万能のお薬と呼ばれるデパスの マルチな効果と副作用について

万能のお薬と呼ばれるデパスの

マルチな効果と副作用について

 

 

※当院にも服用されている方が来院されているので

情報を集め、まとめてみました。

ご自身の判断で服用を中止したりしないでくださいね。

必ず担当医の指示を守って服用してください。

 

 

デパス、というお薬の名前をよく耳にすることがあると思います。

デパスの主成分はエチゾラムで、精神安定剤としてよく使われる成分です。

 

自律神経失調症やパニック障害、

うつ病などの精神的な疾患の人に処方されることが多いのですが、

腰痛症、頸椎症などの疾患の場合にも処方されることがあります。

 

それはデパスが持つ「心身の緊張を緩める」作用に起因しています。

ちなみにデパスというネーミングは、英語でうつ、という意味のdepressionをパスする、

という意味のpassとの組み合わせから来たものだということです。

なるほど、と感じてしまいますね。

 

デパス自体は、睡眠導入剤のような役割もしますし、

不安や緊張を和らげるというリラックス作用もあるので、

女性の更年期障害にも効果を発揮すると言われます。

 

いわゆる万能薬として人気も高いようです。

デパスの作用はとても強いものがありますが、その反面、非常に安全性が高いと言われています。

 

しかしながら、デパス=精神安定剤、というイメージが強く、

処方されても服用しないという人も意外に多いようです。

 

実際には万能薬と言われるくらいですから、精神安定の他、

自分が気づかない緊張感を和らげたり、自律神経を整足りする作用もあるので、

きちんと服用する方がよいということです。

 

副作用としては、他の鎮痛剤同様、眠気を感じる場合が多いようです。

また、めまいやふらつき、頭痛、目のかすみなどもよく聞かれるものです。

そして一番気になるのが、普段お薬を飲まない人や高齢の方に多い「脱力感」です。

デパスには、肩こりや腰痛を改善させる作用として筋弛緩作用があるのですが、

この効果が出過ぎてしまい、体の力が抜けるという感覚が強くなって

転倒してしまったりするケースがあります。

 

飲み始めてすぐは、きちんと様子を見て、心配な事柄があれば、

すぐに医師に相談をするようにしましょう。

 

少し問題になっているのが、デパスの依存性です。

医師の管理のもとできちんと服用すれば大丈夫なのですが、

あまりに長期間の服用や、

自己判断で量を増やしたりなどをすると、依存性が出る場合があります。

 

デパスは、比較的短時間で効果を発揮することができる強いお薬ですので、

どうしても依存性が他に比べて高くなりがちです。それを止めようとすると、

いわゆる離脱症状として幻覚や妄想、不眠などが現れることがあります。

期間の服用になる場合は、医師との相談のうえで少しずつ減らしていくことがお勧めです。

 

※当院にも服用されている方が来院されているので

情報を集め、まとめてみました。

ご自身の判断で服用を中止したりしないでくださいね。

必ず担当医の指示を守って服用してください。

 

 

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)