知ってるだけで腰痛を繰り返さない!腰痛の情報と知識について

腰痛には誰もがなりたくないものですよね。

腰痛になれば痛いし、治療にいくのも痛いし、

腰痛になって良い思いをした人は誰もいないと思います。

 

ある調査によると8割以上の方は腰痛を経験しています。

実際に私も腰痛を経験しており 治療を受けたこともあります。

そんな時に色々と調べて 実体験をして腰痛を改善させて

それからは繰り返すこともなくなりました。

 

開業してから腰痛患者さんに特化して経営させてもらっていますが

この方法は結果がでています。

 

ぜひ参考にしてみてください。

1、実は腰痛は癖になるのは嘘だった

 

「よく腰痛は癖になる」とか「重いものをもつと腰痛になる」と 聞いたことはありませんか?

もちろんこれは正しい・・・と思いがちですが 間違っています。

 

腰痛の起こる原因として そういったことは因果関係は証明されていないです。

腰痛は癖になるとか重い荷物をもつと腰が痛むとかは 単なる思い込みにすぎないです。

 

そう考えれば考えるほど 腰痛を意識してしまうので腰痛は放っておいても良くなるものだ!

それぐらいの心構えでいるのが大事です。

 

2、腰痛はどうやって治療するの?

 

2−1、初期の腰痛を治療する方法

2−1−1、初期の腰痛はイスの立ち座りで改善できる

 

動き出しに腰がだるかったり、鈍痛があったり、 なんだか動きにくい状態は腰の筋肉バランスが悪い状態です。

こんな状態の時には正しく筋肉を使うことによって 身体のバランスが整い、筋肉が柔らかくなり改善していきます。

具体的にどうするのか?

 

イスの立ち座りをする時に意識してもらいます。

 

1、つま先をまっすぐに向ける

2、両手を自分の膝にあてる

3、目線は下げずにまっすぐ前を向いたままお腹を前にだし胸をはる

4、どすん!と行かないようにゆっくりと座り込みます

 

立ち上がる時はこの反対です。

この立ち座りを意識しておくことで随分と腰痛は改善されます。

 

2−1−2、30分程度のウォーキングをする

 

基本的に動ける時に安静にするのは好ましくありません。

筋肉はしっかり使ってあげることで緩和していきます。

 

ご自身のペースで30分継続した歩行をしてみてください。

歩き方など細かい部分は気にせずにリラックスして歩いてみてください。

そうすることで身体全体が滑らかに動き 腰の筋肉が柔らかくなります。

 

3−1、治療が必要な腰痛とは?

 

上記2にあげた動きが出来なくなった場合は治療をお勧めします。

できるだけ早期に動ける状況にもっていきたいので

一週間程度動きにくい状況が続けば治療院へいくことをお勧めします。

 

整骨院や整形外科。

たくさんの医療機関があるけれど どこを選んで良いのかわからない。

そんな時はよくあると思います。

今回はどんな時にどこを選んだらいいのかお伝えします!

 

3−1−2、腰痛があるけれど動ける時

 

どこかに受診しようと思うけれど 自分で動くことは可能。

こんな状況であれば 近くの整骨院、整体院というところに行かれることをお勧めします。

 

選ぶポイントとして

1、自費施術だけでしているところ。

2、スタッフが担当性になっているところ。

3、当日飛び入りで予約のとれないところ。

 

少なくてもこの3つのポイントはみるようにしてください。

このポイントに当てはまらない場合は治療というよりも気休めだと思います。

 

3−1−3、じっと寝ていてもうずく痛みがある場合

通常の腰痛では安静にしていると痛みは和らぎます。

態勢を変える時に痛んだり、動き出しが痛んだりとかするものです。

 

安静時に痛む場合、内臓から来る痛みの場合もありますので

その際は整形外科や病院などの医療機関を受診ください。

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)