椎間板ヘルニアの症状と改善のためのポイント

椎間板ヘルニアの
症状と改善のためのポイント

 

ヘルニア、という言葉をよく耳にすることがあると思います。

 

ぱっと思い浮かぶのがひどい腰痛と関係する椎間板ヘルニアであると思いますが、
実はほかにもいくつか種類があります。  

 

いわゆる「出べそ」は臍ヘルニアですし、男性に多くみられる、
腸が下腹部に飛び出してしまう鼠径ヘルニア、というものもあります。

 

いずれ状態も、何らかの臓器が体内のあるべき場所からずれてしまったことが原因で起こる病気です。  

 

 

今回は椎間板ヘルニアのお話をします。  

 

椎間板ヘルニアとは、 背骨と背骨に挟まれたクッション部分である椎間板の一部が飛び出してしまい、
神経を圧迫したりする状態のことを言います。  
そしてこの椎間板ヘルニアの中にも、 脱出型椎間板ヘルニアと膨隆型椎間板ヘルニアとがあります。  

 

前者は、クッションのカバーである線維輪と呼ばれるものが破れた状態で、
椎間板が飛び出してしまい、それが神経に触れることによって痛みが生じるもの、
後者は線維輪の形が変形し、直接神経を圧迫してしまう状態です。

 

どちらにしろ、神経に触れるため、痛みやしびれが生じるのです。  

 

椎間板ヘルニアは、重度になると手術を勧められることもあります。
どのような手術かというと、ヘルニアを摘出する方法、
またはひっこめるような方法になるようです。  

 

しかし、実際に手術がどうしても必要な状態は、数パーセントというのが現実のようです。  

 

そして、手術をしたからと言ってもう二度とヘルニアに悩まされないというわけではありません。
椎間板は1つではないので、また別の部分に負荷が生じ、
ヘルニアを引き起こす可能性がないわけではないからです。  

 

手術以外はどうするのかというと、温存療法になります。 ヘルニアの多くは、
姿勢が悪いことが影響しています。  
ですから、骨のゆがみを整体などできちんとケアしてあげることにより、
ヘルニアが改善することもとても多いのです。

 

ゆがみを取り除き、 前後左右のバランスを取ることでヘルニアの改善、
そして再発を予防することができます。   また、日常の動作の中でも、
腰に負担をかけるような動作を避けることで改善されていきます。

 

例えば、重たいものを持ち上げるときにはきちんと膝を使うなど、
ちょっとした動作によってヘルニアは改善することが可能です。  

 

日常の動作についてもアドバイスをくれるような整体院を選ぶと、
ヘルニアは改善率が高まりますし、再発率は低下します。
手術しかないと思い悩む場合には、評判のいい整体院を訪れてみることをお勧めします。  

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)