坐骨神経痛を解析!多い原因と効果的な治療法とは?

坐骨神経痛とは?

 

坐骨神経痛とは腰から足にかけて走っている「坐骨神経」の走行に

関連して痛みを感じる状態をいいます。

 

痛みやしびれといった症状を誘発し、日常生活に支障をきたします。

 

勘違いされているのは、坐骨神経が圧迫されて痛みをだしてると

思われていることが多いですが、坐骨神経を圧迫しても痛みは出ません。

そうではなく、坐骨神経の走行と似た場所に痛みを感じているので坐骨神経痛と言われています。

 

原因

 

一般的に言われている原因と実際の患者さんに多い原因は違います。

ここではまず一般的に言われている原因につていお伝えしていきます。

 

坐骨神経痛の一般論

 

 

年代が若い場合は腰椎椎間板ヘルニアと関連して坐骨神経に影響を与えて

痛みやしびれといった症状を誘発すると言われています。

 

 

高齢になってくると腰部脊柱管狭窄症と関連して坐骨神経に影響を与えて痛みやしびれといった症状を引きおこすと言われています。

 

坐骨神経の現実

 

実際に医療機関に来院される患者さんの多くは

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の問題とは全く関係ない場合が多いです。

 

  • 痛みが日によって波がある
  • 安静にしていると痛みが引いていく
  • 腰やお尻は痛くないけれど太もも裏が痛い
  • 腰と足が痛くてお尻や太ももは痛くない

 

こういった状況であれば神経は問題ないと考えてください。

坐骨神経痛

 

坐骨神経は先ほどもお伝えしたように

腰から足先へかけて走行している神経です。

 

腰で圧迫を受けて問題が生じるのであれば

腰から足先まで全て症状がでていないとおかしいです。

にもかかわらず、お尻は痛くないとか、太ももは痛くないとか、

痛みのある場所とない場所があるわけです。

 

これは矛盾している部分になります。

 

また、圧迫してて問題が生じるのであれば

安静にしてようが楽な体勢を探そうが圧迫はかわらないので

症状に変化が起こることは考えれません。

 

ですが現実では楽な体勢であったり安静にすることで楽に

過ごすことができるわけです。

 

なぜ一般論と現実でこんなにも差があるのか?

 

医療の世界で最も力を持つのがお医者さんになります。

お医者さんはデータをみて患者さんと向き合うことが多いです。

 

評価出来ないといけないので

多くの方がみて共通認識をもてる状況にしていかないといけません。

だから画像検査で見て判断できる部分を基準にしている傾向があります。

 

それは悪いわけではなく、お医者さんはそういうものです。

 

特に「診断」出来るのはお医者さんだけなので

画像をとって椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症といった病名をつくれるのは

お医者さんだけになります。

 

これは一般的ですが現実ではこの画像診断の矛盾が数多く起きています。

 

腰痛の画像検査と診断名

 

日本では原因を発見するために画像診断を行います。

 

代表的な画像診断が「MRI」と「レントゲン」になります。

 

MRIとは

 

MRIとは?

主の目的として、神経や軟骨といった体の深部にある状況を検査するために行われます。

 

レントゲン

 

レントゲンとは?

主の目的は骨に対して問題がないかどうかを検査するために行われます。

 

病院では、診察やレントゲン・MRIなどの画像検査の結果を見て診断します。

腰痛といっても色々な診断名があります。

 

実はこのような報告もされています。

 

 

【腰が痛くない人に画像検査をした結果、

     多くの人に椎間板の異常が見つかった】

健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が存在

 

これはどういうことかというと、

腰に痛みのない人でも検査をすれば85%の方は椎間板に異常をきたしているということです。

 

このことから、画像上の問題と腰痛とは結びつかない、

原因ではないということが想像できます。

 

これを理解して頂いた上で話を進めていきます。

 

では坐骨神経痛の原因はなに?

 

おそらくここまで読んでくれているあなたは

「じゃあこの坐骨神経痛と言われる痛みの原因はなに!」

そう感じていると思います。

 

結論は痛みの真犯人は筋肉です。

 

筋肉の状態が悪化することにより

その激痛が引き起こされています。

 

坐骨神経痛の原因筋

 

このように赤色で表示されている部分が痛みを感じる部分になります。

このケースが多いパターンになります。

 

この場合は、×のついている部分の筋肉が硬くなりその結果血流が悪くなり痛みやしびれを引き起こしています。

 

それでは具体的にどのような筋肉が関連しているのかをお伝えします。

 

1、臀筋群

臀筋群

お尻に大きくつく筋肉になります。

大臀筋・中臀筋・小臀筋と大きさの違う筋肉から構成されており

これらの筋肉のこりにより痛みが引き起こされています。

 

