神経が圧迫されてしびれるなんて嘘でした

あなたの信じているしびれの原因は間違っているかもしれません

この見て頂いた画像は私の作成したチラシの画像になります。

ゆずクリニカルルームに訪れる方の多くは腰痛と言われる症状になります。

 

お尻から足へかけての痛みやしびれで悩まれています。

そして大半の方がこう言われています。

「神経が圧迫されて痛み・しびれという症状が出ている」

このように説明されているのに

伝えられる治療は電気治療や痛み止めの服用。

痛みが強いと注射となる。

 

不思議に感じない?

 

神経を圧迫していると説明をしながら神経圧迫に対しての処置をしない。

それで様子を見て治るか経過観察。

 

え!?

 

神経圧迫されてても症状が治る可能性があるという

||

神経圧迫は症状と関係ない

そういうことですね。

矛盾していることが多いんですね。

 

私はその部分にとても疑問を持ち

様々な医療文献であったり教書を学びました。

 

そして現場に訪れる患者さんの情報を見て勉強しました。

そこで出た答えは「一般的に言われている考え方・方法では患者さんは良くならない」ということ。

 

神経圧迫で痛みやしびれが出るというのは時代遅れ

 

この写真のように画像上全く変化がなくても症状は改善していく。

これは現場でたくさんの患者さんを見ていると珍しくない。

 

でも患者さん自身はそんなことわからない。

 

だから実際に目で見て説明された画像のインパクトが印象的になる。

その先入観が症状を長引きやすくする。

 

担当の先生に質問してください

もしあなたが現在しびれで治療を受けているのであれば

この現実を担当の先生に聞いて見てください。

 

 

画像上変化がないのになぜ症状が取れているのでしょうか?

私のしびれは本当にこの画像の問題から来ているのでしょうか?

 

この質問をしてあなたが納得できる回答をしてもらえたら

その先生を信頼して通院するといい。

 

でもハッキリとした答えがなくて

信用できないのであれば今すぐに変えたほうがいい。

 

理由は、学校で学んだ内容を鵜呑みにして

現場で活動していると矛盾だらけ、だから目の前の人を救おうと思えば

独自に学ぶ必要がある。

 

でもそこまで考えていない。

流れ作業的な感じで過ごす人も少なくない。

 

10人10色という言葉があるように

教科書通りの人なんていない。全てにおいてそれぞれの問題を持っているので

学校の教えのようにこれ!といったことはない。

 

常になぜその問題が起こるのか?という疑問を持ち過ごす必要があります。

 

自分の状況をしっかり見つめる

 

神経が圧迫されている状況が変わらないのに

 

・時間帯によってシビレの強弱がある

・温めたりするとシビレの強弱がある

・運動している時はシビレがマシに感じる

・安静にしているとシビレがマシに感じる

 

このように症状に変化があるのであれば

その症状は神経圧迫による症状ではありません。

なので神経圧迫で症状が出ているという先生の元からは離れた方がいいです。

 

正しい情報を手にして

現在の症状を1日でも早く改善してもらいたいです。

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)