

3-1.筋肉が弱っている

 

大腰筋は鍛えないと弱ります。そして、弱ると背骨を引っ張る力が弱くなり、 腰痛や猫背などが起こりやすくなると言われます。   しかし、大腰筋がしっかり鍛えられていても腰痛が起こるのは、 体を鍛えに鍛えたアスリートでも悩まされることで証明済みです。

3-2.筋肉の柔軟性がなくなっている

 

筋肉は、鍛えれば鍛えるほど強くなります。 しかし、鍛えるだけではなく、きちんとその後のクールダウンやストレッチを行わないため、 ただ発達して固くなります。   固くなると、筋肉の柔軟性がなくなるので、筋肉が縮んだままになってしまうことがあります。
それが周囲の骨を引っ張り、体をゆがませ、姿勢を悪くして腰痛を悪化させてしまう原因となります。

3-3.姿勢が悪いため、かかる負担が大きすぎる

 

普段から姿勢が悪いと、特定の筋肉に負担がかかりやすくなります。 しかし、姿勢が悪いから負担が大きくなる他、筋肉に妙な負荷がかかってトラブルを起こしているから、 それに骨が引っ張られて姿勢が悪くなる、ということもあります。

 

  1. なぜ姿勢が悪くなるのか。

 

  体のゆがみは、日常生活の癖でも起こります。片方だけに体重をかけていたりすることもありますが、
腰周辺の場合は、大腰筋が固くなって縮んだままになり、 それが骨盤や股関節を無理に引っ張ったまま固定してしまうので、
ゆがみが起こりやすくなっています。

 

つまり、大腰筋が縮んだ状態を解除してやり、
元の長さに戻してあげることで姿勢の悪さはかなり軽減すると言われています。

5.腰からふくらはぎにかけてのしびれや痛みから解放されるには

 

腰からふくらはぎにかけてしびれたり、痛んだりする原因は、
そこに通っている坐骨神経を、 柔軟性を失った筋肉が引っ張ることや、
体のゆがみによって引っ張られたりすることです。

 

対処法としては、マッサージなどのリハビリを行う、病院で注射や薬物を処方してもらう、
整体や治療院に通うなどが一般的です。

5-1.リハビリする

 

病院でマッサージを行ったり、温熱療法や電気治療などのリハビリを行うのが比較的楽で安全です。
しかし、何が原因で痛みやしびれが起こっているのかがきちんと分かっていないと、
思うような結果が出ないことがあります。

5-2.薬や注射

 

痛みやしびれの原因となりやすい坐骨神経は、大きな神経ですから、
ブロック注射を打ったり、 痛みどめをもらったりするというのが有効です。

しかし、どちらも一時的なものであり、根本的な解決を見るには至りません。
痛みがない分、逆に無理をして、痛みどめが切れたら最初よりも痛い、ということにもなりかねません。

5-3.整体や治療院に行く

 

原因不明と言われるようなしびれや痛みが、整体や治療院で治ることもあります。
人間の体について深く学んだ先生がいれば、驚くほどに改善させることができます。

 

雑誌や広告でも見られますし、口コミで探してみるのもいいでしょう。
同じような症状を持つ人の声が掲載されているところを探すと、目的に一致しやすいです。

 

  1. まとめ

 

腰からふくらはぎにかけてしびれや痛みが出る原因は、坐骨神経であり、
その周囲の筋肉です。 この筋肉のトラブルを起こすのは、筋肉のストレッチ不足や姿勢の悪さです。
それらを改善していくことで、痛みやしびれといった不快な症状を解消することができます。

 

 

膝の変形や痛みの原因とは?

膝に痛みが起こるその訳とは?

