財布をポケットに入れると骨盤が・・・

財布をポケットに入れると骨盤が・・・

自分が全く気付かないうちにしている日常的な動作というのが誰にもあると思います。
その中で、特に男性に多いのがお尻のポケットに財布や携帯などの物を入れている、
ということではないかと思います。

免許証を財布に入れている人も多いので、
財布さえあれば外出できる、バッグは要らないということでこのスタイルの方が多くなるようです。

確かに荷物は少ないし、手元は楽なのですが、
どうしても財布や携帯を入れるのは片方のポケットになってしまいます。

しかも、毎日入れているとそのポケットがいい具合にサイズが広がり、
財布等が入れやすくなるのでついつい右だけ、左だけなどに固定されがちです。

しかし、財布は意外と重さがあるもの。

携帯もしかりです。常にどちらかに重さがかかっているのは、
肩に重たいバッグをさげるのとあまり変わりがありません。
そのため、どちらかに重心が偏ってしまいます。

さらに、多くの方はそのまま座ってしまいます。

そうすると、さらに重心が偏ってしまうので、
骨盤のゆがみはもちろん、背骨、その上の肩甲骨などのゆがみにもつながっていってしまいます。

これを毎日続けていると、確実に骨盤ゆがみがでるので、
腰痛になりやすくなったり、股関節痛や坐骨神経痛になってしまう確率がぐんと高まります。

そもそも、財布をポケットに入れたまま座ると、骨盤を形成するものの1つである腸骨が圧迫されます。

体重をかけて座る時間が長ければ長いほど、
この腸骨が後ろから圧迫されてゆがむので、腰痛が起こりやすくなるのです。

骨盤もそうですが、お尻が片方あがったまま座っていることになるので、
筋肉にも大きな影響が出てしまいます。

筋肉が固くなると、どうしても痛みが生じやすくなりますし、
柔軟性に欠けるので刺激に弱くなりがちにもなります。

この対策としては、財布をポケットに入れないことが一番です。
とりあえず、そのまま座ることをやめてみましょう。

財布にはカードなども入っていますので、
それが曲がったりするのを予防することもできるようになり、
一石二鳥です。バッグなら、かける側の肩をこまめに変えればいいということになりますが、
お尻の財布はそうはいきません。

片方がゆがんだから反対側、とすると、両方にゆがみがでてしまいます。

この癖があってすでに腰痛や坐骨神経痛が気になる、
という方は、一度整体できちんとチェックしてもらってはいかがでしょうか。

骨盤をきちんとした位置に整えてから、財布を入れる癖を改善することで腰痛や坐骨神経痛、
股関節痛などに悩まされにくくなります。

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)