大阪の岸和田・和泉市・泉大津市で腰痛専門の整体院

〒595-0802 大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21

 

学生時代サッカーで大きなケガをし、病院に行ったにも関わらず改善することがなかった。 この経験から、患者様と真剣に向き合い自分で最高の技術を生み出そうと考え、色々なセミナーに参加した結果、体のバランスを根本から整える腰痛改善率91.7%(※2014年9月末現在)を誇る独自の施術法「M&M骨盤療法」を生み出した。
この手法が患者様からとても好評で、H26年10月現在191件以上のお喜びの声を頂き、各種メディアが取り上げ話題になっている。

久米田駅×医療その他部門
久米田駅×整形外科部門
2014年05月時点


ランキング掲載店

〒595-0802 
大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21

・忠岡町のさつき通り沿い高月南3丁目交差点すぐ
・忠岡駅より車で9分 / 和泉府中駅より車で10分 / 久米田駅より車で10分(駐車場あり)

Archive for 11月, 2017

ズキズキ痛むからなんとかしたいと焦る【岸和田の整体ゆずクリニカルルーム】

家族との時間

 

あなたにとって11月はどんな月でしたか?
そして12月はどんな月にしていきますか?

 

私にとって11月は激動の1ヶ月でした。
それは・・・
重症な方が多かった!!

 

もしかしたらこの投稿を見てくれているかもしれませんが
痛みで動けない人が来られました。

 

今月は特徴として女性が多かったです!

 

もしかしたら今も
ズキズキ疼く痛みで苦しまれているかもしれません。

 

みんな焦ります。
一にでも早く!今すぐに!!

 

気持ちはとてもわかります。

 

でも焦っていいことはないんですね。

 

焦ってはいけません。
でも急ぎましょう!

 

元気になったらやりたいこと!
もしくは家族にしてあげたいこと!!
それを出来るために急ぎましょう!!!

 

私も出来る限りのサポートをさせて頂きます。

 

私が常識的な内容と違ったことを話する理由です。

 

常識が常に正しいのか?です。

 

常識は常に間違えているとも言われています。
みんなが言うているから正しいのか?
私は違うと考えています。

 

家族にする治療を提供します【岸和田の治療院ゆずクリニカルルーム】

家事が出来ないほど腰が痛い!【岸和田の整体ゆずクリニカルルーム】

このまま腰痛が悪化したらどうしようと悩んでいました

 

腰が痛い。

この症状で悩んでいる人は多い。でも人それぞれ悩みが違いますよね?

 

みんな腰の痛みをなんとかしたい!

と言われるのですが本当に解決したい問題はその先ですよね!

 

今回の女性は腰が痛いことにより家事に支障を感じられていました。

先の見えない痛みで不安だったと思います。

 

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

家事が出来なくて本当に辛かったです

34歳 和田様

数ある治療院の中でなぜ当院を選ばれましたか?

評判を聞いてきました。

通院しないという選択肢があった中でなぜ来院されましたか?

痛みをなんとしてもとりたかったからです。

どのような症状で悩まされていましたか?

前屈みになった時に鈍痛が走りました。家事で支障がでるようになり このまま悪化したらどうしようと悩んでいました。

現在その症状はどうなりましたか?

初めの痛みが嘘のようになくなりました。今では不安がありません。

当院は他の治療院とは何が違いますか?

症状がなぜ起こっているのかをわかりやすく説明してくれ、 日常生活で注意する事も具体的に教えてくれてる点です。

どのような方に当院を紹介されますか?

安いからといって保険のきく所へ通ってもずっと治らない人にオススメします。

 

家庭を元気にしてくれるのはやっぱりママですね!

奥さんが痛みで苦しんでいると家全体が暗くなってしまいますね。

 

ご自身の身体をもっと大切にしてあげてくださいね

 

家計を守っているのは女性です。

ご自身のために予算を使うなら子供のために!とか

家族のために予算を使いたいと考える女性が多いです。

 

お気持ちはとてもわかります。

 

でも家族の方はそれを望んでいるのか?

と言うと、まずはあなたに良くなってもらいたいと願っています。

 

ぜひ1日も早く腰痛の問題を解決して

快適な生活を取り戻してくださいね!

 

 

 

 

 

脊柱管狭窄症と痛みの真実〜本当に脊柱管狭窄症が問題?〜

脊柱管狭窄症の真実

脊柱管狭窄症

 

脊柱管狭窄所は60代前後に多い疾患になります。

一般的には脊柱管という背骨と背骨で構成される神経の通る道が変形して狭くなることによって痛みや痺れなどが発生すると言われています。

 

 

狭くなることにより、その脊柱管という管を走る神経が圧迫を受けて症状が出るという風に考えられているのですがはたしてそうなのでしょうか?

 

 

今回は脊柱管狭窄症で悩む方達の悩みについて取り上げていきたいと思います。

 

 

脊柱管狭窄症の症状とは?

 

 

脊柱管狭窄症といえば!という症状があります。

それは間欠性跛行と言われる症状です。

 

間欠性跛行

 

間欠性跛行とは歩いていると腰から足へかけて痛みを感じたり痺れを感じて歩けなくなります。

休憩すると症状は和らぎまた歩けるようになるのですが

最初よりも症状のでる感覚が短くなりまた休息が必要になります。

 

 

このような状況を間欠性跛行と言いいます。

 

 

実際このような症状で悩んでいる方が多いのですが

ハッキリ言いまして、60代前後で画像検査をすれば変形はあるものですし脊柱管が狭くなっているケースも多々あります。

 

画像による問題と捉えてしまうと、もう手術をするしか解決策はなくなってしまいます。でも実際は脊柱管狭窄症と言われていても手術をすることなく改善される方が数多くおられます。

 

 

画像の問題である脊柱管狭窄症と症状は関連性はあるのか?

 

脊柱管狭窄症

 

論文などによると画像の問題と症状は一致しないというデータが報告されています。だって症状のない人でも60代以上で画像診断したらなんらかの問題が見つかるんですから。

 

 

だから症状があって画像診断したら何か見つかって当然じゃないですか?

 

 

そう考えるのが普通です。では一体何がどうなって腰痛や足の痺れ痛みを感じているのでしょうか?

 

 

痛みの原因は筋肉にあります。

脊柱管狭窄症と言われている方に共通する問題が筋肉の過度の緊張です。

筋肉が緩めば症状は改善します。

 

 

これが手術をしなくても症状が改善する秘密です。

 

 

でも手術して症状が改善する人もいるやないか!という人もいますよね?

それにも理由はあります。

 

 

理由1 プラセボ効果

 

これをしたら回復するという思い込みから体が回復する。

手術というのは人体にとって最大のインパクトのある処置です。

 

 

薬でも、プラセボを鼻から目的として作られたものがあるくらいです。

プラセボ効果をあなどってはいけません。

 

6割前後の改善率だとプラセボの可能性が高いです。

 

 

理由2 麻酔で筋肉緩みます

 

 

麻酔って筋肉が一気に緩むらしいです。痛みでずーっと緊張しっぱなしの筋肉麻酔により一気に緩むことにより症状の改善がみられます。

 

理由1と似ている部分もあるかと思います。

 

 

 

脊柱管狭窄症に関係の深い筋肉とは?

 

 

ここでは脊柱管狭窄症と言われる方が問題を抱えることの多い筋肉をお伝えします。

 

 

  • 中臀筋

中臀筋の場所

骨盤についているお尻の筋肉をさします。

片足立ちをした時にしっかり体を安定させてくれる働きをするのもこの筋肉になります。

 

  • 大腿筋膜張筋〜外側広筋

 

大腿筋膜張筋

 

歩く時などに足がまっすぐ運ばれるように修正をかけてくれる筋肉になります。

外股で歩く傾向が強いとここの筋肉が硬くなりやすいです。

 

  • 下腿三頭筋

 

ふくらはぎ

 

ふくらはぎの筋肉になります。

骨盤や骨格でバランスをとれないが為に負担がかかり硬くなってしまいます。

 

 

これらの筋肉を緩めることが大切です。

方法としてはマッサージもいいでしょうし、ストレッチでもいいです。

でも多くの方がそのようんな処置ではもう緩まない状況になっていることが多いです。

 

 

次に考えないといけないのは、なぜその筋肉が硬くなってしまったのか?

そして脊柱管の変形がなぜ起こってしまったのか?

 

 

その部分をしっかり考えていく必要があります。

 

 

脊柱管は一体なんの役割をしているのでしょうか?

 

脊柱管は背骨と背骨で構成されています。

 

 

背骨の役割というのは支柱です。

体を支えるという役割を果たしてくれています。

 

 

背骨という支柱が変形を起こすということは正常とは違う軸に力がかかっており支えにくくなっているということが考えられます。

 

 

それにより、脊柱管で支えられない負担が先ほどのべた筋肉にかかって筋肉が硬くなってしまっているのです。

 

 

それにより筋肉の血行が悪化し痛みや痺れを発生させます。

 

 

え!?神経が圧迫されて症状がでるんじゃないの?

