膝痛の原因となるO脚?

膝痛の原因の1つであるO脚のお話

 

膝痛についてのお話を書きましたが、

その中でも今日はO脚についてのお話をしていきたいと思います。

 

O脚の主な原因は、骨盤のゆがみです。

足の付け根となる股関節は、上半身と下半身をつなぐ部分で、骨盤にはまるような形になっています。

 

これが正しい位置にあれば、動きもなめらかですし、膝自体もきちんと正面を向くため

O脚の状態になることはありません。

しかし、骨盤がゆがんでしまうと、必然的に股関節にもゆがみが生じます。

そうすると、股関節のなめらかな動きも阻害されてしまうため、歩いたりするだけで痛みを感じてしまうようになります。

 

そしてそのゆがみが、O脚を引き起こします。

骨盤のゆがみで外側に広がってしまった股関節。

それを何とか調整しようとして負担がかかるのが、膝です。

広がったものをそこで調整しようとするのですから当然です。

膝の内側に知らず知らずのうちに力が入って負荷がかかり

その分膝は外を向いてしまうのです。

それを体が自然とカバーしようとして、立派なO脚が出来上がるのです。

O脚と同様に名前を聞くX脚も、似たような原理で出来上がります。

 

 

また、現代人に多いのが、膝はくっつくけれどひざ下、つまりふくらはぎがくっつかないという、膝下O脚です。

これは、骨盤もですが、膝下の骨がずれてしまっていることが原因で起こりやすくなります。

このO脚に拍車をかけるのが、履き古した靴です。

特にヒールのあるものは要注意なのです。

靴底を見ると、O脚の人の靴底というのは、外側が極端に擦り減っているはずなのです。

そこで修正を加えればいいのですが、そのまま長く履き続けると

靴自体がO脚を促進する働きをしてしまうから困ったものなのです。

 

 

骨盤のゆがみ以外にも、外反母趾や偏平足などが原因でO脚がひどくなることもあります。

が、まずは骨盤のゆがみを矯正してみることから始めましょう。

骨盤と股関節が繋がっている部分である大転子が正常な位置に戻ってしまえば

膝に負荷がかかる率も減ります。

それをかばってさらにおかしな歩き方や立ち方になることも激減します。

骨盤が整えば、膝もきちんと前を向いてくれるので、くっつきやすくなりますね。

あとはクセになってしまっている歩き方の改善などを意識して行って行ったり

O脚矯正のエクササイズを取り入れたりすることにより、改善率が高くなります。

O脚が治ったことにより膝痛が改善される人もたくさんいます。

ご自分の膝はいかがですか。

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)