痛みの原因教えてもらってますか?【岸和田で治療家歴15年の豆知識】

スクリーンショット 2017-09-21 21.49.07

 

 

こんな質問を良くされます。

 

いくつも病院に行ったのですが痛みの原因がわからないんです。

 

不思議と思いますか?

 

だって病院に行けば
色々な検査をされてこう言われるはずです。

 

椎間板ヘルニアですね、とか脊柱管狭窄症ですね、とか
背骨の間が狭いですね!
とか色々言われますね。

 

これが原因と言われるのですが多くの方が納得していないんですね。

 

だって痛みが出た時のきっかけは
くしゃみをした時であったり、うがいをした時であったり、
ゴミを拾った時であったりと何気ない動作で痛めているわけです。

 

にもかかわらず椎間板ヘルニアや骨が変形しているとか
言われても疑いを持ってしまうわけです。

 

ましてや病名をつけられたところで受ける処置としては
痛み止めの薬であったり、湿布薬であったり、
リハビリという名のマッサージな訳です。

 

病名がつけられようと、病名がつけられなかろうと
受ける処置として大きな違いはない。

 

ということは病名はどちらでもいいわけですよね。

 

痛みの原因は一体?

 

治療家を15年やってきて
色々なケースを見てきました。

 

一般的に言われている原因では痛みが説明出来ないことが
多々ありました。というか説明できないことばかりでした。
それで悩みに悩んで私は痛みについて一から調べることにしました。

 

スクリーンショット 2017-09-21 21.31.52

 

 

その中で一番納得したのはこれから話する内容です。

 

人が痛みを感じる時というのは
血流が悪くなった時に感じます。

脳梗塞や心筋梗塞の時に頭が痛かったり、胸が痛かったりという
症状をききますよね。
あれは血流が途絶えたことにより発生しています。

 

腰が痛くなったり、膝が痛くなったりするのも
同じメカニズムと考えるのが自然ですよね。

 

筋肉に問題が起こり血流が悪くなって痛みが発生しています。
だから筋肉さえ状態良くなり血流が戻れば症状は改善します。

 

だから関節が変形していても痛みが改善する人がいます。

だから椎間板ヘルニアと言われても痛みが改善する人がいます。

 

だから私自身がもし
病院でヘルニアだから手術をしなさい!
と言われても受けないですし、

 

家族で手術を宣告されたとしても
まずは手術なしの方向で進めていきます。

 

もしあなたが今なぜ痛くなっているのかわからなくて
悩んでいるのであれば下の動画をぜひご覧ください。

今抱えている疑問が解消すると思います。

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)