 

 

一般的には脊柱管が狭くなって神経が圧迫されて症状が出ると言われていますが、もし本当にそうなのであればなんで歩いたら痛くなるんですかね?

 

 

立っているだけでも脊柱管狭窄症は脊柱管狭窄症なので症状がでていてもおかしくありません。そして歩いて症状がでるけれど休んだら症状がおさまるっておかしいと思いませんか?休んでも脊柱管狭窄症は変わりませんよ。

 

 

この矛盾にぜひ気づいていください。

 

 

そして衝撃の真実をお伝えしまうが神経が圧迫されても痛みや痺れはでません。

これはお医者さんなら常識です。

 

 

だって学校で習いますから。

神経が圧迫されて症状が発生するとしたら麻痺が起こります。

 

 

麻痺がおこると痛みや痺れといった感覚がなくなります。

 

 

じゃあ一体何が原因で痛みや痺れを感じているの?

 

 

痛みや痺れは血流の障害によって感じます。

 

例をあげますと、心筋梗塞担った方は「胸が痛い!」とか「腕がしびれる」といった症状を訴えます。

 

これは神経が元気だから血流が悪くなった状況をしっかり認知してくれているんですね。この症状でどこの神経が圧迫されたとか言わないでしょ?

 

 

基本的に痛みや痺れは神経が元気な証拠です。

 

 

だから神経に原因を求めている限り改善することは難しいです。

 

 

脊柱管狭窄症を治すには?

 

 

まずはそもそもの問題である背骨という支柱をしっかりと安定させる必要があります。その支柱は骨盤という土台に突き刺さるように位置しているのでまずはこの土台となる骨盤を整えていく必要があります。

 

 

脊柱管狭窄症と言われた方はそうなる過ごし方をしていたので治療でなんとかするというよりも、ご自身の考え方であったりとか、過ごし方を一から見直していくことで改善していきます。

 

 

今回は脊柱管狭窄症の真実というテーマで記事を書かせていただきましたがいかがだったでしょうか?

 

 

一般的に言われている内容とは少し違った内容なので戸惑われる部分もあるももしれませんがぜひ受け入れていただき現在の症状を改善していただければ幸いです。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

脊柱間狭窄症でしたが、ここへ来て1回目で9割かそれ以上痛みがとれたことが本当に驚きでした

岡 様

当院へ来られる前はどのような腰痛でお悩みでしたか?

最初は家から歩いて100メートルくらいで左の太ももの裏・ふくらはぎが痛くなり足を引きずりながら歩く感じでした。駅の階段を降りる時に手すりを使わないといけないくらいでした。テニスをしているので筋肉痛なのか?とも思いましたが長く続くので、色々な人に相談したら手術しなあかんとか言われて、HPを調べていたら先生を見つけました。病院で腰のMRIもとりましたし、整骨院も行きました。脊柱間狭窄症と言われ血液の流れを良くする薬をもらいました。

当院で整体を受けて頂いた結果どうなりましたか?

初日で9割り方よくなりました。もう帰る時に駅の階段降りるのが痛くなかったです。ただ運動を頑張り過ぎて腰が痛くなって歩くのが大変なときがありまいた(笑)現在はテニスを月曜・火曜と一時間半、プールでジョギングを30分週に2・3回、時には土曜日にもテニスをしています。それでも全く不安なく動けています。

当院の整体と他院とではどのような点が違うと感じられますか?

他の所は過去にいくつか行きましたが、何度も通わないといけない。2ヶ月3ヶ月と毎日行っても良くなっているのかどうかわからない状態でしたが、それしか方法がわからなかったです。ここへ来て1回目で9割かそれ以上痛みがとれたことが本当に驚きでした。

現在腰痛で悩んでいる方へ何かメッセージをお願いします!

そりゃあもう、ゆずクリニカルルームに来てもらうことですね!それ以外は何も言うことがありませんね。

 

 

 

 

 

南大阪の腰痛治療ならここ!【岸和田のゆずクリニカルルーム】

南大阪を代表する腰痛治療院

 

大阪府といっても北と南では全然違った雰囲気がある。

その中でも南大阪で腰痛治療といえば真っ先に名前の上がる治療院がある。

 

南大阪で腰痛専門院としての先駆けで、南大阪に腰痛専門院を広げた第一人者のゆずクリニカルルーム。2010年の9月より腰痛患者さんを中心に整体院を開院。その人気ぶりから雑誌や書籍だけでなくテレビにも特集されるほどに。

 

ゆずクリニカルルームの実績

 

ゆずクリニカルルームには

・マッサージをしても変化を感じられない腰痛で悩む方

・病院で手術を提案されたけれど他に方法がないかと相談に来る腰痛患者さん

・もう保険の使える治療院にいっても効果を実感出来なくなった方

・仕事に復帰できなくてなんとかしないと家族を守れない人

・もうダメ元で信じるしかないから来た!という人

このような方が数多く来院されています。

 

南大阪に在住の患者さんをはじめとして、

神戸、三重県、静岡県からの来院もあるなど、様々な地域の方から連絡があります。

 

この記事を読まれているあなたは、南大阪にある腰痛治療院を探していた結果

この記事に到着したと思いますので、

ゆずクリニカルルームを選ばれる患者さんの理由をまとめてみましたので参考になればと思います。

 

理由1:何と言っても患者さんが治ったとの動画でのインタビューの数

 

整骨院や整形外科を選ぶ基準として近所かどうか?というのが当たり前の時代に

場所など関係なく実績で勝負しようと考えました。

 

なので証明として改善したらインタビューを撮ってもらい、改善するまでのストーリーを話ししてもらうようにしました。その動画を見る事で勇気付けられる方が必ずいます。

幸せの連鎖をしたいと思い動画を取り始めました。

 

理由2:腰痛専門という事で特化されているので安心できた

 

どこが自分に合うのか探している時に色々な治療院を調べたけれど、腰痛に特化しているところがゆずクリニカルルームしかなく、その後他の治療院を探していてもここがずーっと気になったので来院した。

 

理由3:強気なメッセージで自信があるんだと感じた

 

このような方は来ないでください。

であるとか、地域で圧倒的な高額設定。

こういったことが自信があると思い連絡した。と言われる方が多いです。

 

この3つの理由ですが、
今では多くの治療院が真似をしています。

 

動画のインタビューを撮影する・専門特化している・強気なメッセージ。

南大阪でも腰痛専門と謳っているところは大体ゆずクリニカルルームの真似をしています。

 

もしそのような治療院を見つけられたらぜひ内容をチェックして頂き、

ゆずクリニカルルームと似ていたらぜひ安心して頼ってみてください。

 

動画撮影をして頂いたり、腰痛専門にしたりすることは自信がないと出来ません。

実際に実現出来ていてしっかり実績も証明できているのであれば

信用してみていいと思います。

 

一番重要なポイント

 

治療は人と人とのやりとりになるので一番はその先生の第1印象が重要です。

おそらく最初はネット上で写真を見て決めると思います。

 

その時にこの人怪しいな・・・とかこの人と同じ空間にいるのは嫌だな。

とかが少しでもあれば辞めておいた方がいいですね。

 

ネット上の写真や動画があればその先生の声、仕草、そういったものを確認して決めれたらいいですね。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

医師からヘルニアで手術宣告!でも先生はする必要なしと言ってくれた。

津阪様 57歳 和泉市

当院へ来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?

とにかく腰痛から始まって左足の付け根からしびれがでて徐々に左の足の親指までしびれがでました。歩くのも辛い状態になりました。 鍼灸院、整骨院、カイロ、最後には整形外科へ通い椎間板ヘルニアと診断され手術を宣告され、悩んでいた時にこちらの整体のHPを拝見しました。

来院前はどのような不安がありましたか?

物を売られるのではないか、高額な施術費なのでそれだけかけて本間に治らなかったらどうしよう…そんな不安がありましたが、先生が満足しなかったら全額返金する!と強気なメッセージがあったので勇気をだして連絡しました。

椎間板ヘルニアで手術を勧められたのになぜしなかったのか?

手術の前に、カイロにいってました。そこの先生に注射もせずに、手術もせずにこのヘルニアからくる腰痛を治したいと言いました。そこに週に2回くらい通院して半年くらいかけて少し歩けるようになりました。でもまたどっと!腰痛がでてきました。この痛みというのは人には言えない。買い物していても痛みで冷や汗がでてきたり、救急車呼んでもらおうかなというくらいです。そんな腰痛でした。でもなんとかしたい!その時前川先生を見つけて先生にかけようと思いました。

当院で施術を受けられて現在の調子はどうでしょうか?

今は、本間に嘘みたいです。多分信じてもらえないと思うんやけど(笑)腰痛がありません。私の症状知っている人からは元気になってるやん!孫ともスキップできてる。それが一番嬉しい!

当院と他院はどんな点が違いますか?

ここは初めに生活態度を聞いてくれて良い事と悪い事をハッキリ言ってくれる。 それで先生が日常気をつける事を教えてくれて、それを行動していく。 今までは薬や注射だけでした。先生はアドバイスをしてくれて私はそれを守る。 ここでは15分くらい軽く身体を触られるだけで何でか知らないけれど良くなりました。

よく私の整体を受けたら良くなると思われていますが実際どうですか?

