ぎっくり腰に似た症状「ぎっくり背中」の予防は整体で!

「ぎっくり背中?」ぎっくり腰に似た背中の痛み
の予防を意識してください!

ぎっくり背中

海外では「魔女の一撃」と呼ばれるほど激しく痛むことがあるぎっくり腰。
経験者も多いけれど、できれば誰もがなりたくない症状です。

しかし、同じぎっくり、とつく症状に「ぎっくり背中」というものがあるのをご存知でしょうか?

単純に背中の痛みではあるのですが、ぎっくり腰を経験したことがある人が、
まるでぎっくり腰のようだ、と表現したくなるような感じ、
といえばなんとなく想像ができるでしょうか。

このぎっくり背中という症状、実は腰痛や肩こりが原因で起こることが多いと言われています。

 肩こりや腰痛により、首や腰の部分を支える筋肉が疲労していたり、
固くなってしまったりしていると、ふとした瞬間に背中に激痛が走ることがあります。

ぎっくり背中になりやすい瞬間は、ぎっくり腰ととてもよく似ています。

例えば、

高い所にある荷物を取ろうとぐっと手を伸ばした瞬間。
久々にテニスのような体にひねりを加える動きのあるスポーツをした時。
くしゃみやセキ、深呼吸など、日常によくある動きをした時。

私たちがごく当たり前に何気なくしている行動が、ぎっくり背中を引き起こします。

その際に背中に激しい痛みを感じたら、それがぎっくり背中です。
ずっと同じ姿勢でデスクワークをしていて、
ちょっとした動きをした瞬間にもこれは起こりますので、
誰もが危険にさらされていますね!

背中の痛みだけではなく、
同時に脂汗がでるような胸部の痛みや息苦しさを感じるようであれば、
できる限り早めに診察にいきましょう。これはぎっくり腰も同じです。

ぎっくり背中はぎっくり腰と同様、普段から疲労がたまっているせいで起こりますので、
しっかりストレッチをする、体のゆがみを作らないように
左右アンバランスになるような動きをしない、 などが対策となります。

普段から左右どちらかに体が傾いている、 いつも利き腕側だけ使うような仕事をしている、
片側だけに体重がかかっているなどが日常になっている方は要注意です。

 

ぎっくり背中にならないようにするためには、ゆがみをまず取り除くことです。
マッサージではなく、整体で体のゆがみを正していきましょう。

整体は、体全体のメンテナンスを行えるものですから、
背中だけではなく、 腰痛や膝痛、股関節痛などほかの部分の痛みも予防することができます。

普段から意識して欲しいこと

運動!
やっぱり!と思われたあなた!流石です。背中というのは普段なかなか上手く動かす
ことができていません。

こんな経験はありませんか?

いつもと違う動きをした瞬間に背中がつったこと?
これは普段使っていないからすぐにつってしまうんです。

違う動きをした時につるだけであればいいですけど、
そこに重たい荷物を持ったりであるとか、急な動きとかで
負担がかかったら筋肉を痛めてしまいます。

背中に激痛が! 

多くの方はぎっくり背中になってから
慌てて対処しますが一番は予防することです。

普段から意識することでぎっくり背中になる可能性を
軽減させていきましょう!

ぎっくり背中を防ぐために意識すること

普段の生活の中で苦痛なく取り組める運動がいいですよね?
やっぱり継続して続けれる運動がいいです。

ぎっくり背中予防のためには肩甲骨の動きがとても重要となります。
肩甲骨をしっかり動かせることで背中の筋肉を使っていきます。

ではぎっくり背中予防の運動をお伝えします!

1、鏡の前に立ってください

2、肩の位置を上下せずに保つことを意識

3、左右の肩甲骨を真ん中に寄せる(背骨を挟むイメージ)
この時に肩に力が入って肩を持ち上げないようにする

4、5秒間寄せ続ける(背中がつりそうになってきます笑)

 

この運動を少し時間ができた時に
行ってください。最初は肩甲骨を動かすことは難しいです。
でも2週間程度で感覚がつかめてくると思います。

もうすでにぎっくり背中になって悩んでいる

 

どこに行っていいか分からない時は、
口コミで患者さんが増えている岸和田の整体院、
ゆずクリニカルルームに来てみませんか。
完全予約制ですので、まずはお電話を。

 

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)