9割の腰痛の原因は「ヘルニア」でも「脊柱管狭窄」でもない!

9割の腰痛の原因は「ヘルニア」でも「脊柱管狭窄」でもない!

 

長い間苦しんでいる腰の痛みがついに耐え切れなくなり、

病院や整形外科に行き、レントゲンやMRIなどの画像診断を受けて

「椎間板ヘルニア」あるいは「脊柱管狭窄症」と診断される。

 

その後、医者の提案するままに、電気治療やブロック注射を受けるために通院して、

もらった痛み止めのクスリを飲んでもなかなか痛みが楽にならない・・・。

 

こんな辛い悩みを抱えている方、あなたご自身だけではなく家族が腰痛に苦しんでいる人も多いのではないでしょうか。

 

「腰痛の原因が、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄ではないのに、そう診断されている方はとても多い。

最近では9割以上の腰痛の原因は別のところにあり、

本当の原因に対して治療をした結果、今までの腰痛がウソのように楽になる方はたくさんいる」

腰痛の原因とは?

画像診断で腰痛の原因を間違えていたら治療で治るはずがない

 

1. 腰痛の画像検査と診断名

 

日本では原因を発見するために画像診断を行います。

 

代表的な画像診断が「MRI」と「レントゲン」になります。

 

MRIとは

MRIとは?

主の目的として、神経や軟骨といった体の深部にある状況を検査するために行われます。

 

レントゲン

 

レントゲンとは?

主の目的は骨に対して問題がないかどうかを検査するために行われます。

 

病院では、診察やレントゲン・MRIなどの画像検査の結果を見て診断します。

腰痛といっても色々な診断名があります。

 

 

腰痛の診断名の例

 

  • 腰痛症
  • 急性腰痛症(ぎっくり腰)
  • 腰椎分離症
  • 腰椎すべり症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎変形症
  • 筋筋膜性腰痛症
  • 坐骨神経痛

 

このような診断名を下されている方が多いと思う。

この他には、医者から「腰にある椎間板ヘルニアですね、椎間板がつぶれているから腰が痛い」とか

「脊柱管狭窄症だから神経が圧迫されて痺れがでる」と説明された方がいるかもしれません。

 

しかし、実際には画像所見で異常が見られないケースも数多くあります。

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)