根本的な所。人それぞれの生活態度、歩き方や姿勢、それを守っていくことが大事。今まではそんなん教えてくれなかった、マッサージして湿布してそんな感じでしたからね。先生の言われる事を守ってきて元の身体に戻ってきました。 椎間板ヘルニアで手術と言われても改善します。

椎間板ヘルニアと診断された腰痛で悩むかたへメッセージ

騙されたと思って先生に一度会って下さい。会えば必ず明るくなります! 腰痛も本間によくなります。鍼灸院とか整骨院に週3回とか通われている方はこっちに来て!楽になるから。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

14件通院して駄目だった腰痛がたった一か月で変化した

田中様 64歳  泉大津市

来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

10年以上前から、腰痛、お尻から太もも・ふくらはぎの側面にかけての痛みとしびれ、筋肉が引きちぎられるような症状で夜も眠れずでした。

 

朝も布団から立ち上がった時に痛みで腰が伸ばせずで、 家事も満足にできませんでした。

 

病院・整形外科・整骨院・整体へ14件通院しました。

 

実は顔も三叉神経痛で悩んでいて顔を洗う事も 口を開けることもできませんでした。

耐え難い激痛で死んだ方がマシかなと思うほどでした。

当院へ来院されて現在その症状はどうですか?

初めて施術してもらった時に、こんな簡単な方法で治るのかな… と正直思いましたが、その時帰り道で曲がっていた腰が伸びて歩けている 自分にビックリしました。

今まではマッサージなどを受けてもその時はマシな気がするんですが すぐにもとに戻っていましたが、現在は腰痛はないし、 5分と歩けない自分が、友達と買い物に行って1時間以上歩いてました。

当院は他の整体院と何が違いますか?

整体自体は痛くもなしい、待ち時間ないし、毎日通わなくていいし、 それが凄い嬉しいです。整骨院へ通院しているときは 2時間かかった時もありましたから…

最後に何かひとことお願いします。

近所の岸和田で私にあう整体があるなんて… 私のように腰痛で苦しんでいる人がたくさんいてると思いますので ぜひ先生にお願いしてもらえればと思います。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

前川先生は腰痛の原因を教えてくれて、言われた通りにすると腰痛は良くなってきていますし、今ではグングンと良くなっています!

ゆみちょ 様

当院へ来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?

中学生の頃から腰痛を持っていて、その頃から長時間同じ姿勢をしていたり、激しい運動をしたら腰痛がでていました。時には、動けない程の腰痛になることもありました。

その問題を解決するためにどのような事をしてこられましたか?

腰に電気を流したり、腰を機械で伸ばしたりする施術を受けて一時的に痛みをとっていました。

当院へ来られて現在の調子はどうでしょうか?

先生に指摘された通りに生活習慣を見直していくことで、身体の歪みもなくなったと思いますし、腰痛になる頻度もだいぶ減って来ています。

当院と他の整体や病院とどんな点が違うと思われていますか?

病院ではレントゲンを見ただけで、ヘルニアと思いますが、詳しくは大きな病院で診てもらって下さい。と言われるだけで、とりあえず電気流しますか、腰を伸ばしますか、そんなとりあえずの処置ばかりでした。でも前川先生は、腰痛の原因を教えてくれて、言われた通りにすると腰痛は良くなってきていますし、今ではグングンと良くなっています!

当院はどのような方へオススメですか?

私自身電気治療とかに疑問をもっていたので、今の治療に疑問をもっている人や、生活習慣を見直す気持ちのある人。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

整形外科でヘルニアと言われていたけど3回で痛みが消えた!

藤田様 35歳 忠岡町

来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

平成23年10月頃よりお尻の左側から膝の左側面にかけて神経を直に押えられている様な痛みがあり、イスに座る事ができなかった。

仕事上、長時間運転しなければいけないので仕事にも悪影響がでていました。

当院へ来院されて現在その症状はどうですか?

毎日のように痛んでいた状態が週に1回、226日に1回と順調に減ってきました。

今はあのころの痛みはなくなり、仕事上も問題ありません。

当院は他の整体院と何が違いますか?

こちらにお世話になる前は病院へ行っていたが、椎間板ヘルニアと診断されて注射・痛みどめのみ処方されました。

最後に何かひとことお願いします。

本気で体の事を考える方には最適な先生だと思います。

 

上記の方は南大阪の方です。

言葉使いとかが南大阪の人、て感じがしますよね。

 

あの人達は治ったかもしれないけど私は重症だから・・・

 

今まで言われてきた腰痛の常識を
疑う必要があるのではないでしょうか?

 

事実、海外では日本で言われているような椎間板ヘルニアなどは腰痛の原因にはならない、

それどころか検査をしてその問題を見つける事自体無駄な事だと捉えられています。

 

あなたが画像診断を受けて重症だと感じているのであれば

注意が必要ですよ!!

 

日本では原因を発見するために画像診断を行います。

 

代表的な画像診断が「MRI」と「レントゲン」になります。

 

MRIとは

MRIとは?

主の目的として、神経や軟骨といった体の深部にある状況を検査するために行われます。

 

レントゲン

 

レントゲンとは?

主の目的は骨に対して問題がないかどうかを検査するために行われます。

 

これらの検査で神経が圧迫されていて痛みが出ていると言われて

重症だと思っているのであれば、痛みと画像とは一致しないケースが殆どです。

自分は重症だと思えば思うほど症状は悪化しますよ。

 

最後に見て頂きたい映像があります

 

 

この3名の方は南大阪在住の方です。

以前、関西テレビでゆずクリニカルルームが特集された際に

患者さんの代表として出演して頂きました。

 

その時の未公開映像です。

実際のところどうなの?と言うのを私の知らないところで

撮影されていました(笑)

 

院長前川雅治

 

 

もしあなたも腰の痛みで悩んでいるのであれば

一度連絡をいただければと思います。

 

以下のライン@からだと便利ですよ!

 

 

 

腰の痛みが治らない時に見直したい5つの原因

腰の痛みを感じると何もやる気が起きませんよね。

またその状態が3週間、1ヶ月、3ヶ月と続くような事があれば本当にストレスがたまると思います。

一言で腰痛いってしまえばそれまでですが、腰痛にも種類があります。

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった病名などがよくあげられますがそうではなく、

何がどのようになれば痛みが出るのか?

 

今回はゆずクリニカルルームに来られます85%の方に絡んでいる

原因についてお伝えしていきたいと思います。

 

原因1 腰痛に過度に怯えてしまっている

原因2 姿勢を気にしすぎている

原因3 安静にしすぎている

原因4 薬を飲みすぎている

原因5 あれやこれやとやりすぎている

 

当院に来られる方の多くは椎間板ヘルニアが、脊柱管狭窄症が・・・

とかよりも上記の5つが原因となっている事が多いです。

 

そんなことを突然言われても信用できないかもしれませんが

腰が痛くなってきたのは徐々に悪化してきて気づいた時には私生活に支障がでてきた。そこで病院へいって検査をしたら病名をつけられた。

 

このようなケースがほとんどです。

 

この場合、特に日常の過ごし方とは違ったことをしていないにもかかわらず何がどうなったら椎間板ヘルニアになったり背骨が変形したりするのでしょうか?

 

症状を感じる前からそのような状態があって、腰痛を感じて検査をしたらそのような問題があったというだけです。

 

そうはいっても信用できないですよね?

 

日本では原因を発見するために画像診断を行います。

 

代表的な画像診断が「MRI」と「レントゲン」になります。

 

MRIとは

MRIとは?

主の目的として、神経や軟骨といった体の深部にある状況を検査するために行われます。

 

レントゲン

 

レントゲンとは?

主の目的は骨に対して問題がないかどうかを検査するために行われます。

 

 

でも画像と痛みが一致しないケースがほとんどなのです。

 

極端な話でいくと、椎間板ヘルニアで手術と言われていた方が不思議と痛みが治って検査をしたら椎間板ヘルニアはそのままだった。こんなケースはよくある話です。

 

原因1 腰痛に過度に怯えてしまっている

 

 

人は目で見た情報をどうしてもインパクトがあるので信じてしまいます。

今以上に動いてしまうと画像で見た問題がより悪化して痛みが強くなるのではないかな・・・

そんな心配をしている人がたくさんいます。

 

安心してください。

 

大丈夫ですから。

まずは怯えてしまって変な体の力み具合になっているのをやめてください。

 

痛みが続いている時は呼吸が浅くなっています。

大きく息を吐き出すことを意識してみてください。

 

それだけで体のリラック度合いは大きく変わってきます。

 

原因2 姿勢を気にしすぎている

 

 

日本人は人の目を気にするので余計にかもしれませんが姿勢を気にしますね。

でも残念なことに良い姿勢とはなんなのか?

