姿勢について

よく良い姿勢をしないさい!と言われている患者さんが多いですが

いったい良い姿勢てなんだと思いますか?

 

そもそも良い姿勢をしなさいと言われて入るけれど、

どのようにしたらいいのか聞いた事がないという患者さんがとても多い。

 

まず良い姿勢を維持するのは腰の問題がある人には難しい。

なぜか?

あなたが陸上選手のボルトの走り方を真似たからといって同じように走れますか?

まず無理ですよね。

それはあなたの身体がその走り方に耐える事ができないからです。

 

良い姿勢を聞いても、あなたがそれをできる状態でなければできません。

 

だからまずは治療で良い姿勢を保てる身体にしていくことが大切です。

それができた前提で今回は話をすすめていきます。

 

あなたが良い姿勢を保つための方法

1、足の裏をべったり地面につけます。

これは土台を作っているのです。土台が崩れていると上半身の体重をうまく受け止める事が出来ません。

2、おへそを前に軽く突き出します。

イメージはお尻の穴をきゅっとしめる感じです。これは骨盤を正しい位置にもっていき

身体を骨格で支えることができます。

3、膝を横からみたときに90°になっている

これがなければきれいに体重がのりません。

 

この3つの注意点を守って頂ければ良い姿勢の完成です。

さあ!頑張って行きましょう!

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)