特に左上の線が引かれている部分の筋肉(中臀筋)が痛みに関連していることが多く、ここの筋肉はマッサージで揉みほぐしてもなかなかほぐれてきません。

 

2、ハムストリングス

ハムストリングス

 

坐骨結節という椅子に座るときにあたる部分から膝裏にかけてつく

太もも裏の大きな筋肉があります。

 

こちらも坐骨神経痛に大きく関わってくる筋肉になります。

なので太もも裏の筋肉が引きつるような感覚を訴える患者さんも多いです。

 

坐骨神経痛で多い原因はこのような筋肉のコリからきます。

 

筋肉は精神的ストレスからも影響を受けます。

肉体的ストレスからも影響を受けます。

 

なので単純に揉めばいいとか薬を飲んでいたらいいとかそういった問題ではありません。自分自身と向き合って体の声に耳をかたむけることが必要です。

 

坐骨神経痛の効果的な治療法は?

 

一般的には痛みがあるので痛み止めの薬。または注射。

 

筋肉に対してのマッサージや電気治療。

これらが一般的な方法になります。

 

まずはご自身で取り組める治療法をお伝えしますね。

肉体的な問題と精神的な問題に対してアプローチできる方法です。

 

とてもシンプルですが効果的です。

 

1、ウォーキング

ウォーキング

痛みがあると安静にしてしまう人が多いですが安静は害です。

筋肉に対してもですし、精神的にもストレスがたまります。

 

なので動ける範囲で構わないのでウォーキングをしてください。

 

それが10分でも5分でも構いません。

今できる限りの動きをぜひ取り組んでください。

 

2、ストレッチ

ストレッチ

 

お尻・太ももの筋肉を痛きもちい程度に伸ばしてみてください。

筋肉が凝り固まってしまっているのでそれをゆっくりと引き延ばしていきます。

 

これにより筋肉を緩めるのはもちろんですが、

「動かせるんだ!」という感覚を得てもらいたいです。

 

坐骨神経痛で悩む方を救う方法

論より証拠

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛と診断された痛みが改善!夜もぐっすり眠れます!
脊柱管狭窄症による坐骨神経痛 Y・Tさん 35歳

来院される前はどのような腰痛で悩んでいましたか?

最初ぎっくり腰になったんですが、そのあとはお尻から足の裏が常に突っ張った状態で、ずっと痛いし、夜も眠れないし、歩けないし、もう車の運転なんてもってのほかでなんとか生活していた感じです。

約2年間です。 座っていられなかったので子供にミルクをあげるのも大変で、もう抱っこもできずで、子供の面倒をみれないのが何より辛かったです。

この問題を解決するために整体院や病院へはいかれましたか?

整骨院へ行っていました、電気を当ててもらったりマッサージをしてもらったり、あまりにも腰痛が強い日には整形外科へ行って注射を打ってもらったり、薬をもらうなどをしていました。脊柱管狭窄症と坐骨神経痛と診断されました。

当院のHPをみてなぜ行こうと思いました?

まずは多くの方の改善の声をみて、こんなに治るんや!と思ったことと、90%以上は治るというのをみて行ってみようかと思いました。 腰痛が治ると書いてるけどほんまかどうかすごい不安でしたが・・・

当院の治療費は地域で一番高いと思いますが抵抗はなかったですか?

もちろん、腰痛がとれるのならば高くてもいいと思いましたが治らなかったらと思いましたが全額返金と書いてあったので少し安心してきました。

現在の腰痛はどうでしょうか?

今は腰痛はなく、足も引きずることなく歩けますし夜も眠れています。普通に生活できるのが嬉しいです。

当院と他院の違いはどのような点だと思いますか?

他院は言われるがまま治療を受けるという感じでしたが先生はこういう原因があるから痛みがあるんですよ。とか今日はこのような治療をしていきますね。とか納得しながら受けれたんで安心できました。

どのような方に当院はおすすめですか?

とにかく腰痛に耐えて生活しているかた。 腰痛に耐えて子育てをされている方に1日も早く来て欲しいです。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

先生の自信が違う!あんなにリハビリでも改善しなかった2年越しの腰痛がすぐに改善!
坐骨神経痛 堺市 川端さん20代

来院される前はどのような腰痛で悩んでいましたか?

腰から右お尻にかけての腰痛で悩んでいました。立ってても痛いし、座っていても痛いし、もう常に腰痛があるという感じでした。2年ぐらい腰痛が続いていました。

この問題を解決するために整体院や病院へはいかれましたか?

