【挑戦】和泉市から40分かけて椎間板ヘルニアの治療へ

腰痛の原因とは?腰が痛い人の気持ちが初めてわかった

あなたもそうだと思います。

腰が痛いので仕事を休む。腰が痛いので休憩する。

腰の痛みがない人からすると全く気持ちがわからないですよね?

 

腰痛患者さんの多くがそう言われます。

自分自身が腰痛になることで腰痛の人の気持ちがわかる。

 

腰痛の治療

一般的には病院や整骨院へいかれる方が多いです。

日本は健康保険というものがあり負担金が3割だったり1割と

年代によって差はあるものの決められた治療を受ける権利があります。

 

これは一般常識になっているので

腰痛で深い悩みを抱えている人の判断は理解してもらえないことが多いです。

 

保険で治療を受けれるのには範囲があります。

その範囲内の治療で改善する人は皆無です。

 

・何のためにしてるか分からない電気治療

・意味のない画像診断での検査

・その場しのぎのブロック注射

・鎮痛薬の服用

・効果がないと確定している牽引

 

このような処置が保険で受けれる治療となります。

腰痛で悩んだことのない人はこれらの処置で治ると思っています。

 

だから自費を支払ってまで通院する人の気持ちがわからないですね。

 

でも腰痛を本当に治していくのであれば

保険適応では難しいのが現実です。

 

椎間板ヘルニアの腰痛に必要な治療とは?

 

まずは考え方を変える必要があります。

椎間板ヘルニア=腰痛

という考えが浸透していますがそもそもこれが間違い。

 

まずそこの思い込みを外す!

 

その上でご自身の体の状況をしっかりと把握していく。

自分の体を理解せずに治そうとするのは都合が良すぎる。

 

糖尿病になってる人がお菓子ばかり食べてて

回復すると思うのか?と言われたら無理ですよね。

 

それと同じで椎間板ヘルニアになってしまっている原因を

知るためにも自分自身の体の声に耳を傾ける必要がある。

 

・どんな時が楽なのか?

・どう動くと辛いのか?

・治ったら何をしたいのか?

 

しっかりと向き合うことが大事です。

ほとんどの方はこれをせずにとにかく痛みをなんとかして!

早く治療して治して!

 

そんな自分よがりな人が多い。

でも残念ながらそんな人は治りにくいんですね。

だから治療を受ける基礎を作ることがとても大事になります。

 

【やるかやらないか、その差が大きな違い】

 

たくさんの椎間板ヘルニアで悩む患者さんを担当してきた。

どれだけ強い痛みで手術を宣告されている方でも

考え方を変えて身体に対して適切な処置をすればしっかり変化して行きます。

 

あなたが犯している施術選び3つの間違い

間違い

間違い① 痛い所をマッサージすれば良いという間違い

間違いはっきり言いましょう。マッサージは痛みに対して逆効果です。

確かにマッサージは日本古来から受け継がれている医術です。ですが、現在ちまたで行われているのはどうでしょうか?

ただ単に、腰が痛ければ腰を揉む、肩こりがあれば肩をほぐす。
その場その場の対処だけで本当に良くなるのでしょうか?あなたは良くなりましたか?

答えはNOです。だから今、当院のページを見ているはずです。

筋肉を揉み過ぎることで逆に筋肉を傷つけてしまい、余計にコリ固まり痛みが起こります。痛みがつよくなります。

その結果マッサージではモミ返しといって身体がしんどくなってしまったり、どんどん強い刺激でないと満足できない身体になってしまいます。

間違い② 痛み止めや注射や薬で良くなるという間違い間違い

はっきり言いましょう。痛み止めや注射は一時しのぎの方法です。

病院で当たり前のようにおこなわれている処置ですが本当にこれで治るのでしょうか?

