椎間板ヘルニアなのに痛みがとれる!?手術いらずのその秘密は?【岸和田のヘルニア治療】

椎間板ヘルニアの診断

 

この画像を見てください!

 

背骨と背骨の間にある黒く見えてる部分、あれが椎間板です。

これが飛び出す現象をヘルニアと言います。

椎間板が飛び出すので椎間板ヘルニアと言います。

 

この画像では1箇所、明らかに後ろ(画面でみると右側)に

黒い部分が飛び出している場所があります。

 

その黒いものにより上から下にかけて綺麗に見える

白い筋が押しつぶされているのがわかりますよね?

 

これが神経です。

 

黒いもの「椎間板ヘルニア」により白いもの「神経」

圧迫されて痛みや痺れが起こっています。

症状を改善させるには手術で椎間板ヘルニアを除去するしかないです。

 

と言われませんでしたか?

 

多くの方が

・手術しか方法がない

・ヘルニアを取らないと痛みが収まっても再発する

と言われて不安になっています。

 

私は15年間治療業界に関わっており、

椎間板ヘルニアで手術と診断された方とたくさん出会いました。

 

その中には、手術をすることなく元気になっていかれる方がたくさんいました。

 

一体なんでなんだろう?

そう感じ勉強をして理由を発見しました!

ですがその前に、あなたはまだそんなわけない!

 

テレビでもヘルニアの手術の番組も多いし、雑誌やネットでも

ヘルニアは手術という話ばかり。

信用できない!

 

そう感じられていると思います。

 

冒頭にあった椎間板ヘルニアの画像ですが、

ゆずクリニカルルームに来院されている患者様の画像です。

 

2017年、10月11日にMRIで診断を受けました。

椎間板ヘルニアで手術を勧められました。

 

あまりの激痛で夜もねれないし、

日中もあまりの痛みで何も出来ない状況でした。

 

結論から言いますと、この方は痛みを克服されました。

 

約2ヶ月で仕事にも復帰できて、元気に過ごされています。

現在は最後の調整に来院されています。

 

この方の2ヶ月後のMRI画像です。

 

椎間板ヘルニアの画像

 

2017年、12月22日の画像です。

見比べて見ましょう。

全く変化がないのがわかります。

 

椎間板ヘルニアのMRI画像椎間板ヘルニアの画像

 

画像上での変化は全くない!でも痛みはなくなる!

 

これが事実なんですね。

このようなケースは、毎日椎間板ヘルニアの患者様を担当していると

当たり前のように目にします。

 

椎間板ヘルニアで手術は最後の手段です!

 

手術

 

手術が必要な場合は?

 

手術が必要な場合もあります。

その場合は以下の時となります。

 

・痛みが激痛すぎて耐えれない

人それぞれ痛みの感度は違うのでどれくらいの痛みなら耐えるのか?

ですが、日常の生活がままならない状況が1ヶ月継続したら手術を検討してもいいかとおもいます。

 

・オシッコの感覚がなくなる

感覚なくオシッコをしてしまった。これは神経が機能しなくなっている状況です。これは早急に手術が必要です。

 

この2点の場合に手術の適応となります。

それ以外の場合は基本的にあ保存療法といい、手術をすることなく対応していくことが望ましいです。

 

椎間板ヘルニアで手術と言われたが必要なくなった人

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

医師からヘルニアで手術宣告!でも先生はする必要なしと言ってくれた。

津阪様 57歳 和泉市

当院へ来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?

とにかく腰痛から始まって左足の付け根からしびれがでて徐々に左の足の親指までしびれがでました。歩くのも辛い状態になりました。 鍼灸院、整骨院、カイロ、最後には整形外科へ通い椎間板ヘルニアと診断され手術を宣告され、悩んでいた時にこちらの整体のHPを拝見しました。

来院前はどのような不安がありましたか?

物を売られるのではないか、高額な施術費なのでそれだけかけて本間に治らなかったらどうしよう…そんな不安がありましたが、先生が満足しなかったら全額返金する!と強気なメッセージがあったので勇気をだして連絡しました。

椎間板ヘルニアで手術を勧められたのになぜしなかったのか?

手術の前に、カイロにいってました。そこの先生に注射もせずに、手術もせずにこのヘルニアからくる腰痛を治したいと言いました。そこに週に2回くらい通院して半年くらいかけて少し歩けるようになりました。でもまたどっと!腰痛がでてきました。この痛みというのは人には言えない。買い物していても痛みで冷や汗がでてきたり、救急車呼んでもらおうかなというくらいです。そんな腰痛でした。でもなんとかしたい!その時前川先生を見つけて先生にかけようと思いました。

当院で施術を受けられて現在の調子はどうでしょうか?

今は、本間に嘘みたいです。多分信じてもらえないと思うんやけど(笑)腰痛がありません。私の症状知っている人からは元気になってるやん!孫ともスキップできてる。それが一番嬉しい!

当院と他院はどんな点が違いますか?

