腰痛の裏情報

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・座骨神経痛
だから痛いっていういつの時代の常識かわからないことを信じていませんか?

今回はそれが間違えだという
お話をしていきたいと思います。

なぜこのお話をするのかと言いますと
騙されている人が多い。
だからです。

これだけの情報化社会なので
少しはご自身で調べられた方がいいと思いますし、
自分で考えるという習慣を身につけた方がいいと思います。

ヘルニアで手術したのにも治らない人がいる。
ヘルニアで腰痛があるのに放っておいたら腰痛が治った人もいる。

きっと調べたら二つのパターンが存在していると思います。
ということはどういうことなのか考えてみました。

本気で考えました。
私はこの疑問に10年以上取り組んでいます。

そこで真実を発見しました。

そもそもヘルニアと痛みは無関係ということです。

これで解決します。
ヘルニアが腰痛とは無関係だから
ヘルニアがあろうがなかろうが腰痛が治ったり辛かったりするんです。

腰痛には以下の分類があります。

・レッドフラッグ

・イエローフラッグ

・ブルーフラッグ

・ブラックフラッグ


簡単に説明しますと、
上からいきますね!

・ガンとか骨折
・病気に対する気持ちの持ちかた。例)ヘルニアだから痛いとかね
・職場への不安・不満
・あなたの生活環境、自己否定されている

これらが腰痛の問題と言われています。
知っていました?

きっと知らないでしょう。
そしてお医者さんでこんなん言われたことないでしょう?

だってお医者さんが関与できるのは一番上だけですからね。
そんなんほんの数パーセントです。

だから腰痛は病院へ行かないほうが改善するんですよ。

病院へいけば、ヘルニアだの、背骨がすりへっているだの
怖いこといわれますからね。
その結果、イエローフラッグの要因が強まるんですよ。

これを信じるも信じないもあなた次第ですが
一般的に言われていることをそのまんま信じ込むのは良くないですよ。

一度ご自身で考えてみてくださいね。

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)