確かに痛みが強い時に痛みを抑える事は必要です。ですが、何ヶ月も薬を使用するのはどうかと思います。

基本的に、薬は治すためのものではありません。その場の痛みを抑えるためのものです。一時的な処置にすぎません。

痛みを抑えている間に、身体のもっている治癒力を使って回復させていくはずなのですが、そもそも痛みは出ている時は治癒力が落ち込んでいるので、回復していきません。

これに気付かずに薬付けになると痛みを抑えきれなくなるのでご注意を。(ひどい生理痛なのに薬が効かずに苦しむことになった女性もいます)

間違い③ まずは画像による検査を受ける(レントゲンやMRIなど)

間違いはっきり言いましょう。画像検査では腰痛の原因はわかりません

驚くかもしれませんが、世界的に腰痛で画像検査は行われなくなってきています。理由は明確で、画像で腰痛の原因はわからないから。

背骨が狭い・椎間板ヘルニアがある。でも痛みの無い人は山ほど存在します。ヘルニア持ちの70%の人が痛みシビレなく生活できているデータもあります。

これらのことから、画像による痛みの原因の説明は矛盾を生じます

逆に「これはひどいへルニアだ!軟骨がつぶれてる!」などと言われて、不安や怖さによるストレスで痛みが増悪するケースが多々あります。

そんな間違った常識に惑わされないで下さいね。

-これらの間違った常識を知らずにいると、あそこの整骨院のマッサージは効果なかったから
-次はあっちの整骨院でマッサージを受けよう。
-ここの整形外科の薬は効かないから友達の言っている整形外科で薬もらおう。

などと言った、間違った選択肢を永遠繰り返すはめになります

これらは全て対処療法です。その場の痛みを和らげるために効果を発揮する方法です。

決して対処療法が悪いのではありません。ただ治すための方法ではないということです。

だから初期の頃はこれらの方法でも効果を実感できたはずです。ですが、何度も繰り返している内に効果を感じてなくなって来たはずです。

そして、現在まさにそのような状態なのでしょう。

間違い

あなたが当院を選ぶメリット

メリット

メリット① 徹底的な検査で痛みの原因が今度こそわかる

メリット痛みには必ず原因があります。原因を的確に把握しない限り適切なアプローチは出来ないのですから、原因を見つけることが最重要になります。

あなたは今まで時間をかけた丁寧なカウンセリングを受けましたか?検査を受けましたか?

カウンセリングもせずにマッサージ、電気、レントゲンをとって湿布のみ… それで身体が変わると思いますか?

私はカウンセリング・検査で改善できるかどうかが決まると考えています。

ですからあなたの日常の生活スタイルを細かく聞き出します。必ず日常生活に何か原因が隠れているからです。

レントゲンやMRIで原因はわかりません!画像検査ではわからない真実をお伝えします。

原因がわかることで、「「私の痛みは楽になるんだ!」「また元の生活に戻れるんだ」と希望をもてるようになるでしょう。

メリット② 重症施術経験が豊富だから、根本原因にアプローチ可能

メリット当院にはどこに行っても、何を受けても改善しない症状でお悩みの方が集まってきますので、当然私の施術経験は、普通の院では経験することがない、難しいものです。

この仕事は施術数・経験の差が技術に直結します。経験がないと技術は磨かれません。

効果がきちんと現れる!確実にあなたの症状回復の方向に向かわせます。

メリット③ 痛みの強い人でも安心安全のM&M骨盤療法メリット

当院がこれまでの経験から辿り着き、編み出したのM&M骨盤療法は、身体に刺激がなく短時間で終わる安全な施術です、

全く痛みが無くリラックスして施術を受けられますので、子供からお年寄りまで受ける事が可能。

痛みが強くて我慢できない人でも、まったく問題ありません。

刺激がないので当然揉み返しは再発などもありません。

メリット④ 神の手を持つ治療家とメディアで紹介される院長のみが施術

メリットあなたに施術を行うのは、各メディアで神の手を持つ治療家と紹介され、医療関係者からも強く推薦されている院長前川のみです。

いままで担当者が変わりませんでしたか?毎回同じ説明を別の担当者にしなければならず、大変ではありませんでしたか?