というものを知りません。

 

もしかするとあなたも良い姿勢は胸を張って背筋をピーンと伸ばした状態を良い姿勢と考えているかもしれませんね。残念ながらこれをすると余計に身体はしんどくなります。

 

良い姿勢に定義を決めましょう

 

良い姿勢とはその時に一番楽に感じる姿勢です。

この考え方が凄い大事です。痛みで普段苦しんでいるのにさらにしんどい姿勢をしていたら

いつになっても身体は楽を出来ません。

 

良い姿勢とは楽な姿勢という風に考え方を改めてください。

 

 

原因3 安静にしすぎている

 

 

身体を回復させるのに必要な材料は血液です。

血液を全身に循環させるのに必要なのは筋肉の動きです。

筋肉を動かすことにより筋肉がポンプの役割をして全身に血液を巡らせてくれます。

 

よく痛みがある内は安静にしている

 

そんな方がいますが1週間安静にして治らないのであれば

もう通常の生活に戻って行って出来る範囲で動かしていく必要があります。

 

安静は最大の害でしかありません

 

この考え方を持つだけでもあなたの身体は大きく変化していきます。

 

原因4 薬を飲みすぎている

 

薬

 

日本は世界で最も薬の消費量が多い国です。

薬さえん飲んでおけばなんとかなるという人が多いです。

 

でも残念ながら薬には症状を抑える効果があっても治すことは出来ません。

 

薬を飲んでいるから大丈夫ということはありません。

逆に長期間の服用により免疫力が弱ったり自律神経が乱れたりといった副作用があります。

 

薬は本当に便利なもので不必要なものではありませんが絶対に必要なわけでもありません。

適材適所で使用されることをおススメします。

 

 

原因5 あれやこれやとやりすぎている

 

先日もテレビで「新型腰痛」といった特集をされていましたがそういった話題が多いです。

次から次へと新しい問題を作り出してそれに対して解決策として新しいことを提案していく。

 

でもそんなことをするので痛みで悩む人は減らないんですね。

 

テレビではこんな事を言うていた!

ラジオではこんな事!

雑誌ではこれ!

 

で、結局自分自身には何がいいのかわからないわけです。

 

通院も同じです。

あそこへいったらストレッチをしなさい。こっちへいったら安静にしなさい。

人によっていう事がバラバラ・・・

 

一体何をどうしたらいいのかがわからなくなっています。

 

大事なことはあなた自身が信頼できる「人」を見つけて

その人の話だけをきくことがとても重要です。

 

他の情報はシャットアウトしてください。

 

 

腰の痛みが治らない時に見直したい5つの原因

 

についてお伝えしましたがいかがでしょうか?

この5つを見直すことにより身体はしっかりと変化をおこしていきます。

 

あなたの身体は常に治ろうとしてくれています。

でもそれを邪魔する何かがあって思うように回復していないだけです。

 

その邪魔を一つずつ排除していかれたら痛みは治っていきます。

 

 

最後に信頼出来る人の条件

 

1、あなたの話を聞いてくれるではなく傾聴してくれる

2、治るのであればあなたと同じような症例の話をきく

3、たくさん質問してもイラっとした態度を一切みせない

4、説明の時にしっかり名前を呼んでくれる

5、ダメなこともハッキリと伝えてくれる

 

このような条件を満たす方と出会われたら一度信頼してみてもいいのではないでしょうか?

 

 

 

 

家族にする治療を提供します【岸和田の治療院ゆずクリニカルルーム】

家族との時間

 

家族に出来ないことはしません

 

初めまして。

ゆずクリニカルルーム代表の前川です。

 

今日は私が日常治療院をするにあたり意識していることをお話しさせて頂きたいと思います。開業して7年になりますが開業当初からこの考えは変わっていません。

 

【自分の大切な人と同じように患者さんの対応が出来るのか】

 

自分や自分の家族にはしないけど患者さんにはする。と言った話を聞かれたことはありませんか?

 

お医者さんで抗がん剤は自分や家族には進めないけど患者さんには進めるとか。

椎間板ヘルニアの手術は進めないけど患者さんには進めるとか色々ききます。

 

もし、自分や家族がそのような処置を受けているとしたらどうか?

 

そう考えるとそんな判断は絶対にしたくないと思った。

それからは常に目の前の患者さんが家族だったらどうしていくのか?

この判断をするのかどうか、それを基準に進めている。

 

その人を診ずに決めない

 

よく、先生がカルテばかり見て自分を見てくれない。

そのような話をよくききます。

 

こっちを見てくれたと思ったら

薬を出しておきますね!」とか「様子を見ましょう」

と言われるだけでマニュアルがあるのかというような答え方。

 

痛くて苦しくて辛くて先生を頼って行っているのに

そんな素っ気ない態度で対応されたら怒りを通り越して悲しくなってしまいます。

 

常に意識しているのは自分の家族だと思って対応する。

 

だから時には本気で怒ることもあります。

本気で笑うこともあります。

 

だって家族だったらそうなりますよね?

 

綺麗事のように捉えられますが

この気持ちで患者さんと向き合うことによって多くの患者さんを笑顔にしていくことが出来ました。

 

実は父親が病院に運ばれた時に決めました

 

病院

 

 

父が49歳の時に突然倒れました。

忘れもしません。その日は私が治療技術の研修に行くために朝の5時半に家を出て駅へ向かう予定でした。

朝が早いので父に車で送ってもらう約束をしていたのですが父は体調不良で朝から嘔吐していました。

 

実はお酒が大好きで、その時もどうせまた飲みすぎたんやろ!

と怒りながら文句を言い。

妹を無理やり起こして駅まで送っていただきました。

 

無事に電車にも間に合ってホッとしていたら

妹から電話がありました。

 

内容は「お兄ちゃん!お父さんが倒れてて病院運ばれた!」

 

「もっと詳しく教えて!」

 

と言いながらも心臓がバクバクしてきました。

どれだけお酒を飲んで体調悪くても病院に一切行かない父が・・・

 

この時はまだ、深刻には考えていませんでした。

 

次の瞬間、妹が「心臓一回止まって動き出した状態・・・」

 

それを聞いた瞬間これはやばい!と思いすぐに引き返しました。

親戚と合流して病院に向かい父の場所へ行きました。

 

ベットに寝る父を見て感じたあの感覚を今でも忘れれません。

「こんなに小さかったかな・・・」

この瞬間、父の命がもう長くないのをなんとなく感じました。

 

そう感じていた時に父の説明を病院の方から受けたのですが

こちらが質問しても・・・

 

「それはわかりません」

 

もちろん、わからないのは仕方ないと思います。

でもとても冷たかったんです・・・

 

そして次の瞬間、

「もう長くないと思います。延命しますか?どうしますか?」

というようなことを聞かれました。

 

そんな経験があって、

患者さんの対応の意識が大きく変わりました。

 

私の言い方に腹がたつ人も多い

 

怒り

 

本音でぶち当たります。

最近は大人になりましたが、開業当初は平気で患者さんを断っていました。

 

「俺のいうこと守られないのであれば来なくていいですよ」

 

他にも治療院あるのでそっち行って、そんな対応をしていました。

それだけ本気で向き合っていたということで許してくださいね!

 

今では出来るだけ臨機応変に対応できるように意識しています。

でもやっぱり治す気持ちがなかったり、遅刻や予約忘れとかが続くと怒ります。

 

通院ペースが改善を早めるためにとても大切なことを知っています。

 

患者さんにはわからないですが私は知っています。

知っている私がしっかり伝えないと患者さんに不利益になります。

 

家族に出来ないことはしない!

 

椎間板ヘルニアだろうが脊柱管狭窄症だろうが手術はさせない!

痛み止めの薬でも精神薬の薬は家族には絶対にすすめない!

痛みが続いていても安静にはさせない!

 

もちろん、私は医者ではないので

引き止めることは出来ないし薬を辞めさせることは出来ません。

 

だから私が出来るのは情報提供だけです。

 

常に自分の家族だったらどうしていくのか?

何がベストなのか?

 

患者さんと一緒に考えて改善というゴールに向かってやって行きます。

 

 

最後に見て頂きたい映像があります

 

 

この3名の方は泉州在住の方です。

以前、関西テレビでゆずクリニカルルームが特集された際に

患者さんの代表として出演して頂きました。

 

その時の未公開映像です。

実際のところどうなの?と言うのを私の知らないところで

撮影されていました(笑)

 

院長前川雅治

 

このように元気になって頂いたり

喜んでもらえるのも「家族に出来ないことはしない」

その想いが少し伝わったからかと思っています。

 

もしあなたが現在、体の不調で悩んでいるのであれば

ライン@からぜひ質問ください。

 

何かお力になれたらと思います。

 

 

 

整形外科の9割が知らない【新型腰痛治療】を受けませんか?岸和田ゆずクリニカルルーム

衝撃の腰痛治療!

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

14件通院して駄目だった腰痛がたった一か月で変化した

田中様 64歳  泉大津市



来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

10年以上前から、腰痛、お尻から太もも・ふくらはぎの側面にかけての痛みとしびれ、筋肉が引きちぎられるような症状で夜も眠れずでした。

 

朝も布団から立ち上がった時に痛みで腰が伸ばせずで、
家事も満足にできませんでした。

 

病院・整形外科・整骨院・整体へ14件通院しました。

 

実は顔も三叉神経痛で悩んでいて顔を洗う事も
口を開けることもできませんでした。

耐え難い激痛で死んだ方がマシかなと思うほどでした。

当院へ来院されて現在その症状はどうですか?