整骨院や病院のリハビリ、あと針にも通いました。牽引で引っ張ってもらったり電気をあててもらったりしてもらいました。 その時は気持ち楽かな?という感じでしたが、次の日には元通りという状況でした。その場しのぎという感じでした・・・

当院のHPをみてなぜ行こうと思いました?

もうほんまにこの腰痛をなんとかしたい!と思っていて、携帯で調べていたらこちらを見つけました。読んでみて、何かわからないけれどここはいけるな!信頼できるな!と思いました。たくさんの患者さんの声があり、読めば読むほどこの先生はなんとかしてくれる!と思いました。もう何度も読みました。

当院で整体を受けて腰痛の具合はどうでしょうか?

もう楽ですね。今までは運動した後とかに腰痛がでて、それがずっと続くと入った状態でしたが、今は運動しているときに少し痛いなと思っても次の日には腰痛はなくなっています。今は野球に励んでいます。

当院は他の整体院や病院とどのような点が違いますか?

まず先生が「腰痛は改善させます!」という自信が違いますね。それと、説明がわかりやすく、根本的にこうすれば良くなるという説明をしてくれました。

最後に、腰痛で悩んでいる方へ何かメッセージを

腰痛は良くなることはないと諦めかけている人に来ていただきたいと思います。 諦めずに頑張って欲しいです。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

イライラして精神的にも不安定になるほどの坐骨神経痛が改善!
坐骨神経痛 坂本様 46歳 泉大津市
来院される前は、どのような症状でお悩みでしたか?

昨年の7月頃から右足(お尻・膝裏・ふくらはぎ・足首)にかけて痛みが体勢を変える度に痛みがあり、日常生活や仕事がら車の運転を30分くらいすると痛くて、イライラして精神的にも不安定になり、この痛みと付き合っていくのかと諦めていました。

施術前と施術後を比べてどうですか?

日に日に痛みが和らぎ、日常生活もらくに動ける様になりました。

当院は他院とどんな点が違いますか?

電気治療器など使わず、また本人の姿勢や歩き方などを見て本来の姿勢や歩き方に戻す説明など他では聞かなかった方法を教えて頂き、痛みがなくなっていくのが不思議です。

私の説明はわかりやすかったですか?

痛みがでる原因、骨盤のバランス。私の場合は右側に体重が乗りやすいのが原因で骨盤から背骨、首にかけて歪んでくる。解りやすく説明して頂き毎日の課題に取り組んでいます。

どのような方に当院はお勧めですか?

坐骨神経痛の人は沢山いるでしょう。整骨院・カイロプラクティックその他色々行きましたがもっと早く来院すればよかった…同じ苦痛の人は1日でも早く連絡して下さい。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

ほぼ寝たきりだったのが、普通の生活できるようになりました!
坐骨神経痛 東様 28歳 泉佐野市
来院される前は、どのような症状でお悩みでしたか?

左腰から左足先まで激痛としびれがありあまりの痛みでほとんど寝たきりに近い状態でした。

施術前と施術後を比べてどうですか?

施術前は何をするにも痛みがついてきましたが、ほとんど痛みも消え、日常生活が痛みが出る前のように出来る様になりました。

当院は他院とどんな点が違いますか?

薬もシップもでなくて日常生活でどういった所を気を付ければいいか指導して下さるところが他院とは違うなと思いました。

私の説明はわかりやすかったですか?

とてもわかりやすかったです。

どのような方に当院はお勧めですか?

先生が言われた事をしっかり守り、自分で努力しようとする方にお勧めです。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

 

本当に解決しないといけない原因

 

その根っこには「重心の崩れ」があります。

原因① 骨盤に対して体重が正確にのっていない骨盤骨盤は体の重みを左右の足に均等に分散させ体重を受ける役割を持っています。その骨盤のバランスが崩れるとその機能を正確に果たす事が出来なくなってきます。

その結果、あなたは均等に体重を受ける事ができていない為に腰にストレスがかかり痛みが起きていると考えられます。

原因② 日常生活上の動きに問題がある
骨盤のバランスが崩れる原因として日常生活があります。バランス
例)座り方・歩き方・寝方など。普段から重心が崩れる生活をしているために骨盤のバランスが崩れてしまうのです。重心の崩れ → 骨盤のゆがみ → 筋肉のゆがみ → 痛みシビレこの重心の問題を解決させずに施術を続けていても症状は変化していきません。

当院で行うことは、このプロセスの根本部分である「重心の崩れ」にアプローチするのです。

施術法も当院独自の「M&M骨盤療法」であなたの原因となる骨盤のバランスを整え、日常生活での改善点もしっかりと指導していきます

だからあなたは坐骨神経痛で悩まない身体に変わっていけるのです。

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)