頭痛薬を止めることができるのか?

日本人は世界でも類を見ない薬の国。何か異常を感じればすぐに薬。予防のために薬。そもそも知識がないのに簡単に薬を飲む。

 

その結果として薬がないと生活出来ない状況になっている。

 

今回は頭痛薬を飲まないと生活出来ずに苦しまれていた方の体験談をお伝えします。

頭痛になる原因をしっかりと取り除いていけば

頭痛薬を飲まずに生活できるようになっていく。

頭痛患者さんの喜びの声

痛み止めの薬を毎日3回飲んでいました
26歳 水口さん

来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

とにかく頭痛が辛かったです。週の半分は頭痛になっていて、ひどい時は家事をすることさえ出来ませんでした。色々な検査をしても特に問題はなく自分の身体がどうなているのか不安でした。

その問題を解決するためにどのような治療を受けてきましたか?

マッサージや鍼灸院はもちろんのこと、頭痛外来にも通院しました。 最初の頃はマッサージを受けるとその時は一時的に楽になっていたのですが徐々い変化を感じなくなり最近では頭痛薬を飲んでも治らない日が増えてきました。

当院で施術を受けて現在の調子はどうですか?

現在では頭痛薬を使う事なく過ごせています。天候の悪い日は少し首が張っている感じはありますが、以前と比べると生まれかわったみたいです。

当院は他の院とどんな点が違いますか?

何よりも嬉しかったのが、私が抱えている悩み・不安を真剣に聞いてくれてわかってもらえたことです。今までの所は「大げさやな…」的な雰囲気を感じていました。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

本当に頭痛薬を止めることは出来るのか?

結論からお伝えすると可能。

頭痛に悩んでいる人の多くは何年と悩んでいる人が多くて

もうこのまま付き合うしかないと考えている。

 

でもそんなことはなくて

人の身体は環境を変えていけばどんな状況にも変化していける。

 

環境を変える

 

肩が凝っているからマッサージをする。

首が辛いからお風呂に入る。

 

どちらの方法でも頭痛が和らぐことは可能かもしれない。

 

でもこれでは環境が変わったわけではない。

だから常にこの対処療法をしていかないと過ごせなくなっていく。

 

まさに薬と同じ。

 

でもこの事実に気づいている人は少ない。

日本は対処療法を好む人が多いからだ。

 

なぜ頭痛のおこる身体になってしまっているのか?

その原因を考えることが大事だ。

 

頭痛をどのように克服したのか

今回の患者さんは生活習慣の見直しと

身体のバランスを整えることに集中しました。

 

特に首と骨盤のバランスを整えました。

この部分のバランスが崩れてしまうと筋肉の緊張が強くなり

血行不良が引き起こされます。

 

それにより自律神経の乱れが起こり

頭痛が起こっていました。

 

どんな痛みであっても必ず原因があります。

そこをしっかり見つめていくことが

症状を改善するために必要ですし

今後の人生において最も重要な要素になります。

 

ブログカテゴリー

当院へのアクセス情報

住所〒595-0802  大阪府泉北郡忠岡町高月南2-9-21/td>
予約完全予約制。前もってご予約ください
電話0725-30-6521
アクセス 忠岡駅より車で9分・和泉府中駅より車で10分・久米田駅より車で10分(駐車場あり)