手術推奨レベルの腰痛が骨盤治療で治る例

腰痛の間違った常識に気づけ!

 

テレビやメディアでは伝えられる事が少ないが

手術を推奨される腰痛でも手術なしで改善している方が

数多く存在する。

 

腰痛で手術をする!

その考え方は10年前くらいの常識で

今は手術をしないのが常識。

 

ではなぜ手術と言われても手術なしで

改善して行くのか?説明していきたいと思う。

 

これであなたの人生は大きく変わる!

 

そもそもの間違い 画像検査の無駄

画像検査の無駄

 

腰が痛くて病院へ行くとどんな事をされるのか?

代表的な例題パターンを公開したいと思います。

 

先生:今日はどうされましたか?

あなた:1週間前ぐらいから腰が痛くなって動き辛いです

 

先生:なにかされましたか?

あなた:いえ、特に何もしていないんですが急に痛行くなりました。

 

先生:では、レントゲン検査しましょう

あなた:はい、お願いします

 

先生:骨には異常はありませんね。痛み止めで様子を見ましょう

あなた:そうですか!ありがとうございます

 

おそらく、このやり取りを見ても

何も感じない人がほとんどだと思う。

 

そして異常はないと言われて安心していると思う。

 

そんなの異常がなくて当たり前。

1週間前から何もしてなくて腰痛が出ている。

何もしてないんだから検査する必要なんかない。

 

もしそこで異常があったら?

 

骨と骨の間が狭いのが原因です。と説明されるわけで、

それをあなたが納得するわけで。全く意味のわからない状況になる。

 

1週間前何もしていないのに腰が痛くなったわけですよね?

何もしてないのに骨と骨の間が狭くなるの、そんなわけない。

 

画像上の問題はもっと前から出ていたわけです。

でも症状としては出ていなかったわけです。

それは画像上の問題と症状は全く関係ないからそういった事が起こるワケです。

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった病名が腰痛の原因になることはない。

 

それをこれから証明していく。

まずはこの画像を見て欲しい。

よくテレビで見かけるMRI検査で椎間板ヘルニアと言われる方の画像です。

このヘルニア部分が神経を圧迫することによって

腰痛やしびれを生じると言われている。

 

これが真実だったとしたら

手術をして取り除くことでしか解決策はない。

でも実際には薬で様子を見よう、リハビリで様子を見ようと

言われるわけです。

 

変だと思いませんか?

 

治らないのに様子を見るのか?

答えは、画像の問題と症状が関係ない事を知っているので

とりあえず病名をつけて納得してもらい、時間薬で治るのを待つという事。

 

でも画像で説明された方はインパクトが強くて

あのヘルニアの責任で腰痛が出ているのだ。と自分自身にインプットしてしまう。

だから腰痛持ちだと思い込んでしまい改善に時間がかかってしまう。

 

 

じゃあなんで原因でないとわかっているにもかかわらず

MRI検査をされるのか?と疑問になって人もいるかもしれない。

 

それはごもっともな意見。

 

この理由は、今更関係ない!とは言えない大人の事情がある。

MRI検査をする機械を導入するのに物凄く資金がかかったいます。

その回収をしないといけないので今からMRI検査が必要ない!と言われてたら

どうしようもない。

 

MRI検査の闇を暴く

2017年、11月

病院で検査を受けて手術を勧められる。

本人はあまりの激痛のためい座っているのも困難。

 

なんとか手術なしで解決したいとなり

ライン@よりめっせーじ(クリックしたらライン@へ飛びます)を頂き治療を開始する事になりました。

 

結論から言うと2ヶ月後症状は改善して仕事に復帰しました。

その時の画像がこちらになります。

 

 

見てもらったらわかるように

2ヶ月前の10月と見比べても大した変化は見られていない。

でも実際に感じている症状は全く違った事になっている。

 

これが現実、あちらこちらで起こっている出来事。

だから全国で整骨院や整体は増え続けている。

 

当院においてもこのような形で手術を言われている人が

多数お越しになられるが多くの方が症状を改善されている。

 

重症な症状を改善された方の一部

 

手術適応と言われてもすぐに手術をしてはいけない

 

手術が必要なケースはほとんどない。

マヒを起こして動かす事ができない。オシッコが勝手に出てします。

といった症状でない限り手術はまった方がいい。

 

まずは実績のある先生に骨盤の治療をしてもらう

 

闇雲に受けたらいいと言うわけではなく

実績ある先生の治療、考え方を聞き納得できた先生に体を預けるといい。

 

一番はあなた自身が実際に話しして見て

この先生であればお任せできる!

 

そう思った先生にお願いするようにして欲しい。

 

自分の体は自分で守るしかできない。

自己責任社会だからこそ自分で鍛錬を。

 

常識は日々変化しており

それも猛烈なスピードで変化している。

 

今までの常識とかそういった言葉に

影響されないようにしていきましょう

 

相談や質問があれば

いつでもライン@よりめっせーじ(クリックしたらライン@へ飛びます)ください

 

ゆずクリニカルルームの強み

岸和田の整体

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)