初めて施術してもらった時に、こんな簡単な方法で治るのかな…
と正直思いましたが、その時帰り道で曲がっていた腰が伸びて歩けている
自分にビックリしました。

今まではマッサージなどを受けてもその時はマシな気がするんですが
すぐにもとに戻っていましたが、現在は腰痛はないし、
5分と歩けない自分が、友達と買い物に行って1時間以上歩いてました。

当院は他の整体院と何が違いますか?

整体自体は痛くもなしい、待ち時間ないし、毎日通わなくていいし、
それが凄い嬉しいです。整骨院へ通院しているときは
2時間かかった時もありましたから…

最後に何かひとことお願いします。

近所の岸和田で私にあう整体があるなんて…
私のように腰痛で苦しんでいる人がたくさんいてると思いますので
ぜひ先生にお願いしてもらえればと思います。

 

泉州地域にお住いの腰痛に悩むあなたへ

 

院長前川雅治

 

じめまして、岸和田の腰痛整体ゆずクリニカルルームの前川雅治です。

この場を借りて私の腰痛への思いをお話しさせてください。

 

私は今まで柔道整復師として整骨院で来院される患者さんの症状を改善するために必死に技術を磨いてきました。

 

その時は必死に参考書を読みあさり、有名な治療技術の先生がいれば会いにいき寝食忘れて活動していました。

 

今ではそれが財産です。整骨院では「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「坐骨神経痛」で手術が必要と言われた方の対応をすることが多かったです。私はそのような重症な腰痛の患者さんを対応しているときにある疑問を感じました。

 

「どうして手術が必要となる状態まで腰痛を放置していたのか・・」

 

私はそんな疑問を感じたので患者さんにストレートに質問を投げかけました。

 

「なんでもっと早く治療しなかったんですか?」

 

その結果わかった答えはとても残酷なものでした。

 

「気持ちはあったけれどサポートしてくれる場所がなかった」

 

私はショックを受けました。患者さんたちは好き好んで、またサボって重症になったのではなく腰痛をずっと昔から持っていて、腰痛を根本から治療してくれるところをずっと探していた。

 

でもどの病院や整形外科、整骨院へ行っても

対応は同じ。

 

・安静にして様子を見ましょう

・筋肉が凝ってるからマッサージしましょう

・コルセットをまいておけばいいとコルセットを買わされる

・痛み止めの薬で様子を見ましょうと3ヶ月以上・・・

・検査では異常ないのでそのまま様子を見ましょう

 

どこに行ってもこのような対応。ずっとこれを続けてきたそうです。

 

患者さんの気持ちとしては、「腰痛をなんとかしたい」と言う強い気持ちがあるけれど、自分では何をしていいのかわからない、どこへ行っても同じことの繰り返し。それが答えでした。

 

私は整骨院で勤務していました。

健康保険を取り扱って体の不調をみてくれる場所として認知されていると思いますが、健康保険で取り扱える範囲は限られています。

このままだと自分自身が患者さんい提供していきたい施術は提供出来ないと感じて、岸和田市に「ゆずクリニカルルーム」として実現させました。

 

現在では、どこに行っても治らなかった
腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛で悩む方が
数多く来院されています。

 

来院してくれた方々からは

・もっと早く先生に会いたかった

・ここにきて人生が180度変わりました

・笑顔で子供と接することができます

このような嬉しいお言葉を頂いております。

 

このような結果を出している整体院は泉州地域を探しても

岸和田にあるゆずクリニカルルームしかない。と自信を持って手を上げれます。

 

実際に他の治療院さんでは変化が見られなかったので当院へ転院される方が数多くおられます。

 

ゆずクリニカルルームではそのようなどこに行っても楽にならない重症の腰の痛みや足の痺れに悩む方が手術前に最後の砦として支持されています。

 

嬉しいことですが、

全ての方の期待に応えれるわけではありません。

 

まだまだ未熟な部分もありますので、

当院でも解決できないケースもあります。

手術になってしまう場合もあります。

 

受けさせて頂いたら全ての方の期待に応えたい!

その気持ちは常に持っております。

初回にお会いさせて頂いた際に私の力でサポート出来るのか?

自分の力以上の問題ではないのか?

 

そこをしっかりと判断させて頂きその後の対応を決めさせて頂いております。

 

ここまで読んで頂いたあなたに

このような特別な初回割引の提案を用意いたしました。

 

特別な提案

 

なぜ初回をこの値段で提案するのか?

 

それはあなたにもう、悲しい想いを繰り返して欲しくないからです。

私はあなたにもうこれ以上泉州地域の病院や整骨院を渡り歩くことはやめて頂きたいと考えています。

 

今回で本当に根本的に原因を考えて解決する問題なのかどうかを見て欲しいと考えています。

 

そのためにまずはお越しいただく必要があるのでこのような提案をさせて頂いております。

 

あなたの腰痛を改善するために全力で施術致します!

本気でご自身の体と向き合える方は今すぐご連絡ください。

 

 

 

 

 

椎間板ヘルニアなら岸和田で断トツ人気整体【ゆずクリニカルルーム】

椎間板ヘルニア

 

 

椎間板ヘルニアでお悩みのあなたへ

 

岸和田市の腰痛専門整体【ゆずクリニカルルーム】の前川です。

腰痛の代表的な診断名として「椎間板ヘルニア」があります。
若い年代に多い腰痛の1つです。

 

以下のような症状でお悩みではないですか?

 

・椎間板ヘルニアと診断されて手術を進まられている

・勇気を出して手術をしたのに痛みが残っている

・腰から太もも裏にかけてしびれや痛みがある

・椎間板ヘルニアになってから好きなことを我慢している

・仕事に支障が出てきて同僚に迷惑をかけている

 

もし1つでも当てはまるのであれば、
必ずお役に立ちます!!是非このまま読み進めてください。

 

椎間板ヘルニアってなに?

 

腰の背骨は5つの腰椎と1つの仙骨、

そして椎間板と言われるクッションから出来ています。

 

この椎間板は丸いボールのような構造をしており、

外側の部分を繊維輪。その中に髄核という粘性の液体が入っています。

この後方には脊柱管という管が背骨の中にあって、ここを神経が通っています。

このボールの部分が裂けて中の液体がはみ出してしまい、それが後ろにある神経に悪影響をだして痛みやしびれ、麻痺などを起こすのが椎間板ヘルニアと言われています。

 

椎間板の構造

椎間板ヘルニアの原因

 

椎間板は線維輪と髄核からできています。

背骨をつないでクッションの役目を担っています。

線維輪と髄核はちょうどボールのようなもので、外側のボールの部分が線維輪、

中の空気の部分が髄核になっています。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、このボールの部分である線維輪が破けて、中に入っていた空気の部分である髄核が敗れて飛び出した状態。その後ろにある神経に当たることで、痛みやしびれなどの症状を引き起こすと言われています。

 

なぜ椎間板が破けてしまうかというと、主に身体の老化と言われます。

 

20歳を過ぎると椎間板は徐々に弾力性を失っていき、日常生活で重いものを持ち上げたり腰をひねった時など、ちょっとした動作の衝撃や圧迫で線維輪が避けて中の髄核が飛び出してしまいます。

 

椎間板ヘルニアの根本的な原因は、背骨に正常ではない負担がかかっていることです。日常生活の動作が引き金になる場合もありますが、背骨に過剰な負担がかかっている状態だからこそ問題となります。普段の生活で発生している原因を取り除いていくことが大切です。

 

ゆずクリニカルルームの考え

独自の考え方

 

一般的には老化と言われますが、老化という言葉は便利な言葉です。

本当に老化なのであれば年配の方の方が明らかに増えていくはずです。

 

そもそも椎間板ヘルニアという画像上の問題とあなたの症状の関連性があるのかどうか?そこをしっかりと考えていく必要があります。

 

腰痛の原因は「神経」にあると思われています。
神経を圧迫することにより痛みやしびれを起こしてしまうと考えられています。

 

これが現在の腰痛の主な原因として考えられている神経圧迫説と言います。

あなたも聞いた事があると思います。
神経を圧迫しているから腰が痛いんですよ。という説明。
この考え方が常識なため、
その神経圧迫がどこで起こっているのかを発見するために
上記の画像診断を使用してきました。

 

そして椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった異常を発見してきました。

でもそれでは腰痛が改善しないどころか新たな問題が出てきました。

 

「画像上問題があっても腰痛がない」

「画像上問題がないのに腰痛がある」

 

この矛盾に対して見て見ぬ振りをしてきたために
腰痛が改善する事なく増加の一途をたどっています。

 

腰痛の85%原因不明

 

事実、これだけ医療が進んでいるにも関わらず
腰痛の85%が原因不明と言われています!!