 

膝に激痛が走る、とか、痛みがひどすぎて立てないというわけでもない。

 

でも、通常とは明らかに違う感じ。

 

まさに「違和感がある」という状態になっている。

 

 

痛みもガマンできないほどではないけれど、ある。

激痛だったり、日常の生活に支障をきたすほどならば病院に行くのだけれど、

はたしてこれで診察に行っても病名が出るのだろうか。

 

実際、膝の違和感で病院に行っても原因不明として終わることもしばしばあります。

 

原因が分からなくても、違和感は残る。痛みはある。そんな時はどうしたらいいのでしょうか。

こちらでは、膝の違和感や痛みが生じる原因とその対処法について述べていきたいと思います。

 

1. なぜ膝に違和感や痛みが生じるのか

 

膝の違和感や痛みが生じる原因はいろいろあります。

定期的にスポーツをしていて違和感や痛みが出ているということもありますが、

逆に運動不足から来ていることもあります。

 

普段の姿勢の悪さなども原因となりうるようです。

 

その症状としては、曲げると痛い、伸ばすと痛い、などが多いですが、

まるで膝が取れてしまいそうだ、と感じる、という方もいらっしゃいます。

 

どこの何が原因で痛みや違和感が起こるのか、と細かく分析していくと、

膝関節の変形を引き起こす変形性膝関節症や、膝の半月板損傷にたどり着きます。

 

1-1.変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は、日常の動作やスポーツ時などに膝にかかる衝撃を吸収するクッションのような役割を果たしている関節の軟骨組織がすり減ってしまい、直接骨と骨がぶつかったりするようになって痛みを生じる、というものです。

 

通常、膝の関節は太ももの骨である大腿骨と、膝下の骨である腓骨とがぶつからないように頑張ってくれているのですが、

軟骨の働きが低下すると直接膝周辺の組織にダメージを受けることが多くなっています。

膝に痛みを感じる、という場合には大半がこの変形性膝関節症と診断されます。

特に40代以上の女性に多いのですが、もちろんスポーツを続けてきた人にも多く発症しています。

 

1-2. 半月板損傷とは

半月板は、大腿骨と脛骨の内側と外側の関節の隙間にある三日月型の組織です。

この半月板があるからこそ、関節の安定性が上がり、荷重を吸収・分散させることができるのです。

 

しかし、ここに負荷がかかりすぎることによって損傷することがあります。

特に内側はスポーツによる損傷が多く見られます。半月板に入った亀裂が大きくなると、

ロッキングして動かしにくくなってしまったり、水がたまったりするようになります。

 

2.なぜ膝の関節の変形や損傷が起こってしまうのか

膝の関節の変形や損傷が起こる原因はいろいろありますが、

長時間足の筋肉を酷使するような仕事やスポーツを行うこと、

日々、気付かないうちにどちらか片方に体重が乗っているなど、慢性的にどちらかに荷重がかかっているために、

そちらの膝に負担がかかっているということなどがあります。

 

2-1.長時間の膝や筋肉の酷使

仕事柄、長い時間立ったままになっている。長時間スポーツをしている。

体を動かしていると、その動きによって下半身の筋力が強化され、本来ならば膝への負担が減るところです。

 

しかし、筋力が鍛えられると同時に、その分の疲労もたまっていきます。

 

そこでしっかりケアをすればいいのですが、忙しいとついついほったらかしになりがちです。

そしてまた同じように仕事をしたりスポーツをしたりするので、

膝への負担が大きくなり、膝を傷めたり、膝の違和感を増大したりする原因になります。

 

2-2.負荷の偏り

これは日ごろの姿勢によるものが多いです。いつの間にか重心が片側に常にかかっているという状態になると、

それだけ膝に負担がかかります。重心が常に寄っていると、骨盤や背骨など、骨にもずれを生じるようになります。

 

そうすると、筋肉や腱の位置がおかしくなってしまい、膝の周辺の筋肉や、

太もも、ふくらはぎなどの筋肉の痛みが強くなることがあります。

それをかばおうとしてもっと膝に負担がかかるということが起こります。

 

3.なぜ疲労が抜けにくくなってしまうのか

筋肉に負荷をかけると、疲労がたまります。

それは乳酸などの疲労物質がうまく排出できないからなのですが、その排出できない原因もまた別にあるのです。

運動後にきちんとケアを行わないために筋肉が固まってしまっていたり、

冷えによって血行が悪くなっていたりというものが主になります。

 

3-1.筋肉が固まってしまっている

 

筋肉は、鍛えれば強く、固くなります。それは、運動によって損傷した部分を体が修復するからです。

その時に、筋肉のストレッチをせず、ただただ鍛えていると、

その部分は損傷、修復を繰り返してどんどん柔軟性のないものになります。

 

