病院で治らない膝の痛み3つの特徴と対策

膝に痛みを感じた際に真っ先に行く場所であろう病院。

 

でもその病院で全ての膝の痛みが治るのかといえばそうではない。

 

各機関で解決しないので病院・整骨院・整体と色々なジャンルがある。

 

今回は病院では治らない膝の痛みについて伝えたい。

病院は何をするところ?

 

 

 

 

 

 

そもそも病院の役割は何か?を知る必要がある。

病院は、筋肉、骨、関節の異常を見つけ出しそれによって引き起こされた症状に対して対処する場所です。

 

何から膝の痛みの原因が引き起こされているのかを

検査する場所というイメージ。

 

そして検査で異常があって

どうしても手術が必要な場合に手術を選択します。

 

病院は医療に関わる中で最も重症な問題を扱う場所です。

 

なのでそこまでいかない症状に対しては

処置の施しようがあまりありません。

 

病院がこのような場所ということがわかれば

病院で治らない膝の痛みを予測できると思う。

病院では治らない膝の痛み3つの特徴について

レントゲン検査、MRI検査で異常が見つからないと処置の施しようがありません。

そして老化による痛みは対処しようがないんですね。

 

画像検査による異常が見つからない時

膝のレントゲン

 

 

 

 

 

 

レントゲンやMRI検査で異常が見つからない場合。

この場合はもう対処しようがない。

 

痛み止めの薬を処方されて様子を見る。これがこのケースの場合の一般的な対応。

 

レントゲン検査をしてこのように言われた場合は

対処しようがないと考えて欲しい。

 

1、年相応の老化で変形している。軟骨がすり減ってる

 

軟骨がすり減るのは自然現象で異常でも何でもない。

それで痛みが出るわけでもない。

 

なのでそこを原因にしてしまう段階で原因が違うので

痛みの解決には繋がらない。

でも病院の役割は普通とは違う部分を見つけるのが役割なので何かしら以上を見つける必要がある。

 

なので変形であったり軟骨がすり減っているという話をするのは当然のこと。

ただそれが痛みとか変わっているわけではない。

 

2、体重が重いから膝に負担がかかっている

 

膝の痛みを抱えている人でよく言われるのが体重が重いので膝に負担がかかっているから痛い。

 

聞くとそんな気がしますが実際には関係ない。

 

関係ないと言っても100キロとか超えてくると流石に問題はあるがそれ以内であれば体重の問題ではない。

 

そんなこと言い出すとお相撲さんはみんな膝の痛みを抱えているのかという話になる。そうではない。

 

ただ100キロまで体重が増えてしまう過ごし方をしていることは膝の痛みの原因になっている場合はある。

だから体重が重くて膝が痛いのではなく、体重が重くなる過ごし方が膝の痛みを出しているケースはある。

 

だから単純に体重を落としたら膝の痛みが取れるのか?

といえばそうではない。

 

3、注射を3回打っても変化しない膝の痛み

 

病院では他の整骨院や整体と違い唯一、薬物療法が出来る。

なので応急的な処置に向いている。あまりにも痛みがひどい際は病院で処置してもらう必要がある。

効果的なものといえば注射。

痛み止めの注射だったり膝の動きをよくする注射。

 

様々だけど共通しているのは即効性があるということ。

その場で変化を体感しやすい。

 

効果を感じやすいからこそ続けたくなりますが

それだと問題が大きくなっているだけ。

 

なぜその痛みが起こるのか?

という原因を特定しないとボロボロになるのを待つだけ。

 

このような膝痛で悩んでいるのであれば

 

上記で挙げた処置が間違えているのか?

というと間違えではない。

 

ただその処置を受けるタイミングではないだけ。

 

まずはご自身で対策できることがたくさんある。

そうなってしまったのは自分自身の日々の過ごし方。

 

であれば過ごし方を変えていく必要がある。

 

1、適度な運動をする

 

ほとんどの人が運動不足です。

「俺は力仕事しているから大丈夫!」という人がいますが

そんな人でも太っている人はいます。

 

なので仕事で動いているとかは関係ありません。

 

しっかりと健康のために運動しているのかどうかが大事です。ましてや膝が痛くなったら運動をしなくなりますし医療機関では安静を指示されます。

 

安静にすればするほど筋肉は弱るし、固くなるし動けなくなっていきます。

 

まずは適度な運動をしましょう。

 

一番おすすめなのはスクワットです。

痛みが酷くてそんなこと出来ない!という人は

椅子からの立ち座りでもイイのでしっかりと踏ん張るという動きをしてください。

 

2、意識を変える

 

「もう歳だから何をしても無駄」

「変形しているから手術するしかない」

 

こう言われて、もう何をしても無駄だと諦めてはいませんか?

 

90歳の人でも膝の痛みなく元気に過ごされている方がいますし、変形していても元気に畑仕事している人もいます。

 

だから諦める必要はありません。

 

考え方を変えていきましょう。

体には無限の可能性があります。

 

筋肉は人体で唯一年齢を重ねても強く鍛えれる部分になります。なので考え方を変えて諦めずに上記2つのことを取り組んでみてくださいね!

 

 

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)