信号待ちでの交通事故にあったら…

交通事故に遭う場面で多いのが信号待ちです。

赤信号で停車中に後方より追突される、、、

 

この時、

ぶつけられた方というのは身構えることなく

相当な衝撃を受けることになるので首を痛めてしまうことが多いです。

 

ですがここで問題!!

 

レントゲンでは異常が認められないことが多いです。

そもそもレントゲンは、骨折や脱臼といった問題を発見するための検査機です。

ただ首が痛い状態でレントゲンを撮っても異常がないのは当たり前なんですね。

 

結果、病院では湿布や電気施術で様子を見て下さい。

となるわけです。

 

確かにそれで改善していくケースもありますので間違った処置ではありません。

ただ改善しない場合です。

病院では原因不明ということになります。

 

確かに骨折・脱臼がないので異常はないのですが

相当な強い力が首にかかってしまっているので

首の捻挫(いわゆるムチウチ)状態になっているので捻挫の処置が必要になります。

 

どんなことをするのか?

 

一般的な処置:衝撃により固くなっている筋肉をマッサージ・ストレッチ・湿布などの方法を用いて処置していきます。

これらは筋肉に対しての処置です。

 

当院の処置:筋肉が固くなっている原因に対して処置をしていきます。

強い衝撃によりバランスを崩してしまって背骨(骨格)をまず整えていきます。

このバランスを崩したまま筋肉を柔らかくしてしまうと背骨が崩れてしまうので

めまい・頭痛の原因になってくると考えています。そのため、当院ではこのバランスを整える処置をしていきます。

 

交通事故による症状に対しては、いかに早く正しい処置を受けるかがその後の状態を左右します。

交通事故にあった際は早めの連絡お願いします!

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)