猫背で肩こり、腰痛になる

猫背で肩こり、腰痛になる

背の高い人に多いのですが、
背中を丸めて小さくなったような感じの姿勢をしている人がいます。

 

まるで猫の背中のように丸まっている状態を、「猫背」と呼びます。
本来私たちの背中はきれいなS字を描いているのですが、
猫背になるとこのSが崩れてしまいます。その分胸椎が曲がってしまう状態になっています。

 

猫背は見た目の印象もあまりよくないことが多いのですが、
体に与える影響もよくないのです。猫背になると、脊椎と腰椎に影響が出ます。

 

その分内臓疾患や、背骨の周りの痛みが起こりやすくなります。

 

猫背が原因になってよく起こるのが肩こりや腰痛です。
猫背になると、肩が下がったり、
内側に巻き込んでしまったりしますので、筋肉がかたまって血行が悪くなりがちです。

 

それが肩こりの原因になります。

 

また、猫背の影響で骨盤がゆがんでしまいます。
正しい姿勢をしていないと、体の中心である骨盤に大きく影響します。
逆に骨盤がゆがんでいると、猫背になりやすいとも言えます。

 

同じように起こるのが頭痛です。
頭を支える首には、かなりの負荷がかかっています。

 

まっすぐに起こしていれば骨の上に重さが乗るので楽なのですが、
猫背の人は特に、首を前に突き出したような状態になりがちです。
そうすると、首の筋肉だけで頭の重さを支えなければいけません。

 

当然筋肉が固くなって血行が悪くなります。
そうなると、脳に行くはずの血流が滞ってしまうので、頭痛が起こりやすくなるというわけです。

 

猫背による首の突き出しや背中、
胸椎の曲がりやゆがみによって、椎間板ヘルニアになってしまうことも。
慢性的な腰痛とずっとお付き合いすることになってしまいます。

 

この猫背、日本人に多いと言われます。日本人独特の体型の問題もありますが、働きすぎが一番の原因。パソコンの前で何時間も続けてデスクワークをしたり、忙しすぎて運動をする暇がないなどにより、背中をしっかり伸ばす機会を失ってしまうのです。ずっと背中を丸めた状態でいると、常に猫背を促進してしまうことになっているのですね。

 

猫背になっている、と気づいたときには、背中をしっかり伸ばすストレッチを行いましょう。
また、背筋を鍛えることでも改善していきます。

 

猫背に腰痛や肩こりがすでにプラスされている場合は、一度丁寧に体のメンテナンスを行う方が無難でしょう。

 

整体に行って話をすれば、原因究明、そしてそれを取り除く施術と、
猫背になりにくい生活習慣の指導がしてもらえます。当院である、ゆずクリニカルルームなら確実です。

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)