ここは初めに生活態度を聞いてくれて良い事と悪い事をハッキリ言ってくれる。 それで先生が日常気をつける事を教えてくれて、それを行動していく。 今までは薬や注射だけでした。先生はアドバイスをしてくれて私はそれを守る。 ここでは15分くらい軽く身体を触られるだけで何でか知らないけれど良くなりました。

よく私の整体を受けたら良くなると思われていますが実際どうですか?

根本的な所。人それぞれの生活態度、歩き方や姿勢、それを守っていくことが大事。今まではそんなん教えてくれなかった、マッサージして湿布してそんな感じでしたからね。先生の言われる事を守ってきて元の身体に戻ってきました。 椎間板ヘルニアで手術と言われても改善します。

椎間板ヘルニアと診断された腰痛で悩むかたへメッセージ

騙されたと思って先生に一度会って下さい。会えば必ず明るくなります! 腰痛も本間によくなります。鍼灸院とか整骨院に週3回とか通われている方はこっちに来て!楽になるから。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

藤井寺から腰痛ヘルニアで来院

 

来院される前はどんな腰痛でお悩みでしたか?

6年ほど前からヘルニア、ぎっくり腰。そのぎっくり腰で半月以上仕事を休んでまして、涙がぼろぼろ出るぐらい痛くて、起きることもできなくて。娘に杖を借りてトイレにいくのもそれが無いと行けなくて、座ってお箸すら持ち上げれなくてごはんも食べれなかったです。

 

それが治ったと思ったらヘルニアになって、腰がやっぱりだめだと思って、気をつけるようにしてたんですけど、今年の夏ぐらいから痛くて痛くて座れない寝れない、さっきのようにご飯中も座ってられなくて、自分だけ横になって、皆が食べ終わってから洗い物する状態だったんですけど、その時に足が痺れて腰も痺れて歩けなくて、どうしようも無い状態でした。

その時ってどんな心境でしたか?

痛くて落ち込むじゃないですか。何かするたびに痛くて「痛っ」て言ってると思うんです。もちろん座れないし、立ってることも出来なくて。家族の人達が嫌なんでしょうね。私がそういう風に痛いって言ってるのを聞いてて「母ちゃんどないかしたら」って言われてました。

その問題解決するために、色々したと思うんですけど?

整形外科に行って痛み止めの薬とシップと、注射がすごく嫌だったんでそれはお断りしてたんですけど。点滴もされたりしたんですけど、いまひとつ良くならずで。

良くならなくて当院に来て頂いたと思うんですけどなぜ当院見つけてくれたんですか?

ミーハーで申し訳ないんですけど。某テレビ番組で先生の紹介を見て。その前には座り心地の良いクッションを買ってみたりしたんですけど。主人がそれを見兼ねて「こういう先生に見てもらった方がいいんじゃないの?」って言われたのがきっかけです。

テレビ見てもらってHPも見られたと思うんですけどやめとこうと思わなかった?

ならなかったです。テレビで紹介されたっていうのもあるかもしれないですけど、遠くても行こうと思いました。ほんまに辛くて、腰痛が痛すぎて耐え切れなかったので。

自分も切羽詰ってたし痛み止めの薬を2~3週間、1ヶ月近く飲んでたんですけど、一向に痛みが引かなかったので。すがるつもりで来ました。

当院は一般的な治療院より高いですがその部分に対して何も思われなかったんですか?

無かったです。それよりも遠いっていうのがどうしようって思いました。電車で1時間以上かかるので、それ考えるとちょっとあれだったんですけど、家族の協力があっての賜物です。

当院に来て頂いて施術を開始したわけですけど、調子どうですか?

あぁもう全然。左のふくらはぎからお尻の所にかけて痛みや痺れがあったじゃないですか。それが一切無いのですごいです。歩きまわってます。

 

京都にも行きましたし、友達と旅行にも行きましたし、ちょこちょここの頃ウォーキングもやりだしてます。前は歩きたいと思わなかったんですけど、歩けるんやって思うと、歩こうと思うようになりました。

当院は今まで行かれた所とどんな点が違うなぁって思いますか?

目から鱗はやっぱり、患部を冷やすっていうのがびっくりしました。「え、ほんまに?」っていうのがあったんで。でも、来て治療してもらって、その日の夜からすぐに始めたんですよ。でも、冷たいはずなんですけど、痛みが引くんですよ。今まで痛くて寝れなかったのが、冷やしたその日から夜寝れてるんですね。今まで寝不足やった分すごいしんどかったんですけど、時間がなくて冷やせなかった日もあるんですけど、冷やして寝た時はよく寝れました。今までは「温めなさい」っていうのしか聞いてないし、今まで電気当てて温めてくれたのが、冷やすっていうのと真逆だったので。

当院の施術は時間は短いし刺激も少ない、それに不安はありませんでしたか?

なかったです。痛すぎたのもあると思うんですけど、とりあえず頑張ってみようっていうのがあったし、やっぱり変えようとか疑うっていうのが頭に無かったです。そして先生が若いなという印象が強かったです。

最後にどんな方に当院っておすすめですか?

