膝の軟骨がすり減って痛みがでるって本当?

この時期はマラソン大会が多いですね。
私も学生の頃はやりました!(やらせれた感が強いですが…)

そこで今日はあなたに考えて頂きたいです。

もし、膝の軟骨がすり減って痛みが出ているのならばマラソンなんてできないと思いませんか?
というのも、10キロとか、42・195㌔とか走っていると軟骨はどうなってるんでしょうか?

もし膝の軟骨がすり減って痛みがでるというのが事実ならば走り終わった後痛みでてそうではありませんか?
マラソン選手なんて普段から相当練習で走ってるんですから1年も膝もたないと思いませんか?

動かすことによりすり減ってしまうというのが怪しいですよね。
????ばかりが続きましたが、冷静になって考えるとちゃんちゃらおかしい話です。

でもレントゲンとったら骨と骨があたってしまってる!
私も自分の目で見た!
と言われるかたもおられると思います。

でも…
あなた歩いてるよ。

痛いかもしれないけど歩いてるよ。

それ骨と骨があたって痛みがでてるんだったら激痛ですよね。

骨の痛みといえば骨折ですけど痛いですよ。

常識に思われている事全てが正しいわけではありません。
もちろん、私のお伝えしている事が100%正しいわけでもないと思いますよ。

でも知っておいてほしいんです。
膝の軟骨がすり減ってしまっているから痛みがでるんですよ、
もう年相応の関節ですからうまく付き合っていきましょう。

そう言われた患者さんが良くなっていくんですよね。
でもレントゲンの画像はそのまんまですよ。
すり減ったまんまです。

これはどういうことなんでしょうかね?

あなたは自分の状態をどのように考えていますか?
一度真剣に考えて見て下さい。

そうすることで改善の道筋がみえてきます!

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)