長時間のパソコンは腰痛を引き起こす?

長時間のデスクワークが腰にかける負担について

 

世間には様々な仕事があります。

立ちっぱなしの仕事もあれば、座りっぱなしの仕事もあります。

そしてその中でも腰に負担がかかるのが、長時間座りっぱなしのデスクワークです。

学校で勉強する時も座りっぱなしですが、途中で当てられて立つこともありますし、何より確実に休憩が入って来ます。

しかし、仕事をしているとそうはいきません。

長時間座りっぱなしでパソコンに向かったり、書類に向かったりすることが出てきます。

 

 

立ちっぱなしの仕事の方が腰に負担がかかるのでは、と思いますが、意外にデスクワークの方が腰に負担がかかっているのです。

もちろんそれは座る姿勢にもよります。

学校の授業ならば、しっかり背筋を伸ばして前を向いていることも可能ですが

パソコンを使っての仕事だと、どうしても視線は斜め下になりがちです。

それに疲れてくると、目の位置がパソコンの画面の正面に来るように

ついつい腰を曲げたり、お尻を椅子の前の方にやって座ったりしがちになります。

 

 

それは横から見ると、猫背のような状態になっていることが多いです。

そもそも猫背だと、腰や背中、首に負担がかかってきますよね。

そしてだんだんあちこち痛くなると、体をずらして何とかしようとします。

そうすると、背骨が曲がったり、骨盤がゆがんだりしていきます。

骨盤や骨がゆがんでしまうと、どの姿勢になっても同じ。

腰痛などが起こりやすくなってしまうのです。

 

 

デスクワークでも腰に負担をかけたくない、と思うのなら、いくつか注意点があります。

まず、座る時は椅子に深く腰掛けることです。

背もたれにしっかりと腰をくっつけて座ります。

そしてあごをしっかり引く。

そうやって背中が丸くなるのを防ぎます。

 

 

座っている間はその姿勢をできるだけキープし、自分の中で休憩時間を決めておいて、こまめに立ちあがるようにしましょう。

そして、立ちあがった時には軽い運動をするよう心がけます。

しかし、ここで腰をぐっとひねったり、思いっきり背伸びをしたりするのは危険です。

腰が固まってしまっている所に大きな動きをすると、かえって痛めてしまいかねません。

お勧めなのは、軽い屈伸運動です。

座ったままの姿勢で血行が悪くなって冷えている腰回りの血行を促進する動きとなります。

無理して伸びをしたり、腰を回したりするのではなく、小さな動きをこまめに行う事。

これが長時間座りっぱなしのデスクワークを行いながら腰を痛めないポイントです。

ぜひ明日から実践してみてください。

 

 

 

キーワード・デスクワーク、腰、負担

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)