 

画像診断は意味がない!とわかっていても止める事ができないのです。

 

画像診断のために、導入した機械はとても高額で億単位の費用が発生しています。
その回収が済んでいないのに画像診断は意味がないからと中止してしまうと
経営的に負担となります。

 

ですが海外では、画像診断をしない方向で話は進んでいます。

 

画像診断が必要な場合は

  • 神経症状(気づかない間に失禁をしてしまう症状)
  • 安静時にも痛みが続き、体重が一気に減少している

など、緊急を要する時や内臓的病変が疑われる時のみです。

 

椎間板ヘルニアの治療法

 

基本的には薬物治療や運動療法などの保存療法で様子を見ます。

治療を数ヶ月おこなっても効果がない場合や足の力が入らないなどの運動麻痺が進む場合、(臀部会陰部から両下肢への違和感が先行していることが多いですが)排尿排便に関係する筋肉kの機能低下が認められる場合などは手術療法が適応になります。

 

下肢の運動麻痺や排尿排便に関する筋肉の機能低下は、重症になってからの手術では改善が乏しい傾向にあるため、腰椎椎間板ヘルニアで見られる症状の中では早急(24時間以内)な手術が望ましい、注意すべき所見です。

 

最近では内視鏡下でのヘルニア摘出手術例も多くなってきており、低侵襲化(身体への負担を減らすこと)が進んでいます。

医療の進歩により入院期間の短縮、就労再開までの期間短縮といったメリットも大きいです。ですが、すべての腰椎椎間板ヘルニアに適応できるわけではないため、事前に手術医との相談が必要です。

 

また、どのの手術でも神経を圧迫しているヘルニア塊を切ったり・とったりするのみで、すでにヘルニアを起こしてしまった傷ついている椎間板を新しくするものではありません。なので、手術後早期に急激な負荷をかけてしまったり、正しい方法での体幹強化をある程度継続して行っていかなかったりすると、一定の 割合で再発してしまうこと(Mindsによれば5年後の再発率は4~15%)も知られています。

 

椎間板ヘルニアに絶対に手術は必要なのか?

 

座骨神経痛 注射

 

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板から髄核が突出したヘルニア塊が神経を圧迫することで症状が起こると言われています。

ヘルニア塊はタイプにもよりますが数ヶ月で小さくなることが多く、それにつれて症状が改善するケースも少なくありません。どれくらいの割合のヘルニアが自然改善するのかはまだ明らかではありませんが、日本脊髄外科学会によれば80~85%は自然に軽快するとの報告もあります。

 

なので腰椎椎間板ヘルニアと診断されたとしてもほとんどは自然に消失するため、手術をしなければならないのは一部の患者さんです。

 

保存療法を数ヶ月以上行っても顕著な改善が見られない場合。

痛み、しびれや麻痺で歩行困難となるなど生活に支障が出る場合が続いてしまっているケースで手術となります。

 

マッサージは不要?

 

最新の考え方では、腰痛は改善する問題と捉えられています。
精神的要因が大きく関わっており、
恐怖や不安を煽るような情報を取り入れないようにしていく
というのが進められれています。

 

「椎間板ヘルニアだから手術が必要になるかもしれません」

「もうこの腰痛とは一生付き合うしかない」

 

そういった権威ある人(お医者さん)からの言葉により
腰痛で悩む方は不安を感じ、自分自身はひどい状況なんだ。
この痛みと上手く付き合わないといけない。

 

負担をかけてはいけない。
と認識して腰をかばうような動作をするようになり
腰が常に無理を指定しまう状況になります。

 

最新の見解では
心理的ストレス、そして不安をなくす取り組みをして
体をしっかり動かして筋肉をほぐしていくという過ごし方をしていく。

 

画像上による問題と痛みは別問題なので気にしなくていい。

そういった捉え方がされています。

 

 

あなたの椎間板ヘルニアはなぜ良くならないのか?

 

上記の内容は一般的に言われてる原因や治療法なのですが

実際に椎間板ヘルニアと言われた方々は、今までの治療で痛みが改善したのでしょうか?

 

ほとんどの方は

NO!!

ではないでしょうか?

 

胃に負担のかかる痛み止めを飲み続けている

・腹筋を鍛えれば良くなると言われ、痛みに耐えて頑張ったが効果がない

・座っているだけで痛い中電気をビリビリ当てるだけの治療。一向に痛みが取れない。

 

このパターンはゆずクリニカルルームに来られる患者様の代表的な例です。

ハッキリ言うとこれって全てその場しのぎの対処療法でしかないんです。

 

真の椎間板ヘルニアの原因

 

なぜ椎間板ヘルニアになったのかをしっかり考えないと痛みは改善しません!

椎間板ヘルニアになるってことは、腰椎にストレスが常にかかっているということです。

そのストレスは、「いつ、どの姿勢・動作で、どんな」ストレスがかかっているのかを日頃の動作や姿勢から調べ出していくことが必要になります。

 

これがゆずクリニカルルームの強みです。

 

ここを解決していくことが、本当の根本治療につながっていくと考えています。

 

現在腰痛をお持ちのあなたへ

 

岸和田市ではまだまだ腰痛の患者様が多くおられます。

必要のない手術をすすめられていたり、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来なかったり立ち仕事がつらい。

朝起きるのが苦痛だといった状況で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

「このままで良いわけがない」

もしも、あなたが

「この痛みをなんとかしたい。でも治らず一生このままだったら…」
「このまま痛みや痺れが悪化して歩けなかったらどうしよう・・」

といった不安な気持ちになっているのであれば…
そんな時こそ、ゆずクリニカルルームにお越しください。

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。
私の技術はそんなあなたのために日々磨きをかけています!

 

ゆずクリニカルルームで施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

一緒に痛みのない生活を手に入れましょう!

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

医師からヘルニアで手術宣告!でも先生はする必要なしと言ってくれた。

津阪様 57歳 和泉市

当院へ来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?

とにかく腰痛から始まって左足の付け根からしびれがでて徐々に左の足の親指までしびれがでました。歩くのも辛い状態になりました。 鍼灸院、整骨院、カイロ、最後には整形外科へ通い椎間板ヘルニアと診断され手術を宣告され、悩んでいた時にこちらの整体のHPを拝見しました。

来院前はどのような不安がありましたか?

物を売られるのではないか、高額な施術費なのでそれだけかけて本間に治らなかったらどうしよう…そんな不安がありましたが、先生が満足しなかったら全額返金する!と強気なメッセージがあったので勇気をだして連絡しました。

椎間板ヘルニアで手術を勧められたのになぜしなかったのか?

手術の前に、カイロにいってました。そこの先生に注射もせずに、手術もせずにこのヘルニアからくる腰痛を治したいと言いました。そこに週に2回くらい通院して半年くらいかけて少し歩けるようになりました。でもまたどっと!腰痛がでてきました。この痛みというのは人には言えない。買い物していても痛みで冷や汗がでてきたり、救急車呼んでもらおうかなというくらいです。そんな腰痛でした。でもなんとかしたい!その時前川先生を見つけて先生にかけようと思いました。

当院で施術を受けられて現在の調子はどうでしょうか?

今は、本間に嘘みたいです。多分信じてもらえないと思うんやけど(笑)腰痛がありません。私の症状知っている人からは元気になってるやん!孫ともスキップできてる。それが一番嬉しい!

当院と他院はどんな点が違いますか?

ここは初めに生活態度を聞いてくれて良い事と悪い事をハッキリ言ってくれる。 それで先生が日常気をつける事を教えてくれて、それを行動していく。 今までは薬や注射だけでした。先生はアドバイスをしてくれて私はそれを守る。 ここでは15分くらい軽く身体を触られるだけで何でか知らないけれど良くなりました。

よく私の整体を受けたら良くなると思われていますが実際どうですか?

根本的な所。人それぞれの生活態度、歩き方や姿勢、それを守っていくことが大事。今まではそんなん教えてくれなかった、マッサージして湿布してそんな感じでしたからね。先生の言われる事を守ってきて元の身体に戻ってきました。 椎間板ヘルニアで手術と言われても改善します。

椎間板ヘルニアと診断された腰痛で悩むかたへメッセージ

騙されたと思って先生に一度会って下さい。会えば必ず明るくなります! 腰痛も本間によくなります。鍼灸院とか整骨院に週3回とか通われている方はこっちに来て!楽になるから。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

14件通院して駄目だった腰痛がたった一か月で変化した

田中様 64歳  泉大津市

来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

10年以上前から、腰痛、お尻から太もも・ふくらはぎの側面にかけての痛みとしびれ、筋肉が引きちぎられるような症状で夜も眠れずでした。

 

朝も布団から立ち上がった時に痛みで腰が伸ばせずで、 家事も満足にできませんでした。

 

病院・整形外科・整骨院・整体へ14件通院しました。

 

実は顔も三叉神経痛で悩んでいて顔を洗う事も 口を開けることもできませんでした。

耐え難い激痛で死んだ方がマシかなと思うほどでした。

当院へ来院されて現在その症状はどうですか?

初めて施術してもらった時に、こんな簡単な方法で治るのかな… と正直思いましたが、その時帰り道で曲がっていた腰が伸びて歩けている 自分にビックリしました。

今まではマッサージなどを受けてもその時はマシな気がするんですが すぐにもとに戻っていましたが、現在は腰痛はないし、 5分と歩けない自分が、友達と買い物に行って1時間以上歩いてました。

当院は他の整体院と何が違いますか?

