すべり症でも腰痛が改善するという真実

「常識は間違っている」

これを今回は証明してみたいと思う。

 

あなたも一度は聞いたことがあると思う

腰椎分離すべり症という病名

 

事実この診断を下されたから腰痛とは一生付き合って行くしか無い…

と考えている人が多いです。

 

でも真実を伝えます。

 

画像の問題と痛みの問題とは関係ありません。

 

廣中さん (2)1

 

この方は、すべり症と診断され悩まれていました。

現在は元気バリバリ働いています。

廣中さん1

 

整形外科へ受診して、腰はすべり症との診断、左膝は水が溜まっていると言われ、水を抜きました。

医師は「すべり症は治らない」と説明するだけで、すべり症を悪化させない方法などを質問しても答えてくれず、痛み止めや湿布、コルセットをすすめてくるだけでした。

 

根本的に何としても改善させたいと思い、前川先生のもとへ来院しました。

そもそもの原因は日常生活の過ごし方に問題があるとのことから、歩き方や姿勢などの指導を受けました。

2回目の治療へ向かう時に、時間がギリギリで慌てていると小走りしている自分に驚きました。

現在は、痛みを気にすること無く過ごせています。

すべり症と診断されても諦めなかったよかった!

 

一度冷静になって考えてみてほしい。

大人になってから骨がすべったり分離したりするという事があり得るだろうか?

 

もちろん、こけたりとか・強い力でぶつかったりとかしたら話は別ですよ。

でも通常通りに過ごしていて、分離したりすべったりするはずがないですよね。

 

いくら重い荷物を持ち上げていてもあり得ないです。

 

そのすべり症・分離症といういのは昔からあったと考えるのが普通です。

 

急に腰が痛くなった!→急に分離症になった。ではありませんし。

 

この話をすると、前から腰痛あったよ!という方もでてくると思いますが、

痛みマシな日もあったでしょ?その間は分離症治ってたんですか?

 

そんな事ないですよね。

 

画像上の問題は痛そうに見えるだけで、実際の腰痛とは無関係ですね。

 

分離症、すべり症でも諦める必要は一切ありません。

だってその腰痛とは無関係ですから…

 

それをこの女性は証明してくれていますよね!

 

もしあなたが分離すべり症で悩んでいるのであれば

当院を頼ってみてはいかがでしょうか?

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)