その寝違えは危険?首の痛みが続く場合は病院や整体へ

危険な寝違え、

首に痛みが続く場合は早めに病院や整体へ行きましょう

 

しっかり寝て、よし、疲れが取れた、と目覚める朝。

快適に起きるはずが、「いてててて・・・」首が思うように動かせない、

そんなことがあると思います。

 

これが俗にいう「寝違え」です。

 

頸椎部に起こるこの痛みは、起きた時点から首が動かせないこともありますし、

最初はどうも首が痛いな、という程度なのに、徐々に痛みが増して辛くなる、

ということもあります。

 

程度が軽い場合は、通常ほど首が動かないけれどまあまあ支障はない、

というもの。ひどい場合は、全く動かせない、動かそうとすると激痛が走ります。

放置すると、腕のしびれなどが引き起こされることもあります。

 

寝違えが起こってみるとよく分かるのですが、私たちは日常生活の中で結構首を動かしています。

上下左右に首を動かす、そして振り返って後ろを見る、

など、何気なく行っている動作がすべてできなくなるので、

日常生活すべてに支障をきたすようになります。

 

そして痛みと、思うように首を動かせないことにストレスを感じてしまう場合もあります。

じっと同じ方向を向いているというのも首や肩の疲労が強くなるので、

気分が悪くなる人もいます。寝違えといえば、誰にでもよく起こる症状ですが、実際になると結構大変なのです。

 

では、なぜ寝違えという状態が起こるのでしょうか。

いつも通りに寝ているはずなのにと考えたことはありませんか?

 

この寝違えの原因は、日常生活にあります。

普段から仕事などで首の関節や筋肉に負荷のかかる状態が続いている、

いろいろな要因により、ストレスがたまっている。

 

また、体のどこかに不調がある場合にも、

寝違えという症状として表に出てくることがあるようです。

慢性的な肩こりに悩まされている、という人もなりやすいですね。

 

そして寝違えた際の対処です。

 

病院や整体、整骨院などに行く方が多いでしょうが、

中には「そのうち治る」としてそのまま放置する方がいらっしゃいます。

 

または、痛い部分をマッサージして自分で直そうとすることもあるでしょう。

 

しかし、この自己流マッサージというのは一番危険です。炎症を起こしていることが多いので、

その部分をほぐすとさらに痛めつけることになりかねません。

まずはしっかりと冷やしてあげることが大切になります。

痛い部分をしっかり冷やしましょう。痛みが強くなる、

数日たってもまったく改善する様子がない、という場合には、

早めに病院なり整体院なりに行くようにしてください。早めの対処が悪化させない鍵になります。

 

 

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)