整体自体は痛くもなしい、待ち時間ないし、毎日通わなくていいし、 それが凄い嬉しいです。整骨院へ通院しているときは 2時間かかった時もありましたから…

最後に何かひとことお願いします。

近所の岸和田で私にあう整体があるなんて… 私のように腰痛で苦しんでいる人がたくさんいてると思いますので ぜひ先生にお願いしてもらえればと思います。

 

 

 

 

新型腰痛!原因はお尻だった?長引く腰痛の正体に迫る【岸和田の整体ゆずクリ】

新型腰痛て何?

 

 

新型腰痛とは?

 

最近テレビで言われている新型腰痛。

腰痛の原因は腰ではなくお尻だという考え方が注目を浴びている。

 

今までの常識としては

MRI画像やレントゲン検査によって骨の問題や神経圧迫などを調べて

それが原因という考え方をしています。

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった病名をつけられることが多いですよね。

 

それと変わる新しい考えが今回の新型腰痛になります。

 

腰痛の実情は?

 

日本人の抱える問題の中で男性で1位、女性で2位となっている腰痛。

その中でも85%が原因不明と言われています。

長期的に悩まされている方が多いのが腰痛です。

 

社会的にも支障が出ており損失額は相当なものだと言われています。

 

この原因不明85%の中でも約10人に一人が

新型腰痛の可能性があると言われています。

 

一般的な腰痛では、腰全体に鈍い鈍痛を感じるのに対して、

新型腰痛では特徴的な症状が挙げられます。

 

新型腰痛の症状とは?

 

 

1、腰の中心部にキリで刺されたような強い痛みが出る

 

一般的な腰痛では、運転など長時間座ることにより痛みが出て、

腰全体に鈍い鈍痛を感じますが、新型腰痛では腰の中心部にキリで刺されたような

強い痛みが出ると言われています。

 

2、寝返りなどで、鎌で切りつけられたような衝撃が出ること

 

一般的な腰痛では、横になった状態で痛みが強くなることは稀ですが、新型腰痛の場合、横になることで症状が悪化する場合が考えられています。寝返りなどで激しい痛みが引き起こされると言われています。

 

3、歩くと激しい痛みが出る

 

一般的な腰痛では、歩いていて徐々に痛みが増してくることはあるが

新型腰痛では突然足に違和感を感じ、両足の太ももの裏から足先、足の裏に至るまで全体に痺れを感じ、歩き出しても足全体に痺れがあり転倒しそうになる。

 

4、異常が画像に映らない

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は神経を圧迫している部分が画像に映りますが、

新型腰痛の場合はレントゲンやMRIでも病変が画像に映らない。

 

新型腰痛の原因とは?

 

 

新型腰痛の原因は腰ではなく、お尻の神経が原因だと言います。

病名:殿皮神経障害

お尻の神経が骨盤に当たることで様々な症状を引き起こすと言われています。

 

殿皮神経は直径2〜3センチと細いためレントゲンやMRIの画像に映らないと言われています。

 

新型腰痛で本当に痛みが出るのか?

 

新しい病名が生まれると新しいビジネスが生まれます。

それを広げるためにテレビなどのメディアに紹介されています。

 

殿皮神経障害?

笑わせます。神経によって痛みが出ているという時点で関係ありません。

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で神経に触れて痛みが出るとか圧迫されて痛みが出ると言われ

いますが、実際それで痛みと画像の問題は関係ないと結論出ています。

 

神経に触れてようが圧迫してようが関係ないということがわかっているにも関わらず

骨盤て殿皮神経に触れている?

 

私たちをアホにしているのかと感じます。

 

結局どのように対策していくのかというと

お尻の周りの筋肉を緩めるストレッチを勧めるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

【選び方】腰痛は何科に行けばいい?

腰が痛い!腰痛は何科に行けばいいの?

 

腰が痛くて辛抱できなくなった時に、ふと悩むことがありませんか?

腰痛は何科に受診するといいんだろうか?

このように迷う方も多いと思います。

 

この記事では腰痛で医療機関に行く際に受診した方がいい科と受診のタイミングやポイントについてお伝えしていきます。

 

衝撃の腰痛治療!

 

「腰痛」と一言で言うても様々なパターンがあります。

そして腰痛になってからの期間もあります。

 

あなたの腰痛はどんな状況なのか整理して考えていきましょう!

 

パターン1:安静にしていたら腰痛を感じない

パターン2:動き出しは痛いが動いていると痛みがなくなる

パターン3:最初は腰痛ないが徐々に痛みが増してくる

パターン4:安静にしても腰痛を感じる。痛みが治まることがない

 

大きく分けると上記の4パターンとなります。

まずはあなた自身がどのパターンに当てはまるのか考えて見てくださいね!

 

次は腰痛を感じてからの時期について考えていきましょう。

 

 

腰痛を感じて

1、7日以内

2、1ヶ月

3、3ヶ月

6、6ヶ月

上記の期間に分けましょう。

 

ここで絶対に病院に行ってください!

と言うパターンをお伝えしたいと思います。

 

パターン3で2、3、4の期間の場合
一度検査を受けて頂きたいので整形外科の受診を勧めます。

パターン4の場合はどの期間であっても早急に整形外科への受診をお勧めします。

 

基本的に上記の場合は早急に検査を受けてもらいたいです。

そこでガンの可能性がないのかどうか、そこでガンの可能性がなければ

内科的に問題がないのかどうか。そこの判断を受ける必要があります。

 

そこで何も問題がなければ

その後は整形外科でリハビリを受けるもよし、

整骨院や整体院を受診するもよしです。

 

基本的に3ヶ月と痛みが続く場合は内科的な問題を否定しておくためにも検査をしていくことで安心感も得れるのでお勧めします。

 

 

いまの私の状況はどうなのかな?

 

そんな風に悩んでいる方はお気軽にライン@からお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

岸和田で脊柱管狭窄症に悩む50代の方へ

衝撃の腰痛治療!

 

 

脊柱管狭窄症て言われましたか?

 

もしあなたが脊柱管狭窄症と診断されたので

あればこのような流れでそうなったと思います。

 

1、腰や足へかけて痛み、つっぱり感、しびれを感じてきた

2、歩くとだんだん症状が強くなってくる。でも休むとまた歩ける。

3、歩ける距離や時間が日に日に短くなってきた

4、病院へ行き症状を説明して、レントゲン検査orMRI検査を受ける

5、画像を見て脊柱管狭窄症ですね。と言われた

 

このような流れで診断された方がほとんどではないでしょうか。

 

脊柱管狭窄症の症状を感じ始めたのはいつ?

 

時期について一度考えてもらいたいです。

そもそもハッキリとした時期を覚えていますか?

 

徐々に症状が出てきた人がほとんどだと思います。

 

冷静になって考えてもらいたいです。

 

昨日ーーーー今ーーーー明日

 

この三日間の間に骨が変形したりすることがあると思いますか?

 

まずありえないですね。

今の骨の状態が明日体に問題を起こすぐらい変形するなんてないです。

 

何を言いたいのか?

 

脊柱管狭窄症の症状を感じている時に画像検査を受けて問題がでた。

でも問題のなかった昨日、もしくは1ヶ月前に画像検査を受けてたとしても

画像は同じだった可能性が高い!!ということです。

 

これは画像の問題と症状が一致していない可能性がある!てことです。

 

だから世の中には

脊柱管狭窄症と言われていても改善している人はたくさんいます。

もちろん改善せずに悩まれている方もいます。

 

大きな違いは考え方にあると思います。

 

【骨が変形していたら治ることはない。】

そう信じ込んでいては何をしても治ることはないです。

 

そんな状況であっても改善するんだ!

と考え方を変えることがとても大事です。

 

今日はそんな方の症例をお伝えします。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

脊柱管狭窄症と言われて腰痛はこのままだと諦めていました…

鎌苅様 50歳 岸和田市

来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

腰痛や足のこわばりのせいで、 朝起きるのが辛くて、靴下を履くのが辛かったです。 病院では脊柱管狭窄症と診断され治るのは手術しかないと言われました。

また、その手術も治るが50%、 車いすになるのが50%と言われました。

当院へ来院されて現在その症状はどうですか?

痛みやしびれは少し残っていますが、朝起きる時のツラさ、 靴下がはけないという問題は解消しました。 現在は40分以上歩けるようになったので歩いています!

当院は他の整体院と何が違いますか?

詳しくわかりやすい言葉で説明してくれます。 こちら側の質問に対してもわかりやすく答えてくれますし、 他と違い納得のいく説明をしてくれます!

最後に何かひとことお願いします。

同じような症状で悩んでいて、 手術と言われて悩まれている方にお勧めしたいと思います。

 

病院では手術の選択!?

 

今回の方は手術が嫌でなんとかしたいという思いでゆずクリニカルルームへ来られました。

最初は今まで聞いてきたことと、全く真逆の話をされて戸惑いもあったはずです。

 

でも可能性があるのであればやる!

その思いで脊柱管狭窄症に立ち向かいました。

 

現在は朝の散歩が楽しい!