あなたの体の情報や身体のクセは、私の中に実践経験として蓄積されていきますので、あなたの身体にあったオンリーワンな施術に磨き上げられていきます。

他で受けてきた方法と全く別次元の施術をお約束しましょう。

メリット⑤ 信頼があるから集まる200件以上のお喜びの声

メリット当院には2017年10月現在で、200件を越えるお喜びの声・写真が集まっています。大変ありがたいことです

こうした体験談や写真は、みなさんから大きく信頼をしていただかないと、頂けるものではありません。

あなたがこうした体験談を書いても良いというときは、どういう時ですか?「結果に感動」したときではないですか?

そのような感動した方が多いことが、施術内容に対する自信であり、皆さまへの責任だと感じています

メリット⑥ 無駄な施術はしない、だから結果を提供できる

メリット当院の施術は最小限の刺激・時間で終わります

昨今では治療院の増加により少しでも長く・多く治療して患者数を確保しようとする治療院が目立ちますが、それでは逆効果。

刺激を入れ過ぎると害な刺激となり改善を遅らせてしまいます。

当院は身体に刺激がなく、最小限のアプローチで最大限の結果を追求しています。

「どこへ行っても良くならない」ツラい腰痛に悩む重症の患者様「のみ」を施術している実績があるから、あなたに結果を提供します。

椎間板ヘルニアを克服!

「俺ってヘルニアやったん?」とすっかり痛みから解放されて気楽なもんです
椎間板ヘルニア N 様 和泉市

私が腰痛との長い付き合いになったのは17歳から18歳頃。 サッカーの練習中シュートを空振りして以来慢性の鈍痛やぎっくり腰がありました。

その時は医院にかかったのですがレントゲンと湿布のみ、騙し騙しで通院している理由もわからないので止めました。

それ以降もバイクでの転倒、交通事故等10件程経験し、トラックの下敷きになり踏まれた事もありました。

多分、それらの積み重ねでねじれ・ひずみ等が現れてくるようになったのかと思います。その度、医院に通院しましたが完治する事はなく、期待も出来る医者に出会う事も無いまま過ごしてきました。(整骨・接骨・カイロ・整体・鍼灸などなど)

本職の魚屋での仕事も年中エアコンは10度、足下も冷えて作業は前屈み、そんな生活を20年もしていると腰痛ともうまく付き合えるようになってきました。

騙し騙し、誤魔化しながらでしたが何とか…

東北の震災で不景気になり景気が戻るまでトラックにでも乗ろうと思い始めたこの仕事で身体にとどめを刺しました…

診断は「椎間板ヘルニア」です。初めての痛みでした。

名前は聞いた事もあり、知人にもなったと聞いてましたが、聞いた所で自分には痛みは伝わらないので他人事でした。

人の言う「激痛」というのも言葉では頭にはあるのですが痛みではないのです。 これがヘルニア?顔をしかめるくらいの痛さ。身動きがとれない痛み。

身体を動かせない不自由さ。何と情けないこと…金払うから誰か治して!

この時3件の医院に行きましたが治らずだらだら… そんな中ある知人がHPを見つけてくれたのがゆずクリでした。

初めの印象・本音・本心は「若いのに治らんかったら金返すってえらい強気やな〜、患者にケンカ売ってるで、治せるもんなら治してもらおうか」と思った反面、「ここまで自信があるんやったらほんまに今回は治してもらえるかも…」と思い藁にもすがる思いで電話させてもらったのが初めでした。

始めるにあたって決めていたことがありました。 この痛みがとれるまで通えるのは10回までと…

しかし、5・6回目には痛みも和らいで普段の生活でも少しかばいながら普通の動きが出来るようになりました。初めて電話してから半年で10回程通院し、過去を振り返り「俺ってヘルニアやったん?」とすっかり痛みから解放されて気楽なもんです。

でも普通の医院と患者はここでやめてしまいます。 ここから完治・安定を目指すのがゆずクリとそこに通院する患者ではないでしょうか…ここまで良くしてもらったのは感謝です。

この技術は若くして取得したのは人一倍の努力という言葉だけでは片付けれないと思います。他とは違ったものの見方とセンスでしょう。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません
岸和田の整体

クーポン

LINE特典

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)