生理になると腰が痛いという悩み

from:まさはるまえがわ

引っ越しして3階から1階に仕事部屋を移動した

 

こんちには。

今回は男の人にはわからない悩みについてお伝えして行きます。

そういう私も女性に申し訳ないですが辛さをわかることはできません。

 

でも多くの方を診て来ていてるので少しはわかっているつもりですので

お手柔らかに聞いて下さい。

 

まぁ、ネットで「生理 腰が痛い」というキーワードで調べれば

情報はでてくるので、そういった所とは違う話を今回はしていきたいと思います。

 

まず、子宮や卵巣がどこにあるのか?

というのを考えてみましょう。

 

そうです、骨盤の中にありますね。

 

骨盤の中にあるこれらの臓器はどのように位置しているのかというと

じん帯というヒモで吊られている状態です。

 

生理が起こる時は子宮内膜という壁がはがれ落ちて外にだすために起こるのですが、

この時に上手く外に出せない時に生理痛が強くなると私は考えています。

 

なぜうまくだせなくなるのか?

 

もし、骨盤が歪んでいたら、その中にある子宮や卵巣はどうなるでしょうか?

【骨盤が歪む→じん帯が捩じれる→臓器が捩じれる】

この悪循環によりうまく生理が行われずに痛みを伴うと考えています。

 

だから痛み止めで痛みをとめていたら済むのか?というと決してそんなことはありません。

骨盤のバランスを整えて、生理がうまくいくように身体を調整していく必要があります。

 

原因をしっかり処置することにより、生理により発生する腰が痛いという症状は改善していくケースが多いです。

もし、あなたも悩んでいるのであれば一度ご相談ください。

 

婦人科系疾患の場合もありますので痛みが強い場合は一度検査を受けてみて下さいね。

 

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)