そう思えるまで元気になられてゆずクリニカルルームを卒業されています。

 

病院は意味がない!?

 

決してそんなことはありません。

病院は必要不可欠です。今回の方にとっては関係なかったかもしれません。

 

でも中には検査をすることにより、重篤な疾患が見つかる可能性もあります。

 

ただの腰痛と思っていたら内臓の病気だった。

そんなケースもあるわけです。

 

そのような病気でないのかどうかを見分ける上で病院にいくことは絶対に必要です。

 

そこで病気でないのであれば

当院のような体のバランスを整える場所へ行かれてもいいですし

ご自身で運動されたりするのも方法の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

MRIの検査を受けたら椎間板ヘルニアですねって言われました【岸和田の整体ゆずクリ】

衝撃の腰痛治療!

 

 

あれもしたい!これもしたい!
もっともっとしたい!!!

 

考えただけでワクワクできるようになりました!

 

椎間板ヘルニアと診断されても諦めない!

 

今回は椎間板ヘルニアと診断された女性の体験談をお伝えします。

なぜこの方を取り上げたのかというと、とても壮絶な体験をされました。

 

私もたくさんの患者さんを担当させていただきましたが

この方は本当に大変でした。

 

もう2度と経験したくないですね・・・笑

 

当初は右側の腰の痛みに足の痺れがありました。

そして約3ヶ月で症状は改善してもう大丈夫ですね!

という話をしていました。

 

ところが、

今度は逆の左足にまったく同じような症状が現れました。

 

<<<<<天国から地獄>>>>>

 

 

治るか不安

 

これで今まで我慢していたことが出来るとワクワクした矢先の出来事。

本当に精神的にきついです。

 

また1からスタートをしていくわけですよ。

 

第3者からしたら、

「あ〜、またお金と時間の投資をしないといけないのか。大変だね!」

 

そのように捉えられるかもしれませんが

本人さんはそんな問題ではないんですね。

精神的にやって今までの体に戻れた!という気持ちからの転落なので

それ以上のショックなわけですね。

 

この方はそこから更に3ヶ月かけてしっかり症状を改善させました!

 

本当に素晴らしい!

よく諦めなかったと思います。

 

体験を通して腰痛に悩む方へお伝えしたいこと

 

痛みは改善する。

でもそれには意識がとても大事。

 

痛みが改善しにくい方の特徴として

発言がマイナス、表情が暗い、考え方が治らない。と凝り固まってる。

 

こういった方は難しいです。

 

最近では椎間板ヘルニアは痛みと関係ない。

その思い込みによって脳で痛みを感じ続ける。と言われています。

 

この方の体験談を聞いて少しでも

あなたに希望を持っていただけたらと思います。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

椎間板ヘルニアと診断されるも手術をせずに改善した

 

 

 前川:今日はよろしくお願いします。

 

 患者様:おねがいします。

 

 前川:来院されるまでは、どんな症状でお悩みでしたか?

 

 患者様:今年の1月に腰を痛めて、一旦収まりはしたんですけど、それ以降右の背中と、右の太もも、ふくらはぎにも痛みがあって、痛みが収まらなかったのできました

 

 前川:その問題を解決するために、どこか行かれたりしたんですか?

 

 患者様:まずは、馴染みの整骨院に行って、その時は越したの痛みよりも背中に痛みがあったんで、テーピングをしてもらいました。痛みは良くなったんですけど、段々足にきてしまって、整骨院だけでは無理なのかなぁと、その整骨院が大阪にあったので、近くの整形外科も何度か行って痛みの症状を訴えて治療してました。

 

 前川:何か検査されたりしたんですか整形外科で。

 

 患者様:最初はレントゲンで検査して骨に異常が無くて、異常が無いのでとりあえず薬で痛みを和らげて一ヶ月ぐらい様子見ましょうって言われました。

 

 前川:様子見てどうだったんですか?

 

 患者様:なんとなく、痛みが和らいだ気がするんですけど、きつい薬が飲めなくて、痛み止めもきついのを出してもらわなくて、それで騙し騙しやってました

 

 前川:病院では病名ってつけられましたか?

 

 患者様:最初はなんとか腰痛って言われたんですけど、あまりに腰痛がひかなかったら前払いで検査してみましょうって言われました。しばらくしても痛みがひかなかったのでMRIの検査を受けたら椎間板ヘルニアですねって言われました

 

 前川:そうやって色々苦労されてうちに来られたわけですけど、うちでも結構苦労はしましたけども、今現在どんな感じですか?

 

 患者様:今は普通に生活してても平気です。たまに痛いなと思うときはあるんですけど、堪えられない痛みじゃないし、継続性も無く一瞬なので筋肉を動かしたり身体を動かして自分で対処出来るようになりました。

 

 前川:良くなって何かしたいことってありますか?

 

 患者様:パラグライダー(笑)。後は山登り、ゴルフもちょっとやり始めたいと思っています。

 

 前川:いっぱいありますね。山登りしてそこからパラグライダーで下りてきたらいいですね(笑) 当院は他の治療院さんとどんな点が違うなぁと感じられますか?

 

 患者様:薬を出しませんね。椎間板ヘルニアって言われた時に、椎間板が出てて、それが神経に触って痛いんだと聞かされてそう思ってたんですけど。身体の重心を歪めていて、筋肉が痛いんですよって根本的に違うことを言われて、考え方が違うなぁと思いました

 

 前川:それを言われた時に、今までと全く違うこと言われたじゃないですか。信じれました?

 

 患者様:うーん。そうかぁとは思いました。信じれたと言うか、説明受けたら理に適ってるなぁと。確かに身体も歪んでるし、骨盤も歪んでるって自分でわかってたので。歪みからくるんやなぁと。神経の話しをしてもらった事があったんですけど、神経に触ってるだけで痛みってすぐに伝わるもんじゃないしなぁと思いました。

 

 前川:最後に、どんな方に当院っておすすめですか?

 

 患者様:まず治療の方針に納得して通院を継続できる方ですね。あと自分の身体の治癒力を信じて自分で治す、治りたいと思う人に向いてるかなと思います

 

 前川:今日は貴重な時間ありがとうございました。

 

 患者様:ありがとうございました。

 

 

痛みと画像の問題と関係ない

 

 

 

画像で問題となるのは骨折・脱臼・ガンといった問題です。

その問題がないのであれば画像ではわからない部分の問題で症状が起こっています。

 

MRIやレントゲン検査を受けて

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と言われて悩んでいるのであれば、

恐れずに体を動かしてください。

 

安静にして、痛み止めだけで様子を見て症状が改善しないのであれば

早い段階でその生活リズムから抜け出してください。

 

痛みが慢性化して抜け出すのが大変になります。

 

今回のまとめ

 

腰痛が続いていても悲観することはないです。

 

画像検査だけで説明を受けて

症状が改善しない。諦めることはない。

 

あなたが信頼できる先生を見つけて
改善したい明確な理由を理解してそのために取り組んでください。

 

 

 

 

【新常識】40代女性はボディメイク!脱ダイエットに取り組む可能性とは?

女性は20歳を過ぎると基礎代謝が毎年1%減少すると言われています。
その結果、40代になってご自身の体型に不満を感じだしてから
体型を戻そうにも一般的な方法では失敗に終わる事が多いです。

 

この記事では最近よく目にするボディメイクとダイエットの違い。
そして効果的な方法をご紹介します。

 

ボディメイクとダイエットの違い

 

ボディメイクとは?

 

一般的には広い意味で身体のラインを綺麗に見せていくことを指し
見た目の姿を綺麗に見せる体型にしていくことを指します。

 

体重を落とすことだけが目的ではなく
筋肉と体脂肪のバランス(BMI)を意識して肉体作りをします。

 

※BMI(ボディー・マス・インデックス)
体重と身長の関係から肥満の度合いを示す指数です。

計算式
 BMI= 体重kg ÷ (身長m)2
 適正体重= (身長m)2 ×22

簡単に計算できるサイトを紹介します
BMI計算式サイト

 

健康的に生活するための標準体重

 

日本人の基準値は男性が22、0、女性が21、0と定められています。

BMIの基準値は統計的にみて最も病気になりにくく健康的な数値と言われています。

この数値から離れていくほど有病率が高くなって行きます。

 

理想的なBMI

 

理想的なBMIの数値はBMI=22です。

これは統計的に一番病気になり辛い数値とされており、理想体重(標準体重)を

求める時に用いられています。

 

女性の場合はこの22で理想体重を求めると「美しくない」と考える人も多いので

女性の場合は20くらいを目標にされている方が多いです。

 

ですが20になってくると少し痩せ過ぎかもしれません。

18とかになってくると生理周期の乱れなどにも繋がりますので

ご自身の判断で落としていくのは注意してくださいね!

 

ダイエット

 

体重を落とすことを目的としている事が多い。

 

 

 

ゆずクリニカルルーム

住所: 〒595-0802 大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21
交通: 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)
電話番号:0725-30-6521  受付時間:10時〜18時【不定休】

 

Copyright © 2014 ゆずクリニカルルーム. All Rights Reserved.  |  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。