そうですね。私の年齢で母親は私の子供を見てくれてるわけじゃないですか。ということは、50,60近くまで子供3人いてるんで、前と後ろに自転車で乗せて子守してくれてはったんで、それ考えると私このままで大丈夫やったやろかっていうのがあったから、当院に越させてもらったんですけど。やっぱり一生その痛みと付き合っていくのが、やっぱりどこかで区切りたいっていう人が1回来られて、先生と相談して自分の身体がどこまで変わるかっていうのを実感してほしいですね。

 

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

椎間板ヘルニアと診断されるも手術をせずに改善した

 

 

 前川:今日はよろしくお願いします。

 

 患者様:おねがいします。

 

 前川:来院されるまでは、どんな症状でお悩みでしたか?

 

 患者様:今年の1月に腰を痛めて、一旦収まりはしたんですけど、それ以降右の背中と、右の太もも、ふくらはぎにも痛みがあって、痛みが収まらなかったのできました

 

 前川:その問題を解決するために、どこか行かれたりしたんですか?

 

 患者様:まずは、馴染みの整骨院に行って、その時は越したの痛みよりも背中に痛みがあったんで、テーピングをしてもらいました。痛みは良くなったんですけど、段々足にきてしまって、整骨院だけでは無理なのかなぁと、その整骨院が大阪にあったので、近くの整形外科も何度か行って痛みの症状を訴えて治療してました。

 

 前川:何か検査されたりしたんですか整形外科で。

 

 患者様:最初はレントゲンで検査して骨に異常が無くて、異常が無いのでとりあえず薬で痛みを和らげて一ヶ月ぐらい様子見ましょうって言われました。

 

 前川:様子見てどうだったんですか?

 

 患者様:なんとなく、痛みが和らいだ気がするんですけど、きつい薬が飲めなくて、痛み止めもきついのを出してもらわなくて、それで騙し騙しやってました

 

 前川:病院では病名ってつけられましたか?

 

 患者様:最初はなんとか腰痛って言われたんですけど、あまりに腰痛がひかなかったら前払いで検査してみましょうって言われました。しばらくしても痛みがひかなかったのでMRIの検査を受けたら椎間板ヘルニアですねって言われました

 

 前川:そうやって色々苦労されてうちに来られたわけですけど、うちでも結構苦労はしましたけども、今現在どんな感じですか?

 

 患者様:今は普通に生活してても平気です。たまに痛いなと思うときはあるんですけど、堪えられない痛みじゃないし、継続性も無く一瞬なので筋肉を動かしたり身体を動かして自分で対処出来るようになりました。

 

 前川:良くなって何かしたいことってありますか?

 

 か:パラグライダー(笑)。後は山登り、ゴルフもちょっとやり始めたいと思っています。

 

 前川:いっぱいありますね。山登りしてそこからパラグライダーで下りてきたらいいですね(笑) 当院は他の治療院さんとどんな点が違うなぁと感じられますか?

 

 患者様:薬を出しませんね。椎間板ヘルニアって言われた時に、椎間板が出てて、それが神経に触って痛いんだと聞かされてそう思ってたんですけど。身体の重心を歪めていて、筋肉が痛いんですよって根本的に違うことを言われて、考え方が違うなぁと思いました

 

 前川:それを言われた時に、今までと全く違うこと言われたじゃないですか。信じれました?

 

 か:うーん。そうかぁとは思いました。信じれたと言うか、説明受けたら理に適ってるなぁと。確かに身体も歪んでるし、骨盤も歪んでるって自分でわかってたので。歪みからくるんやなぁと。神経の話しをしてもらった事があったんですけど、神経に触ってるだけで痛みってすぐに伝わるもんじゃないしなぁと思いました。

 

 前川:最後に、どんな方に当院っておすすめですか?

 

 患者様:まず治療の方針に納得して通院を継続できる方ですね。あと自分の身体の治癒力を信じて自分で治す、治りたいと思う人に向いてるかなと思います

 

 前川:今日は貴重な時間ありがとうございました。

 

 患者様:ありがとうございました。

 

 

腰の痛みでMRI検査をする意味があるのか?

 

大半のケースで必要性はないと言われています。

検査をして椎間板ヘルニアが見つかろうが見つからなかろうが

処置は痛み止めの薬と湿布薬になります。

 

もしくは手術を選択するかとなります。

 

先ほどもお伝えしたように手術を選択する場合は

画像上の問題ではなく、

 

・痛みが激痛すぎて耐えれない

・オシッコの感覚がなくなる

 

といった症状の場合です。

これは検査をせずとも判断される部分になります。

 

もし手術を検討されているのなら?

 

病院で手術を勧められた。

もしくはあまりの痛みでもう手術をしようか悩んでいる。

 

そんな状況であるのであれば

一度ご相談ください。

 

あなたの状況を教えていただければどのような

選択肢があるのかお伝えさせてもらいます。

 

以下のライン@からご相談いただければと思います。

連絡いただければ、以下のデータをプレゼントさせていただきます。

 

痛みの常識を疑えば痛みはとれる!

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)