腰痛にストレッチは逆効果という真実

from:まさはるまえがわ

岸和田で唯一の腰痛専門院、ゆずクリニカルルームより

 

最近、来院される患者さんで多いのが

腰痛がひどくてストレッチを一生懸命やっている患者さんです。

 

でも残念ながらそれは逆効果…

 

そもそも腰痛だからストレッチをしないといけないなんて

誰が言うたんでしょうか。

テレビで言うてた?雑誌にのっていた?

どっかの偉いお医者さんが言っていた?

 

でも一度よく考えて欲しい。

本間にそれで腰痛の患者さんは良くなっているの?

 

言うのは簡単です。

実績はどうなのか、まぁ調べてみてください。

ないから。

 

メディアの情報なんて信じては行けませんよ。

そんなん、嘘でも何でも書けるんですし放送できるんですよ。

 

だからこそ自分で考える必要があります。

もうこのご時世なんでもかんでも信じてはいけません。

 

では腰痛にストレッチをすると逆効果だという理由をお伝えして行きます。

まず、何でストレッチしないといけないのか?

 

あなたは答えれますか、これで答えれないのであれば

何もわからずにおこなっているということですね。

 

筋肉をほぐすため…ですね、

一般的にはね。

 

でもね、このほぐすことって本当に必要なのか?

というのがそもそもの問題。

 

何で筋肉固くなってるのか?

その原因を考える必要があります。

 

筋肉が固くなっているのは歪みがあるからです。

歪みを悪化させないために筋肉が固くなり歪みをつくらないように防御反応をおこしているわけです。

 

その防御反応を、原因を解決せずにはずしたらどうなりますか?

その通り、原因となる歪みは悪化していきます。

その結果、さらに筋肉は固くなるという悪循環に陥ります。

 

腰痛にストレッチをおこなっているとこのような状況になっていきます。

私の話を信じるかどうかはあなた次第です。

 

でも当院では多くの改善例が存在します。

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)