そうなると、血行も悪くなり、リンパの流れなども悪化します。

そうするとますます筋肉内に栄養がいきわたらなくなり、疲労物質はたまるばかり、

筋肉は固くなるばかり、となってしまいます。加えて骨盤のゆがみなどがあると、

そこに筋肉がひっぱられてさらに固まりやすくなります。

骨盤のゆがみが入っていると、マッサージやストレッチだけでは解決しにくくなります。

 

3-2.冷えによって血行が悪くなっている

筋肉がしっかりついてくると、冷えは解消してきます。

しかし、運動を始めたばかりだったり、しばらく運動を休んでいたり。

または加齢により、筋肉が衰えてきたりすると、筋肉不足によって体に冷えが生じやすくなります。

 

筋肉量が少ないと熱量の生産もしにくいため、体が温まりにくくなるのです。

冷えると血行が悪くなりますので、筋肉にたまっている疲労物質がうまく流れませんし、

また、血液に含まれる酸素や栄養も取り入れにくくなりますので、さらに熱量が下がり、

冷えるという悪循環に陥ります。これは骨盤のゆがみによっても起こりやすくなります。

 

4.なぜ骨盤がゆがむのか

骨盤がゆがむと、血行が悪くなったり、筋肉が引っ張られて固くなったりします。

そして、その骨盤のゆがみは全身に影響していきます。

 

ゆがみが出ると即痛みが出るのか、というとそうではなく、個人差がかなりあります。

 

しかし、一般的にゆがみがあると、どうしても体の要となる関節や、筋肉が交差する部分、

腱などに痛みや違和感を感じやすくなってしまうのです。

 

このゆがみが生じる理由は、日々の生活にもありますが、

筋肉が固くなったことによって骨が引っ張られてゆがむ、という場合もあるのです。

ですから、筋肉を柔らかくしつつ、骨盤のゆがみを正していくと一番膝の違和感を取り除く効果が高いのです。

 

5.膝の痛みや違和感を解消するには

膝の痛みや違和感がある、ということは、その周辺に負荷がかかりすぎている、ということです。

その負荷を軽減するためによく病院で言われるのは、痩せなさい、ということ。

そして痛みどめや湿布の処方がなされます。その他にも違和感を解消するために体のゆがみを解消する整体に通うなどがあります。

 

5-1.痩せて負荷を軽くする

膝が痛い、違和感がある、というとよく「減量しなさい」とアドバイスされる、ということを耳にします。

確かに、膝には体重の3倍ほどの負荷がかかると言われています。痩せればその分減るでしょう。

 

しかし、ただ体重を落とそうとすると筋肉まで落ちてしまう恐れがあります。

 

そうなると、せっかく体重が減っても膝にかかる負荷は変わらない、

または今まで以上になってしまうため、一概に痩せればよい、とも言えないのが現実です。

 

5-2.痛みどめや湿布

膝に腫れが見られたり、多少の痛みがあると、原因がよく分からない場合には痛みどめや湿布が処方されることが多いです。

しかし、一時的な改善がみられるだけで、根本的な原因を解消することはできません。

 

逆に痛みどめで痛みがなくなることによってまた負荷をかけてしまい、

気付いたらもっと痛みや違和感がひどくなっていた、ということもあります。

 

5-3.ゆがみを治しに整体に行く

体のゆがみは、膝などの体の動きの要になる部分に影響を及ぼします。

骨盤や骨のゆがみを取り除いていくことにより、膝への負担が軽くなりますし、

違和感を引き起こす筋肉のこわばりなども軽減してきます。

 

両方がともに解消することによって、骨や筋肉が正しい位置に戻るので、膝の違和感や痛みも解消していきます。

再度骨盤がゆがまないように、細かいアドバイスをしてくれるところが理想的です。

 

6.まとめ

膝の痛みや違和感は、膝にかかる負荷を軽減すれば解消されていきます。

そのためには、まず体を正しい状態に導くことが重要となります。

 

 

実際に当院ではこのような悩みを持つ方が

しっかり改善しています。

一度その方たちの声をお聞きください。→http://yuzukuri.com/knee/

 

 

 

ゆずクリニカルルーム

住所: 〒595-0802 大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21
交通: 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)
電話番号:0725-30-6521  受付時間:10時〜18時【不定休】

 

Copyright © 2014 ゆずクリニカルルーム. All Rights Reserved.  |  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。